Skip To Content

XY 許容値 (環境設定)

XY 許容値の環境を反映するツールは、ジオデータベース内に作成されたジオデータセットのデフォルトの X,Y 許容値を無視します。

X,Y 許容値とは、同一と見なされるための座標値間の最小距離です。

デフォルトの XY 許容値の詳細については、「空間参照とジオプロセシング」をご参照ください。

使用上の注意

  • この環境設定は、出力がジオデータベースのフィーチャ データセット内に置かれる場合は無視されます。
  • [フィーチャクラスの作成 (Create Feature Class)][フィーチャ データセットの作成 (Create Feature Dataset)]、および [ラスター カタログの作成 (Create Raster Catalog)] などのツールの場合、出力ジオデータセットのデフォルトの X,Y 許容値は 0.001 メートル (1 ミリメートル) か、またはそれに相当するマップ単位の値になります。デフォルトが受け入れられない場合は、この環境に別の値を設定できます。
  • この環境の計測単位が出力座標系と異なる場合、距離は、出力座標系の中心の同等の距離に変換されます。これは、環境が距離単位 (フィートやメートルなど) に設定され、出力座標系が非投影 (地理) か、それとは逆の状況 (出力座標系が投影された 10 進度環境) の場合には、推奨されません。
  • 許容値の単位が設定されていないか、[不明] に設定されている場合、出力座標系の単位と同じ単位が使用されているものと想定されます。
  • X,Y 許容値が出力ジオデータセットの X,Y 座標精度値の 2 倍未満の場合は、X,Y 座標精度の 2 倍の X,Y 許容値が使用されます。
  • X,Y 許容値は、バージョン 9.2 より前のジオデータベースでは維持されません。
  • [ユニオン (Union)] ツールや [インターセクト (Intersect)] ツールの [XY 許容値] のように、XY 許容値パラメーターを持つツールは、XY 許容値の環境設定を無視します。

ダイアログの構文

XY 許容値 - ジオプロセシング ツールで作成されるジオデータセットに設定する XY 許容値。デフォルトの XY 許容値が不適切な場合はこの環境を設定します。

スクリプトの構文

arcpy.env.XYTolerance = linear_unit

パラメーター説明

linear_unit

ジオプロセシング ツールで作成されるジオデータセットに設定する XY 許容値。デフォルトの XY 許容値が不適切な場合はこの環境を設定します。

XYTolerance 構文

スクリプトの例

import arcpy
# Set the XYTolerance to 0.02 Meters
arcpy.env.XYTolerance = "0.02 Meters"

関連トピック