グラフィック バッファー (Graphic Buffer) (解析)

サマリー

指定した距離に基づき、入力フィーチャの周囲にバッファー ポリゴンを作成します。フィーチャの周囲にバッファーを生成するとき、バッファーの端点 (キャップ) とコーナー (結合) には、さまざまなカートグラフィック形状が利用できます。

バッファー操作には、代替ツールが利用できます。詳細については、[ペアワイズ バッファー (Pairwise Buffer)] および [バッファー (Buffer)] ツールのドキュメントをご参照ください。

[グラフィック バッファー (Graphic Buffer)] の図

使用法

    注意:

    このツールの出力は、カートグラフィック表示のみを目的としています。以降の解析での使用は想定されていません。解析に使用しても、正しい結果は得られません。

  • 入力フィーチャとして、ポイント、ライン、またはポリゴンを指定できます。バッファー出力の端点 (キャップ) とコーナー (結合) に使用できるオプションは、入力フィーチャ タイプによって異なります。

    • キャップ タイプ - ポイントとラインのみ。
    • 結合タイプ - ポリゴンとラインのみ。
  • 出力フィーチャクラスの BUFF_DIST フィールドには、各フィーチャのバッファー処理に使用するバッファー距離が、入力フィーチャの座標系の距離単位で格納されます。

    入力に BUFF_DIST という名前のフィールドが存在する場合、そのフィールドの値は出力で上書きされます。

  • 出力バッファー フィーチャは、常にユークリッドです。測地線バッファー フィーチャはサポートされていません。ユークリッドと測地線バッファーの違いについては、「バッファー (Buffer) の詳細 (解析)」をご参照ください。

  • 出力フィーチャクラスの ORIG_FID フィールドには、バッファーが作成された入力フィーチャのフィーチャ ID が格納されます。入力に ORIG_FID という名前のフィールドが存在する場合、そのフィールドの値は出力で上書きされます。

  • ポリゴン フィーチャをバッファー処理する際には、負数のバッファー距離を使用してポリゴン フィーチャ内部にバッファーを作成することができます。 負数のバッファー距離を使用すると、ポリゴンの境界を指定距離分減らすことができます。

    注意:

    負数のバッファー距離が大きすぎてポリゴンが消失する場合は、NULL ジオメトリが生成されます。 警告メッセージが表示され、NULL ジオメトリのフィーチャは出力フィーチャクラスに書き出されません。

  • 入力のフィールドをバッファー距離の取得に使用する場合、フィールド値として、数値 (5 など) または有効な距離単位の付いた数値 (5 キロメートルなど) のいずれかを使用できます。 フィールド値が数値の場合、距離には、入力の空間参照の距離単位を使用すると見なされます。ただし、入力が地理座標系の場合を除きます。地理座標系の場合、値はメートル単位と見なされます。 フィールド値に指定された距離単位が無効であるか、認識できない場合、デフォルトで入力の空間参照の距離単位が使用されます。

    バッファー距離を示すバッファー フィールドの使用
  • このツールは、並列処理ファクター環境を優先します。この環境が設定されていない場合 (デフォルト) や 100 に設定されている場合、フル並列処理が有効になり、ツールはコンピューター上のすべての論理コアに作業を分配しようとします。この環境を 0 に設定すると、並列処理は無効になります。ファクターを 1 ~ 99 に指定すると、ツールは数式 (並列処理ファクター / 100 * 論理コア) の小数部を切り上げた整数を適用して、使用する論理コアの割合を特定します。この数式の結果が 0 または 1 の場合、並列処理は有効化されません。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

バッファーを作成する入力のポイント フィーチャ、ライン フィーチャ、またはポリゴン フィーチャ。

Feature Layer
出力フィーチャクラス

出力バッファーを格納するフィーチャクラス。

Feature Class
バッファーの距離 [値またはフィールドを指定]

バッファー処理する入力フィーチャの周囲の距離。 距離は、直線距離を表す値か、各フィーチャをバッファー処理する距離を含む入力フィーチャのフィールドのいずれかとして指定できます。

距離の単位が指定されないか、不明と入力された場合、入力フィーチャの空間参照の距離単位が使用されます。

Linear Unit; Field
キャップの種類
(オプション)

バッファー処理される入力フィーチャのキャップ (端点) のタイプを指定します。このパラメーターは、ポイント フィーチャとポリゴン フィーチャでのみサポートされています。

  • 正方形 — 出力バッファーのキャップは、入力セグメントの端点の周囲が四角形になります。これがデフォルトです。
  • バット — 出力バッファーのキャップは、入力セグメントの端点に対して垂直になります。
  • 丸 — 出力バッファーのキャップは、入力セグメントの端点で丸くなります。
String
結合の種類
(オプション)

2 つのセグメントが結合するコーナーでのバッファーの形状。このパラメーターは、ライン フィーチャとポリゴン フィーチャでのみサポートされています。

  • 直角 — コーナーの周囲が四角形または鋭角な形状の出力バッファー フィーチャになります。たとえば、四角形の入力ポリゴン フィーチャでは、四角形のバッファー フィーチャになります。これがデフォルトです。
  • ベベル — 出力バッファー フィーチャの内部コーナーは四角形、外部コーナーはコーナーから最も遠いポイントに対して垂直に切り取られます。
  • ラウンド —出力バッファー フィーチャの内部コーナーは四角形、外部コーナーは丸くなります。
String
結合制限
(オプション)

