Skip To Content

ディープ ラーニング モデル → ECD (Deep Learning Model To Ecd)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

Image Analyst ライセンスで利用できます。

概要

ディープ ラーニング モデルを Esri 分類器定義 (.ecd) ファイルに変換します。

レガシー:

このツールは非推奨のツールです。この機能は、ディープ ラーニング モデルで使用する分類情報を作成する [ディープ ラーニング用のトレーニング データをエクスポート (Export Training Data For Deep Learning)] ツールに置き換えられています。

このツールは、欠落しているクラス情報をモデルに追加します。Google TensorFlow、Microsoft CNTK、または同様のアプリケーションで生成されたディープ ラーニング バイナリ モデル ファイルがサポートされています。

ディープ ラーニング *.ecd ファイルを利用するには、コンピューターにディープ ラーニング フレームワークがインストールされている必要があります。*.ecd 出力ファイルは、Esri Python アダプター関数 Classify または Detect への入力としてのみ機能します。クラス情報 JSON ファイルを使用すると、ディープ ラーニング バイナリ モデルに含まれていない有用な情報 (クラス名、分類済み出力のレンダリングに使用されるクラス色、他の標準的な情報など) を *.ecd ファイルに追加できます。詳細については、以下の JSON ファイルの例をご参照ください。

使用法

  • [入力 Esri 追加情報ファイル] の例を以下に示します。

    これは *in_extra_info_json ファイルの例です。

    {  
       "ImportDeepLearningModelToEsriExtraInfo":0,
       "Version":1,
       "Classifier":"CNTK",
       "NumberRasterBands":4,
       "MiniBatchSize":16,
       "Classes":[  
          {  
             "Value":100,
             "Name":"Impervious",
             "Color":[204, 204, 204]
          },
          {  
             "Value":200,
             "Name":" Other (Pervious)",
             "Color":[56, 168, 0]
          }
       ]
    }

構文

DeepLearningModelToEcd (in_deep_learning_model, in_classification_info_json, out_classifier_definition)
パラメーター説明データ タイプ
in_deep_learning_model

Google TensorFlow や Microsoft CNTK などのディープ ラーニング パッケージによって生成されたバイナリ モデル ファイル。

File
in_classification_info_json

クラス情報の JSON ファイル。上記の JSON ファイルの例をご参照ください。

File
out_classifier_definition

Classify 関数および [ラスターの分類 (Classify Raster)] ツールで使用できる *.ecd ファイル。

*.ecd 出力ファイルは、現在、Esri Python アダプター関数 Classify または Detect への入力としてのみ機能します。

File

コードのサンプル

DeepLearningModelToEcd (ディープ ラーニング モデル → ECD) の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、ディープ ラーニングから *.edc ファイルを作成します。

from arcpy.ia import *

# Check out the ArcGIS Image Analyst extension license
arcpy.CheckOutExtension("ImageAnalyst")

DeepLearningModelToEcd("c:/test/cntk.model", "c:/test/classInfo.json",
                       "c:/test/deeplearningtoecd.ecd")
DeepLearningModelToEcd (ディープ ラーニング モデル → ECD) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、ディープ ラーニングから *.edc ファイルを作成します。

# Import system modules and check out ArcGIS Image Analyst extension license
import arcpy
arcpy.CheckOutExtension("ImageAnalyst")
from arcpy.ia import *

# Set local variables
in_deep_learning_model = "c:/test/cntk.model"
in_classification_info_json = "c:/test/classInfo.json"
out_classifier_definition = "c:/test/deeplearningtoecd.ecd"

# Execute 
DeepLearningModelToEcd(in_deep_learning_model, in_classification_info_json, 
                      out_classifier_definition)

環境

このツールは、ジオプロセシング環境を使用しません。