Skip To Content

ディープ ラーニング ツールセットの概要

Image Analyst ライセンスで利用できます。

[ディープ ラーニング] ツールセットには、画像内の特定のフィーチャの検出、またはラスター データセット内のピクセルの分類を行うツールが含まれています。

ディープ ラーニングは、機械学習の人工知能の一種で、各レイヤーが画像内の 1 つ以上の一意なフィーチャを抽出できるニューラル ネットワークで、複数のレイヤーを使用して画像内のフィーチャを検出します。[ディープ ラーニング] ツールセット内のツールは、GPU 処理を利用して、タイムリーに解析を実行します。

ArcGIS Pro のこれらのツールは、トレーニングされたモデルを使用して、サード パーティのディープ ラーニング フレームワーク (TensorFlow、CNTK、PyTorch など) で特定のフィーチャを検出し、フィーチャまたはクラス マップを出力します。

使用できるディープ ラーニング ツールと各ツールの簡単な説明を次の表に示します。

ツール説明

ディープ ラーニングを使用したピクセルの分類 (Classify Pixels Using Deep Learning)

入力ラスターにトレーニング済みディープ ラーニング モデルを実行して、有効な各ピクセルにクラス ラベルを割り当てた分類済みラスターを作成します。

ディープ ラーニングを使用したオブジェクトの検出 (Detect Objects Using Deep Learning)

入力ラスターにトレーニング済みディープ ラーニング モデルを実行して、検出したオブジェクトを含むフィーチャクラスを作成します。フィーチャには、検出されたオブジェクトの周囲の境界四角形やポリゴン、またはオブジェクトの中心のポイントを指定できます。

Non Maximum Suppression

[ディープ ラーニングを使用したオブジェクトの検出 (Detect Objects Using Deep Learning)] ツールの出力から、後処理のステップとして重複フィーチャを識別し、重複フィーチャのない新しい出力を作成します。[ディープ ラーニングを使用したオブジェクトの検出 (Detect Objects Using Deep Learning)] ツールは、特にタイルの副作用として、同じオブジェクトに対して複数の境界四角形またはポリゴンを返す可能性があります。2 つのフィーチャの重なり合う割合が指定された最大比率より大きい場合、信頼値が低いフィーチャが削除されます。

ディープ ラーニング ツールセットのツール

関連トピック