Skip To Content

住所の再照合 (Rematch Addresses)

概要

ジオコーディングされたフィーチャクラスの住所を再照合します。

使用法

  • 入力フィーチャクラスは、[住所のジオコーディング (Geocode Addresses)] ツールまたは住所テーブルをジオコーディングする処理によって作成されたフィーチャクラスである必要があります。

  • ArcGIS Online ジオコーディング サービスを使用してジオコード フィーチャクラスで住所の再照合を行う場合、ArcGIS Online for organizations サブスクリプションが必要です。

構文

RematchAddresses(in_geocoded_feature_class, in_where_clause)
パラメーター説明データ タイプ
in_geocoded_feature_class

再照合するジオコーディング フィーチャクラス。

Feature Class
in_where_clause

フィーチャのサブセットを選択するために使用する SQL 式。SQL 構文の詳細については、「」「クエリ式で使用されるエレメントの SQL リファレンス」をご参照ください。

SQL Expression

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_geocoded_feature_class

更新されたジオコード フィーチャクラス。

フィーチャ クラス

コードのサンプル

RematchAddresses (アドレスの再照合) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで RematchAddress 関数を使用する方法を示しています。

# Rematch unmatched addresses in a geocoded feature class.
# Import system modules
import arcpy
arcpy.env.workspace = "C:/ArcTutor/Geocoding/atlanta.gdb" 
# Set local variables:
where_clause = "Status = 'U' "
geocoded_feature_class = "geocode_result"
arcpy.RematchAddresses_geocoding(geocoded_feature_class, where_clause)

ライセンス情報

  • Basic: はい
  • Standard: はい
  • Advanced: はい

関連トピック