Skip To Content

ネットワーク データセット ツールセットの概要

[ネットワーク データセット] ツールセットには、ネットワーク データセットの管理作業 (ネットワーク データセットの構築やディゾルブなど) を実行するために使用されるツール群が含まれています。

ツール説明

ネットワークの構築 (Build Network)

ネットワークの接続性とネットワーク データセットの属性情報を再構築します。ネットワーク データセットは、使用されているソースのフィーチャクラスの属性またはフィーチャが編集されると、再構築される必要があります。ソース フィーチャが編集されると、ツールは構築プロセスをより高速に行うために編集された領域のみにおいてネットワークの接続性を確立します。しかし、ネットワーク属性が編集されると、ネットワーク データセットの全範囲が再構築されます。大規模なネットワーク データセットでは、この処理に長い時間がかかります。

ネットワーク データセットの作成 (Create Network Dataset)

既存のフィーチャ データセットにネットワーク データセットを作成します。ネットワーク データセットを使用して、フィーチャ データセット内のデータに対するネットワーク解析を実行できます。

テンプレートからネットワーク データセットを作成 (Create Network Dataset From Template)

入力テンプレート ファイル (*.xml) に格納されているスキーマを使用して、新規のネットワーク データセットを作成します。このツールを実行する前に、ネットワーク データセットの作成に必要なフィーチャクラスと入力テーブルをすべて用意しておく必要があります。

ネットワーク データセットからテンプレートを作成 (Create Template From Network Dataset)

既存のネットワーク データセットのスキーマを含むファイルを作成します。このテンプレート ファイルを使用すると、同じスキーマで新規のネットワーク データセットを作成できます。

ネットワークのディゾルブ (Dissolve Network)

入力ネットワーク データセットの正しいモデリングに必要なライン フィーチャの数を最小にするネットワーク データセットを作成します。効率化された出力ネットワーク データセットにより、解析の実行、結果の描画、およびルート案内の生成に必要な時間が削減されます。このツールは新しいネットワーク データセットとソース フィーチャクラスを出力します。入力ネットワーク データセットとソース フィーチャは変更されません。

ネットワーク データセット レイヤーの作成 (Make Network Dataset Layer)

ネットワーク データセットからネットワーク データセット レイヤーを作成します。

ネットワーク データセット ツールセットのツール

関連ツール

ネットワーク データセットの作成に使用するフィーチャは、他のフィーチャと交差するときに、頂点を共有している必要があります。これは、フィーチャ間に正しい接続を確立するために、ネットワーク データセットで必要になります。そのためには、トポロジでフィーチャをモデリングするか、[インテグレート (Integrate)] ジオプロセシング ツールを使用します。

関連トピック


このトピックの内容
  1. 関連ツール