Skip To Content

テーブルから場所をジオコーディング (Geocode Locations From Table)

概要

ArcGIS Enterprise ポータル上でホストされているロケーターを使用して、ホストされているテーブルをジオコーディングします。これにより、ジオコーディングの結果を含むホスト フィーチャ レイヤーが作成されます。

このツールは、ポータルに公開されたテーブルをジオコーディングして、その出力をポータルに保存する処理を自動化するように設計されています。ジオコーディングの結果がポータルに保存されるようにしない場合は、[テーブルのジオコーディング] ウィンドウまたは [住所のジオコーディング (Geocode Addresses)] ツールを使用します。

備考:

このツールを使用するには、ポータルに対する公開者権限または管理者権限を持つ必要があります。カスタム ロールのメンバーである場合は、ポータル管理者から [ホスト Web レイヤーの公開] の権限が付与されていることを確認します。

使用法

  • 単一のフィールドに格納されている住所も複数のフィールドに格納されている住所もジオコーディングすることができます。単一の入力フィーチャには、完全な住所が格納されています。たとえば、「303 Peachtree St NE, Atlanta, GA 30308」のようになります。入力住所が、米国の一般的な住所に使用される AddressCityState、および ZIP などの複数のフィールドに分割されている場合、複数のフィールドがサポートされます。

  • 一部のロケーターは、複数の入力住所フィールド (AddressAddress2Address3 など) をサポートしています。この場合、住所コンポーネントは複数のフィールドに分割可能で、これらの住所フィールドはジオコーディング時に連結されます。たとえば、3 つのフィールドに 100Main StApt 140 がある場合や、2 つのフィールドに 100 Main StApt 140 がある場合、ジオコーディングのときは、どちらも 100 Main St Apt 140 になります。

  • このツールを使用するには、ArcGIS Enterprise 10.6 以降が必要です。

  • 複数のスレッドを使用するように構成された ArcGIS Enterprise ポータルでロケーターを使用すると、ジオコーディングのパフォーマンスが向上します。

  • このツールでは、ArcGIS Enterprise ポータルでホストまたは公開されているテーブルを入力テーブルとして使用する必要があります。ホストされているテーブルはホスト フィーチャ レイヤーの一部と見なされるため、このツールで使用する前に、ポータルでアイテムとして作成しておく必要があります。詳細については、「ホスト フィーチャ レイヤーの公開」をご参照ください。

  • 出力ホスト フィーチャ レイヤーは住所ロケーターと同じ空間参照内に保存されます。出力フィーチャ レイヤーの空間参照を変更するには、このツールの環境設定で異なる出力座標系を設定します。

  • 出力ホスト フィーチャ レイヤーには、スコア、ステータス、各レコードの一致した住所など、関連するすべてのジオコーディング情報だけでなく、元の入力テーブル内の値も含まれます。住所の再照合を行うには、[住所の再照合 (Rematch Addresses)] ツールを使用するか、[住所の再照合] ウィンドウを開く [住所の再照合] オプションを使用します。このツールで生成されるジオコーディングの結果には、元の入力テーブルの静的なスナップショットが含まれるため、元のテーブルで値の追加や更新を行っても、その結果が出力フィーチャ サービスに反映されません。変更内容を含む新しい出力フィーチャ サービスを作成するには、このツールを再実行する必要があります。

    ジオコーディング結果の再照合の詳細

構文

GeocodeLocationsFromTable(in_table, in_address_locator, address_fields, output_name, {country}, {location_type}, {category})
パラメーター説明データ タイプ
in_table

ジオコーディングする住所または場所が含まれるポータル上のテーブル。

Record Set
in_address_locator

ポータル内の入力テーブルのジオコーディングに使用されるポータル ロケーター。

アクティブなポータルにロケーターのリストが自動入力されます。このリストからロケーターを選択するか、アクティブなポータルで他の使用可能なロケーターを参照して選択します。アクティブなポータルでユーティリティ サービスとして設定されたロケーターをデフォルトで使用できます。使用したいポータル ロケーターが自動入力されたリスト内にない場合は、そのロケーターをポータル ユーティリティ サービスとして追加し、バッチ ジオコーディングに対応できる構成にするようポータル管理者に依頼します。

備考:

このツールでは、ArcGIS World Geocoding Service は無効化されています。ArcGIS World Geocoding Service を使用する場合は、[住所のジオコーディング (Geocode Addresses)] ツールを使用します。

Address Locator
address_fields
[input_locator_field, table_field_name]

このパラメーターでマッピングしている各フィールドの形式は input_locator_field, table_field_name です。ここで、input_locator_field はロケーターで指定された入力住所フィールドの名前であり、table_field_name はジオコーディングする住所テーブル内の対応するフィールドの名前です。

303 Peachtree St NE, Atlanta GA 30308」のような完全な住所を保存する、単一入力フィールドを指定できます。また、入力住所が、米国の一般的な住所に使用される AddressCityStateZIP などの複数のフィールドに分割されている場合は、複数のフィールドを指定することもできます。

