Skip To Content

ネットワーク データセットの作成 (Create Network Dataset) (Network Analyst)

概要

既存のフィーチャ データセットにネットワーク データセットを作成します。ネットワーク データセットを使用して、フィーチャ データセット内のデータに対するネットワーク解析を実行できます。

使用法

構文

CreateNetworkDataset(feature_dataset, out_name, source_feature_class_names, elevation_model)
パラメーター説明データ タイプ
feature_dataset

ネットワーク データセットの作成先となるフィーチャ データセット。フィーチャ データセットには、ネットワーク データセットに挿入されるソース フィーチャクラスが含まれる必要があります。

フィーチャ データセットがエンタープライズ ジオデータベースにある場合、そのフィーチャ データセットとすべてのソース フィーチャクラスはバージョン対応にできません。

Feature dataset
out_name

作成するネットワーク データセットの名前。[ターゲット フィーチャ データセット] とその親ジオデータベースに、この名前のネットワーク データセットがすでに含まれていてはいけません。

String
source_feature_class_names
[source_feature_class_names,...]

ネットワーク ソース フィーチャとしてネットワーク データセットに含めるフィーチャクラスの名前。このパラメーターは、文字列のリストとして指定します。

ターン フィーチャクラスでないライン フィーチャクラスを少なくとも 1 つ選択する必要があります。このライン フィーチャクラスが、ネットワーク データセットのエッジ ソースとして機能します。必要に応じて、ネットワーク データセットのジャンクション ソースとして機能するポイント フィーチャクラス、およびターン ソースとして機能するターン フィーチャクラスを選択できます。

ネットワーク データセットのソース フィーチャクラスの詳細

すべてのソース フィーチャクラスは、[ターゲット フィーチャ データセット] 内に存在する必要があり、ジオメトリック ネットワーク、ユーティリティ ネットワーク、または別のネットワーク データセットにすでに含まれていてはいけません。

String
elevation_model

ネットワーク データセット内の鉛直接続性の制御に使用されるモデルを指定します。

鉛直接続性の詳細

  • ELEVATION_FIELDS 同じ高度フィールド値を持つ、一致する端点は、ネットワーク データセット内で接続されているとみなされます。これがデフォルトです。
  • Z_COORDINATESライン フィーチャ ジオメトリの Z 座標値によって、鉛直接続性が決定されます。一致ポイントは、一致する Z 座標値を持つ場合にのみ、接続されているとみなされます。
  • NO_ELEVATION ネットワーク データセットの接続性は、水平一致によってのみ決定されます。
String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_network_dataset

新しいネットワーク データセット。

ネットワーク データセット

コードのサンプル

CreateNetworkDataset (ネットワーク データセットの作成) の例 1 (Python ウィンドウ)

フィーチャ データセットにネットワーク データセットを作成します。

import arcpy
arcpy.CheckOutExtension("network")
arcpy.na.CreateNetworkDataset(r"C:\Data\Network.gdb\Transportation", 
                              "Streets_ND", ["Streets", "Turns"], 
                              "ELEVATION_FIELDS")

環境

このツールは、ジオプロセシング環境を使用しません。

ライセンス情報

  • Basic: 次のものが必要 Network Analyst
  • Standard: 次のものが必要 Network Analyst
  • Advanced: 次のものが必要 Network Analyst