Skip To Content

住所ロケーターの再構築 (Rebuild Address Locator)

概要

住所ロケーターを再構築して、ロケーターを最新の参照データで更新します。ロケーターは作成されたときの参照データのスナップショットを保持しているため、参照データのジオメトリおよび属性が変更されると、更新されたデータによって住所をジオコーディングできなくなります。最新バージョンの参照データによって住所をジオコーディングするには、ロケーター内の変更を更新するために、ロケーターを再構築する必要があります。

使用法

  • このツールを使用するためには、住所ロケーターへの書き込み権限を持っている必要があります。

  • ロケーターを再構築するには、すべての参照先のフィーチャクラスおよびテーブルが存在する必要があります。最後にロケーターを作成したときから参照データを別の場所に移動してしまった場合、ロケーターの再構築は失敗します。参照データの位置を更新することにより、ロケーターを修復することができます。または、[ロケーターの作成 (Create Locator)] または [住所ロケーターの作成 (Create Address Locator)] ツールを使用してロケーターを再作成できます。

  • バージョン対応のジオデータベースに基づくロケーターは、ロケーターが作成されたときと同じバージョンで再構築されます。

  • コンポジット ロケーターはこのツールでは再構築できません。コンポジット ロケーターを管理する最も適切な方法は、ジオプロセシング モデル内で [コンポジット住所ロケーターの作成 (Create Composite Address Locator)] ツールを使用してコンポジット ロケーターを作成する方法です。ModelBuilder では、このツールを [ロケーターの作成 (Create Locator)] または [住所ロケーターの作成 (Create Address Locator)] ツールと連結して、このツールの出力をコンポジット ロケーターへの入力として使用することも可能で、コンポジットロケーターの作成または更新の処理全体を管理することができます。

構文

RebuildAddressLocator(in_address_locator)
パラメーター説明データ タイプ
in_address_locator

再構築する住所ロケーター。

Address Locator

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_address_locator

再構築された住所ロケーター。

住所ロケーター

コードのサンプル

RebuildAddressLocator (住所ロケーターの再構築) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで RebuildAddressLocator 関数を使用する方法を示しています。

# Import system modules
import arcpy
arcpy.env.workspace = "C:/ArcTutor/Geocoding/atlanta" 
# Set local variables:
address_locator = "Atlanta_AddressLocator"
arcpy.RebuildAddressLocator_geocoding(address_locator)

環境

このツールは、ジオプロセシング環境を使用しません。

ライセンス情報

  • Basic: はい
  • Standard: はい
  • Advanced: はい

関連トピック