一部のロケーターは、複数の入力住所フィールド (AddressAddress2Address3 など) をサポートしています。この場合、住所コンポーネントは複数のフィールドに分割可能で、これらの住所フィールドはジオコーディング時に連結されます。たとえば、3 つのフィールドに 100Main StApt 140 がある場合や、2 つのフィールドに 100 Main StApt 140 がある場合、ジオコーディングのときは、どちらも 100 Main St Apt 140 になります。

ロケーターで使用されるオプションの入力住所フィールドを住所の入力テーブル内のフィールドにマッピングしない場合、フィールド名の代わりに <None> を使用して、マッピングしないことを示します。

Field Info
output_name

ポータル上に作成する出力ジオコード フィーチャ レイヤーの名前。

String
country
[country,...]
(オプション)

ジオコーディングされた住所を検索する 1 つまたは複数の国。これは「国」パラメーターに対応したロケーターを対象とするもので、ジオコーディングを特定の国々に制限する働きがあります 国を選択すれば、多くの場合、ジオコーディングの精度が向上します。[入力テーブル] の国を表すフィールドが、Country[入力住所フィールド] にマップされる場合、[入力テーブル]の値の方が、[国] パラメーターよりも優先されます。

国を指定しないと、ロケーターでサポートされているすべての国に対してジオコーディングが実行されます。入力値は ISO 3166-1 の国コード (3 文字) で指定してください。

すべてのロケーターが [国] に対応しているわけではありません。

String
location_type
(オプション)

POINT_ADDRESS の照合の望ましい出力ジオメトリを指定します。このパラメーターのオプションは、ルート検索に使用できる道路脇の位置を表す [ROUTING_LOCATION] または屋上、住所のパーセルの重心、玄関を表す [ADDRESS_LOCATION] です。優先位置がデータに存在しない場合は、代わりに ROUTING_LOCATION のデフォルト位置が返されます。Addr_type=PointAddress のジオコード結果の場合、x および y 属性値は道路に沿った住所の座標を記述し、DisplayX および DisplayY の値は屋上または建物の重心の座標を記述します。reverseGeocode の [位置情報] パラメーターの詳細については、REST API Web ヘルプをご参照ください。

このパラメーターは、すべてのロケーターではサポートされていません。

  • ADDRESS_LOCATION屋根の位置、パーセルの重心、玄関などの住所位置を表すジオコード結果のジオメトリを返します。
  • ROUTING_LOCATION車両のルート検索に使用できる道路脇に近い位置を表すジオコード結果のジオメトリを返します。これがデフォルトです。
String
category
[category,...]
(オプション)

ロケーターが検索する場所のタイプを制限します。これにより、誤判定の一致が除外されるため、検索処理の速度が上がる可能性があります。カテゴリを指定しないと、サポートされているすべてのカテゴリに対してジオコーディングが実行されます。すべてのカテゴリ値がすべての場所と国でサポートされているとは限りません。通常、[カテゴリ] パラメーターは次の目的に使用できます。

  • 一致を特定の場所タイプまたは住所レベルに制限する
  • 不要な住所レベルの代替一致を回避する
  • 座標検索のあいまいさを解消する

このパラメーターは、すべてのロケーターではサポートされていません。

カテゴリ フィルタリングの詳細については、REST API Web ヘルプをご参照ください。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
output_layer

ポータル内の出力ジオコード結果フィーチャ レイヤーへのハイパーリンク。[出力フィーチャ レイヤー名] で指定されたテキストからフィーチャ レイヤーの名前が取得されます。

フィーチャ セット

コードのサンプル

GeocodeLocationsFromTable (テーブルから場所をジオコーディング) の例 (スタンドアロン スクリプト)

次のスタンドアロン スクリプトは、GeocodeLocationsFromTable 関数を使用してホスト テーブル レイヤーをジオコーディングする方法を示しています。

import arcpy
arcpy.SignInToPortal("https://<machine_name>/<portal_web_adaptor_name>", 
                     '<username>', '<password>')
# Input is a hosted table
input_table = "https://<machine_name>/server/rest/services/Hosted/<item_name>/FeatureServer/<table_number>"
# This tool works with locators on your Portal
in_locator = "https://<machine_name>/server/rest/services/<locator_name>/GeocodeServer/<locator_name>"
# The easiest way to generate a field mapping is by running the tool in ArcGIS 
# Pro and Right-click the green success ribbon and click "Copy Python command"
field_mapping =  "'Street or Intersection' address VISIBLE NONE;'City or Placename' <None> VISIBLE NONE;State <None> VISIBLE NONE;'ZIP Code' zip VISIBLE NONE"
output_name = "geocoding_output"
# Optional geocoding parameters. Only some are supported depending on the 
# in_locator that you use.
country = None
location_type = None
category = None
# Note that the output is a hosted feature layer on your portal. To retrieve the
# output, go to your portal and look for a new item with the output_name that 
# you entered.
arcpy.geocoding.GeocodeLocationsFromTable(input_table, in_locator, 
                                          field_mapping, output_name, country, 
                                          location_type, category)

ライセンス情報

  • Basic: 次のものが必要 ArcGIS Enterprise のアカウントで [解析の実行] 権限を設定
  • Standard: 次のものが必要 ArcGIS Enterprise のアカウントで [解析の実行] 権限を設定
  • Advanced: 次のものが必要 ArcGIS Enterprise のアカウントで [解析の実行] 権限を設定

関連トピック