Skip To Content

ジオプロセシング環境設定とは

ジオプロセシング環境設定は、ツールの結果に影響する追加パラメーターです。通常のツール パラメーターとは異なり、これらはツールのダイアログ ボックスには表示されません (一部の例外を除きます)。環境設定の値は、別のダイアログ ボックスを使用して設定された値であり、ツールを実行するときに確認、使用されます。

環境設定の変更が、ジオプロセシング タスクを実行する前提条件となる場合がよくあります。たとえば、[現在のワークスペース] および [テンポラリ ワークスペース] 環境設定は、入力および出力のワークスペースを設定できます。別の例として、解析する地理エリアを制限する [範囲] 環境設定や、新しいデータの座標系 (地図投影法) を定義する [出力データの座標系] 環境設定などがあります。

ツールの環境に関するヘルプの表示

ジオプロセシング ツールは、さまざまな環境設定を使用することができます。ツールが使用する環境設定を決めるのは、ツールの開発者です。Esri が開発したシステム ツールの場合、ツールに適用される環境設定はツール ヘルプに指定されています。この情報を表示するには、次の手順を実行します。

  1. [ヘルプ] ボタン ヘルプ をクリックして、ツールの参照ページを開きします。

ツール リファレンス ページの最後のセクションに、ツールが使用する環境設定が記述されています。それぞれの環境設定は、その環境のリファレンス ヘルプ ページへのリンクになっています。

ツール パラメーターの環境

一部のツールには、環境からデフォルト値を取るパラメーターがあります。たとえば、[クリップ (Clip)] ツールには、オプションの [XY 許容値] パラメーターがありますが、このデフォルト値は、XY 許容値環境設定から取得されます。

環境のレベルと階層

環境設定には、アプリケーション、ツール、モデル、モデル プロセスの 4 つのレベルがあります。すべてのレベルには、同じ環境変数があり、出力結果に対する効果も同じです。異なる点は、それらの環境設定へのアクセスおよび設定方法だけです。

4 つの環境レベルから階層が形成されていて、そのなかでも最上位に位置するのがアプリケーション レベルです。次の図に示したように、この階層では、環境設定は次のレベルに渡されます。それぞれのレベルで、渡された環境設定を別の値に上書きすることができます。

この階層における唯一の例外は、モデルに関してです。ModelBuilder ウィンドウからモデルを実行すると、アプリケーション環境が渡されます。ツール ダイアログ ボックスを使用してモデルを実行する場合は、ツール環境が渡されます。

環境の階層

環境設定には、次の 4 つのレベルがあります。

  1. アプリケーションレベルの設定はデフォルトで、任意のツールの実行時に適用されます。
  2. ツールレベルの設定は、ツールの 1 回の実行に適用され、アプリケーションレベルの設定を無効にします。
  3. モデルレベルの設定は、モデルとともに指定および保存され、ツールレベルとアプリケーションレベルの設定を無効にします。
  4. モデル プロセスレベルの設定は、モデル プロセス レベルで指定され、モデルとともに保存されます。これは、モデル レベルの設定を無効にします。

関連トピック