未登録フィーチャクラスの作成 (Create Unregistered Feature Class) (データ管理)

概要

データベースまたはエンタープライズ ジオデータベースに空のフィーチャクラスを作成します。そのフィーチャクラスは、ジオデータベースに登録されていません。

使用法

  • このツールは、ポイント、マルチポイント、ポリゴン、ポリラインなどのシンプル フィーチャクラスのみを作成します。

  • このツールで作成される空のフィーチャクラスは、整数タイプの OBJECTID というフィールドか、選択した入力テンプレートのフィーチャクラスと同じフィールド名とタイプを持ちます。

構文

CreateUnRegisteredFeatureclass(out_path, out_name, {geometry_type}, {template}, {has_m}, {has_z}, {spatial_reference}, {config_keyword})
パラメーター説明データ タイプ
out_path

出力フィーチャクラスの作成先になるエンタープライズ ジオデータベースまたはデータベース。

Workspace; Feature Dataset
out_name

作成するフィーチャクラスの名前。

String
geometry_type
(オプション)

フィーチャクラスのジオメトリ タイプを指定します。このパラメーターは、PostgreSQL の ST_Geometry、PostGIS ジオメトリ、Oracle SDO_Geometry など、次元メタデータを格納するジオメトリ タイプだけに関連します。

  • POINTジオメトリ タイプはポイントになります。
  • MULTIPOINTジオメトリ タイプはマルチポイントになります。
  • POLYLINEジオメトリ タイプはポリラインになります。
  • POLYGONジオメトリ タイプはポリゴンになります。これがデフォルトです。
String
template
[template,...]
(オプション)

出力フィーチャクラスのフィールド定義に使用されるフィールドおよび属性スキーマがある既存のフィーチャクラスまたはフィーチャクラスのリスト。

Feature Layer
has_m
(オプション)

出力フィーチャクラスが距離計測値 (M 値) を含むかどうかを決定します。

  • DISABLED出力フィーチャクラスに M 値を含みません。これがデフォルトです。
  • ENABLED出力フィーチャクラスに M 値を含みます。
  • SAME_AS_TEMPLATE[テンプレート フィーチャクラス] パラメーター (Python では template パラメーター) に M 値がある場合、出力フィーチャクラスに M 値があります。
String
has_z
(オプション)

出力フィーチャクラスが標高値 (Z 値) を含むかどうかを決定します。

  • DISABLED出力フィーチャクラスに Z 値を含みません。これがデフォルトです。
  • ENABLED出力フィーチャクラスに Z 値を含みます。
  • SAME_AS_TEMPLATE[テンプレート フィーチャクラス] パラメーター (Python では template パラメーター) に Z 値がある場合、出力フィーチャクラスに Z 値があります。
String
spatial_reference
(オプション)

出力フィーチャ データセットの空間参照。空間参照の指定方法には、次の方法があります。

  • *.prj ファイルへのパスを入力する (例: C:/workspace/watershed.prj)。
  • 適用する空間参照のフィーチャクラスまたはフィーチャ データセットを参照する (例: C:/workspace/myproject.gdb/landuse/grassland)。
  • このツールの使用前に空間参照オブジェクトを定義し (sr = arcpy.SpatialReference("C:/data/Africa/Carthage.prj") など)、次に、この定義を空間参照パラメーターとして使用する。

Spatial Reference
config_keyword
(オプション)

リレーショナル データベース管理システム (RDBMS) 内のジオデータベース用のデフォルト ストレージ パラメーター (コンフィグレーション) を指定します。この設定は、エンタープライズ ジオデータベース テーブルを使用している場合にのみ適用可能です。

コンフィグレーション キーワードは、データベース管理者によって設定されます。

コンフィグレーション キーワードの詳細

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_feature_class

出力未登録フィーチャクラス。

フィーチャクラス

コードのサンプル

CreateUnregisteredFeatureclass (未登録フィーチャクラスの作成) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで CreateUnRegisteredFeatureclass 関数を使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.CreateUnRegisteredFeatureclass_management(
    r'Database Connections\Connection to Organization.sde', "New_FC", "POINT", 
    "", "DISABLED", "DISABLED")

ライセンス情報

  • Basic: はい
  • Standard: はい
  • Advanced: はい

関連トピック