BIM ファイル → ジオデータベース (BIM File To Geodatabase) (変換)

サマリー

1 つ以上の BIM ファイル ワークスペースのコンテンツを単一のジオデータベース フィーチャ データセットにインポートします。

使用法

  • このツールを使用すると、1 つ以上の BIM ファイル ワークスペース (Revit または IFC ファイル) をジオデータベース データセットに結合できます。 このツールは、フィーチャクラスの名前とジオメトリ タイプが同じ場合に、それらのフィーチャクラス、含まれるジオメトリ、および属性を追加してマージします。

  • 出力フィーチャクラスは、それらのフィーチャクラスにジオメトリ オブジェクトが含まれる場合にのみ作成されます。 例外として、ExteriorShell フィーチャクラスは常に作成されます。

  • [データセット] パラメーターに既存のデータセットが指定されている場合は、一意の名前を持つ新しいフィーチャクラスがそのデータセットに追加されます。 同じ名前のフィーチャクラスが出力データセットに存在している場合は、名前が重複しないように、そのフィーチャクラス名の末尾に番号が付加されます (Walls_1 など)。 新しいフィーチャクラスが確実に作成されるようにするには、[データセット] パラメーターで一意の名前を使用します。

  • [空間参照] パラメーターを使用すると、入力データによって設定されたデフォルトの空間参照をオーバーライドして、適切な出力空間参照を確実に保持できます。 既存の空間参照を含む BIM ファイル ワークスペースは、指定されたこの出力空間参照に変換されます (それらの空間参照が異なる場合)。

  • このツールの出力を [ビルディング レイヤーの作成 (Make Building Layer)] ツールの入力として使用して、結合されたデータから 1 つのビルディング レイヤーを作成できます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力 BIM ファイル ワークスペース

ジオデータベース フィーチャクラスに変換される 1 つ以上の BIM ファイル。

BIM File Workspace
出力ジオデータベース

出力フィーチャ データセットを作成するジオデータベース。 これは既存のジオデータベースでなければなりません。

Workspace
データセット

ビルディング データセット名。

String
空間参照
(オプション)

出力フィーチャ データセットの空間参照。

空間参照のその他の要素 (XY,Z,M ドメイン、解像度、許容値など) を制御するには、適切なジオプロセシング環境を設定します。

Spatial Reference
識別子
(オプション)

すべての出力フィーチャクラスに追加される一意のビルディング識別子。 この識別子を使用すると、後で使用するために各ビルディングに一意の名前を追加できます。

String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力フィーチャ データセット

新しいフィーチャクラスを含む出力ジオデータベース フィーチャ データセット。

Feature Dataset
出力フィーチャクラス

ビルディング フィーチャクラス情報が格納される出力フィーチャクラス。

Feature Class

arcpy.conversion.BIMFileToGeodatabase(in_bim_file_workspace, out_gdb_path, out_dataset_name, {spatial_reference}, {identifier})
名前説明データ タイプ
in_bim_file_workspace
[in_bim_file_workspace,...]

ジオデータベース フィーチャクラスに変換される 1 つ以上の BIM ファイル。

BIM File Workspace
out_gdb_path

出力フィーチャ データセットを作成するジオデータベース。 これは既存のジオデータベースでなければなりません。

Workspace
out_dataset_name

ビルディング データセット名。

String
spatial_reference
(オプション)

出力フィーチャ データセットの空間参照。

空間参照のその他の要素 (XY,Z,M ドメイン、解像度、許容値など) を制御するには、適切なジオプロセシング環境を設定します。

Spatial Reference
identifier
(オプション)

すべての出力フィーチャクラスに追加される一意のビルディング識別子。 この識別子を使用すると、後で使用するために各ビルディングに一意の名前を追加できます。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
out_feature_dataset

新しいフィーチャクラスを含む出力ジオデータベース フィーチャ データセット。

Feature Dataset
out_featureclass_dataset

ビルディング フィーチャクラス情報が格納される出力フィーチャクラス。

Feature Class

コードのサンプル

BIMFileToGeodatabase (BIM ファイル → ジオデータベース) の例 (スタンドアロン スクリプト)

次の Python スクリプトは、スタンドアロン スクリプトで BIMFileToGeodatabase 関数を使用する方法を示しています。

# Name: BIMFileToGeodatabase.py
# Description: Create a feature dataset

# Import system modules
import arcpy

# Set workspace
arcpy.env.workspace = "C:/data/facilites"

# Create a file geodatabase for the feature dataset
arcpy.CreateFileGDB_management("C:/data/facilities", "University.gdb")

# Set local variables
out_gdb_path = "C:/data/facilites/University.gdb" 
out_dataset_name = "Building_A"
spatial_reference = "NAD_1983_StatePlane_California_VI_FIPS_0406_FEET"
identifier = "BLD_A"

# Execute BIMFileToGeodatabase 
arcpy.BIMFileToGeodatabase_conversion(["Building_A_Architectural.rvt", 
                                       "Building_A_Structural.rvt", 
                                       "Building_A_Electrical.rvt"], 
                                      out_gdb_path, out_dataset_name, 
                                      spatial_reference, identifier)

関連トピック