ライン セグメントが鋭角に交差し、[結合の種類][直角] が指定されている場合、このパラメーターを使用して、バッファー出力で、どの程度鋭角なコーナーがポイントに発生するかを制御できます。[直角][結合の種類] を使用した場合、2 本のラインが結合する位置の外角が極めて大きくなることがあります。これによって、コーナーのポイントが、意図したよりも長く伸びる場合があります。

Double
最大オフセット偏差
(オプション)

出力バッファー ポリゴン境界が、トゥルー バッファー境界から乖離する最大距離。トゥルー バッファー境界は曲線で、出力ポリゴン境界は密集化したポリラインです。このパラメーターを使用すると、出力ポリゴン境界がトゥルー バッファー境界に近似する程度を制御できます。

このパラメーターが設定されていない場合や 0 に設定されている場合、ツールによって最大偏差が特定されます。デフォルトの値を使用することをお勧めします。ツールやそれ以降の解析において最大オフセット偏差値が小さすぎる場合、パフォーマンスが低下する可能性があります。

詳細については、[頂点の挿入 (Densify)] ツールのドキュメントに含まれる [最大オフセット偏差] パラメーターの情報をご参照ください。

Linear Unit

arcpy.analysis.GraphicBuffer(in_features, out_feature_class, buffer_distance_or_field, {line_caps}, {line_joins}, {miter_limit}, {max_deviation})
名前説明データ タイプ
in_features

バッファーを作成する入力のポイント フィーチャ、ライン フィーチャ、またはポリゴン フィーチャ。

Feature Layer
out_feature_class

出力バッファーを格納するフィーチャクラス。

Feature Class
buffer_distance_or_field

バッファー処理する入力フィーチャの周囲の距離。 距離は、直線距離を表す値か、各フィーチャをバッファー処理する距離を含む入力フィーチャのフィールドのいずれかとして指定できます。

距離の単位が指定されないか、不明と入力された場合、入力フィーチャの空間参照の距離単位が使用されます。

スクリプト内で距離を指定する際、使用する距離の単位が「Decimal Degrees」のように 2 つの単語に分かれている場合は、「20 DecimalDegrees」のように 1 つに結合します。

Linear Unit; Field
line_caps
(オプション)

バッファー処理される入力フィーチャのキャップ (端点) のタイプを指定します。このパラメーターは、ポイント フィーチャとポリゴン フィーチャでのみサポートされています。

  • SQUARE出力バッファーのキャップは、入力セグメントの端点の周囲が四角形になります。これがデフォルトです。
  • BUTT出力バッファーのキャップは、入力セグメントの端点に対して垂直になります。
  • ROUND出力バッファーのキャップは、入力セグメントの端点で丸くなります。
String
line_joins
(オプション)

2 つのセグメントが結合するコーナーでのバッファーの形状。このパラメーターは、ライン フィーチャとポリゴン フィーチャでのみサポートされています。

  • MITERコーナーの周囲が四角形または鋭角な形状の出力バッファー フィーチャになります。たとえば、四角形の入力ポリゴン フィーチャでは、四角形のバッファー フィーチャになります。これがデフォルトです。
  • BEVEL出力バッファー フィーチャの内部コーナーは四角形、外部コーナーはコーナーから最も遠いポイントに対して垂直に切り取られます。
  • ROUND出力バッファー フィーチャの内部コーナーは四角形、外部コーナーは丸くなります。
String
miter_limit
(オプション)

ライン セグメントが鋭角に交差し、MITERline_joins が指定されている場合、このパラメーターを使用して、バッファー出力で、どの程度鋭角なコーナーがポイントに発生するかを制御できます。MITERline_joins を使用した場合、2 本のラインが結合する位置の外角が極めて大きくなることがあります。これによって、コーナーのポイントが、意図したよりも長く伸びる場合があります。

Double
max_deviation
(オプション)

出力バッファー ポリゴン境界が、トゥルー バッファー境界から乖離する最大距離。トゥルー バッファー境界は曲線で、出力ポリゴン境界は密集化したポリラインです。このパラメーターを使用すると、出力ポリゴン境界がトゥルー バッファー境界に近似する程度を制御できます。

このパラメーターが設定されていない場合や 0 に設定されている場合、ツールによって最大偏差が特定されます。デフォルトの値を使用することをお勧めします。ツールやそれ以降の解析において最大オフセット偏差値が小さすぎる場合、パフォーマンスが低下する可能性があります。

詳細については、[頂点の挿入 (Densify)] ツールのドキュメントに含まれる max_deviation パラメーターの情報をご参照ください。

Linear Unit

コードのサンプル

GraphicBuffer (グラフィック バッファー) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、GraphicBufferツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.workspace = "C:/data"
arcpy.GraphicBuffer_analysis("roads", "C:/output/majorrdsBuffered", "100 Feet", 
                             "SQUARE", "MITER")

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック