ビルディング レイヤーの作成 (Make Building Layer) (データ管理)

サマリー

データセット、つまり BIM ファイル ワークスペースまたはジオデータベース データセット ([BIM ファイル → ジオデータベース (BIM File To Geodatabase)] ツールの出力など) からコンポジット ビルディング レイヤーを作成します。

使用法

  • 出力ビルディング レイヤーは、ビルディング、すなわち構造物の集合を 1 つの複雑なレイヤーとして表すコンポジット レイヤーになります。

  • このツールへの入力には、BIM ファイル ワークスペース または単一のジオデータベース データセット (マルチパッチ フィーチャクラスを含む) のいずれかを指定できます。

  • 出力ビルディング レイヤーでは、含まれるフィーチャクラスが、標準化された建設分野レイヤー (Architectural (建築)、Structural (構造)、Electrical (電気)、Mechanical (機械)、Piping (配管)) に整理されます。 不明なマルチパッチ フィーチャ レイヤーは、生成されたビルディング レイヤーの Architectural 分野レイヤーに追加されます。

  • [BIM ファイル → ジオデータベース (CAD File To Geodatabase)] ツールで作成された出力データセットをこのツールへの入力に使用できます。 ビルディング レイヤーのシンボルは、BIM ファイル ワークスペースのシンボルと一致します。

  • 出力ビルディング レイヤーは、[ビルディング シーン レイヤー パッケージの作成 (Create Building Scene Layer Package)] ツールの入力に使用できます。このツールを使用すると、建物をビルディング シーン レイヤー パッケージとして公開できます。

  • 作成されたレイヤーは、ドキュメントが保存されない限り、セッションの終了後も保持されません。

  • このツールは、ArcGIS Pro シーンへ BIM ファイル ワークスペース (Revit または IFC ファイル) を追加した場合と同じものを作成します。

  • プロジェクト内に作成したレイヤーを後から使用したり他のユーザーと共有したりするために、これをレイヤー ファイルとして保存できます。 レイヤー ファイルには他のプロジェクトで使用できるようにレイヤーのシンボルと設定が保存されますが、フィーチャクラスも使用可能でなければなりません。

    テンポラリ出力フィーチャ レイヤーは、[レイヤー ファイルの保存 (Save To Layer File)] ツールを使用してレイヤー ファイルとして保存することができます。

  • ModelBuilder を使用して [ビルディング レイヤーの作成 (Make Building Layer)] ツールを使用するツールを作成する場合は、[入力フィーチャ データセット] 変数が中間データとしてマークされていないことを確認します。 中間データとしてマークされた入力は、ダイアログ ボックスからモデル ツールを実行し終えたときに削除されます。この場合、その出力レイヤーはマップに追加されません。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ データセット

新しいビルディング フィーチャ レイヤーの作成元になる入力データセット。 ビルディング レイヤーは、構造と一緒にグループ化されたシンボルを維持します。

Feature Dataset
出力レイヤー

作成されるフィーチャ レイヤーの名前。 レイヤーは、フィーチャ レイヤーを入力として使用するジオプロセシング ツールへの入力として使用できます。

Building Layer

arcpy.management.MakeBuildingLayer(in_feature_dataset, out_layer)
名前説明データ タイプ
in_feature_dataset

新しいビルディング フィーチャ レイヤーの作成元になる入力データセット。 ビルディング レイヤーは、構造と一緒にグループ化されたシンボルを維持します。

Feature Dataset
out_layer

作成されるフィーチャ レイヤーの名前。 レイヤーは、フィーチャ レイヤーを入力として使用するジオプロセシング ツールへの入力として使用できます。

Building Layer

コードのサンプル

MakeBuildingLayer (ビルディング レイヤーの作成) の例 (スタンドアロン スクリプト)

次の Python スクリプトは、スタンドアロン スクリプトで MakeBuildingLayer 関数を使用する方法を示しています。

# Name: makebuildinglayer.py
# Description: Create a feature dataset

# Import system modules
import arcpy

# Set overwrite option
arcpy.env.overwriteOutput = True

# Make a building layer from a Dataset
arcpy.MakeBuildingLayer_management("C:/data/facilities/University.gdb/BuildingA",
                                   "Bld_A")

# Create a building Scene layer package
arcpy.CreateBuildingSceneLayerPackage_management(BLD_A, output_BLD_A.slpk)

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック