Skip To Content

境界のディゾルブ (Dissolve Boundaries)

概要

重複するか、共通の境界線を共有するポリゴンを検出してそれらを一緒にマージし、1 のポリゴンを形成します。

フィールドを指定して、どの境界線をマージするか設定できます。たとえば、州のレイヤーがあり、各州に State_Name 属性がある場合、State_Name フィールドを使用して境界をディゾルブできます。隣接する郡は、State_Name の値が同じ場合にマージされます。最終結果は、州の境界線のレイヤーです。

境界のディゾルブ (Dissolve Boundaries)

使用法

  • 境界をディゾルブする方法は 2 つあります。重複または隣接するエリアに基づく方法とフィールド値に基づく方法です。

  • [境界のディゾルブ] ツールには、1 つにディゾルブされるエリアの数値フィールドに関して統計情報を計算できるオプションがあります。統計情報には、合計、平均、最小、最大、標準偏差が含まれます。フィールドと統計情報が入力されるたびに、新しい行がツール ウィンドウに追加されるため、複数の統計情報を瞬時に計算することが可能になります。

構文

DissolveBoundaries(inputLayer, outputName, {dissolveFields}, {summaryFields})
パラメーター説明データ タイプ
inputLayer

ディゾルブまたは結合するポリゴン フィーチャを含むレイヤー。

Feature Set
outputName

ポータルに作成する出力レイヤーの名前。

String
dissolveFields
[dissolveFields,...]
(オプション)

マージされるポリゴンを制御する、入力レイヤーの 1 つ以上のフィールド。ディゾルブ フィールドを指定しない場合、共通の境界を共有する (つまり、隣接する) ポリゴンまたは重複するポリゴンエリアが 1 つのポリゴンにディゾルブされます。

フィールドを指定した場合、共通の境界を共有し、1 つ以上のフィールドに同じ値を含んでいるポリゴンがディゾルブされます。たとえば、州のレイヤーがあり、各州に State_Name 属性がある場合、State_Name 属性を使用して境界をディゾルブできます。隣接する郡は、State_Name の値が同じ場合にマージされます。最終結果は、州の境界線のレイヤーです。2 つ以上のフィールドを指定した場合、境界線がディゾルブされるには、それらのフィールド内の値が同じになる必要があります。

Field
summaryFields
[[Field, Type],...]
(オプション)

各ポリゴン内のすべてのポイントについて計算するフィールド名および集計する統計の種類。各ポリゴン内のポイント数が常に返されます。サポートされている統計情報タイプとしては、次のものがあります。

  • SUM- 合計値。
  • MIN- 最小値。
  • MAX- 最大値。
  • MEAN- 平均値または中間値。
  • STDDEV- 標準偏差。

Value Table

派生した出力

名前説明データ タイプ
output

ディゾルブされた境界線を含む出力ポリゴン レイヤー。

フィーチャ セット

環境

ライセンス情報

  • Basic: 次のものが必要 ArcGIS Enterprise のアカウントで [解析の実行] 権限を設定
  • Standard: 次のものが必要 ArcGIS Enterprise のアカウントで [解析の実行] 権限を設定
  • Advanced: 次のものが必要 ArcGIS Enterprise のアカウントで [解析の実行] 権限を設定

関連トピック