ピラミッド構築のバッチ処理 (Batch Build Pyramids) (データ管理)

サマリー

複数のラスター データセットのピラミッドを構築します。

使用法

  • ピラミッドを構築すると、ラスター データセットの表示パフォーマンスが向上します。

  • ピラミッド構築のバッチ処理は、ピラミッドのない複数のラスター データセットの大きなディレクトリがある場合や、モザイク データセットの複数のアイテムにピラミッドを構築 (ダイアログ ボックスにアイテムをドラッグ) する場合に便利です。

  • ECW や MrSID などのウェーブレット圧縮ラスター データセットは、ピラミッド構築の必要がありません。そのような形式のものには、エンコーディング時に作成される内部ピラミッドが含まれています。

  • 行内または列内のピクセル数が 1,024 未満のラスター データセットに対しては、ピラミッドが構築されません。ラスター データセットが極めて小さいことから、ピラミッドを構築してもパフォーマンス向上の効果がないため、ピラミッドは必要ありません。

  • [ラスター格納] 環境で、ピラミッド ファイルの圧縮タイプを選択することができます。圧縮を選択すると、*.ovr ファイルのサイズが小さくなります。IMAGINE 形式および古いバージョンの ArcGIS では低解像度データセット (*.rrd) ファイルが作成されます。この種類のファイルは圧縮できません。

  • デフォルトのピラミッド圧縮では、データのタイプに応じて、最適な圧縮タイプが使用されます。[LZ77][JPEG]、または圧縮なしを手動で選択することもできます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター データセット

ラスター ピラミッドを構築する対象となるラスター データセット。

各入力には、それぞれ 1024 を超えるロウとカラムが必要です。

Raster Dataset
ピラミッド レベル
(オプション)

構築する低解像度データセット レイヤーの数を選択します。 デフォルト値は -1 で、完全なピラミッドを構築します。 値を 0 にすると、ピラミッド レベルなしになります。

Long
第 1 レベルをスキップ
(オプション)

最初のピラミッド レベルをスキップするかどうか選択します。 第 1 レベルをスキップすると使用するディスク スペースが若干少なくなりますが、その縮尺でのパフォーマンスも低下します。

  • オフ - 最初のピラミッド レベルは構築されます。 これがデフォルトです。
  • オン - 最初のピラミッド レベルは構築されません。

Boolean
ピラミッド リサンプリング手法
(オプション)

ピラミッドの構築に使用するリサンプリング手法。

  • 最近隣内挿法最近隣内挿法は、リサンプリング時に、最も近いセルの値を使用して出力セルに値を割り当てます。これがデフォルトです。
  • 共一次内挿法共一次内挿は、4 つの最近隣入力セルの中心の重み付けされた距離に基づいてセルの新しい値を決定します。
  • 三次たたみ込み内挿法三次たたみ込み内挿法は、16 の最近隣入力セルの中心を通る滑らかなカーブの適合に基づいて、セルの新しい値を算出します。
String
ピラミッドの圧縮タイプ
(オプション)

ラスター ピラミッドを構築するときに使用する圧縮タイプ:

  • デフォルトウェーブレット圧縮を使用してソース データを圧縮すると、JPEG 圧縮タイプでピラミッドが構築されます。それ以外の場合は、LZ77 が使用されます。これがデフォルトの圧縮方法です。
  • LZ77 圧縮LZ77 圧縮アルゴリズムがピラミッドの構築に使用されます。LZ77 はすべてのデータ タイプに使用できます。
  • JPEGJPEG 圧縮アルゴリズムがピラミッドの構築に使用されます。JPEG 圧縮仕様に準拠したデータだけが、この圧縮タイプを使用できます。JPEG を選択した場合は、圧縮品質を設定できます。
  • なしピラミッドを構築するときに、圧縮を行いません。
String
圧縮品質
(オプション)

JPEG 圧縮方法でピラミッドを構築するときに使用する圧縮品質。 指定する値は、0 ~ 100 の間の値でなければなりません。 100 に近い数は高品質な画像を生成しますが、圧縮比は低くなります。

Long
既存をスキップ
(オプション)

不足している箇所のピラミッドだけを構築するか、存在している箇所のピラミッドも再生成するかを指定します。

  • オフ - すでに存在している場合でも、ピラミッドを構築します。したがって、既存のピラミッドは上書きされます。これがデフォルトです。
  • オン - 存在していないピラミッドだけを構築します。
Boolean

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
ピラミッド構築のバッチ処理が成功しました

ツールが正常に実行されたかどうかを返します。

ブール型

arcpy.management.BatchBuildPyramids(Input_Raster_Datasets, {Pyramid_levels}, {Skip_first_level}, {Pyramid_resampling_technique}, {Pyramid_compression_type}, {Compression_quality}, {Skip_Existing})
名前説明データ タイプ
Input_Raster_Datasets
[input_raster_dataset,...]

ラスター ピラミッドを構築する対象となるラスター データセット。

各入力には、それぞれ 1024 を超えるロウとカラムが必要です。

Raster Dataset
Pyramid_levels
(オプション)

構築する低解像度データセット レイヤーの数を選択します。 デフォルト値は -1 で、完全なピラミッドを構築します。 値を 0 にすると、ピラミッド レベルなしになります。

Long
Skip_first_level
(オプション)

最初のピラミッド レベルをスキップするかどうか選択します。 第 1 レベルをスキップすると使用するディスク スペースが若干少なくなりますが、その縮尺でのパフォーマンスも低下します。

  • NONE最初のピラミッド レベルは構築されません。 これがデフォルトです。
  • SKIP_FIRST最初のピラミッド レベルは構築されません。
Boolean
Pyramid_resampling_technique
(オプション)

ピラミッドの構築に使用するリサンプリング手法。

  • NEAREST最近隣内挿法は、リサンプリング時に、最も近いセルの値を使用して出力セルに値を割り当てます。これがデフォルトです。
  • BILINEAR共一次内挿は、4 つの最近隣入力セルの中心の重み付けされた距離に基づいてセルの新しい値を決定します。
  • CUBIC三次たたみ込み内挿法は、16 の最近隣入力セルの中心を通る滑らかなカーブの適合に基づいて、セルの新しい値を算出します。
String
Pyramid_compression_type
(オプション)

ラスター ピラミッドを構築するときに使用する圧縮タイプ:

  • DEFAULTウェーブレット圧縮を使用してソース データを圧縮すると、JPEG 圧縮タイプでピラミッドが構築されます。それ以外の場合は、LZ77 が使用されます。これがデフォルトの圧縮方法です。
  • LZ77LZ77 圧縮アルゴリズムがピラミッドの構築に使用されます。LZ77 はすべてのデータ タイプに使用できます。
  • JPEGJPEG 圧縮アルゴリズムがピラミッドの構築に使用されます。JPEG 圧縮仕様に準拠したデータだけが、この圧縮タイプを使用できます。JPEG を選択した場合は、圧縮品質を設定できます。
  • NONEピラミッドを構築するときに、圧縮を行いません。
String
Compression_quality
(オプション)

JPEG 圧縮方法でピラミッドを構築するときに使用する圧縮品質。 指定する値は、0 ~ 100 の間の値でなければなりません。 100 に近い数は高品質な画像を生成しますが、圧縮比は低くなります。

Long
Skip_Existing
(オプション)

不足している箇所のピラミッドだけを構築するか、存在している箇所のピラミッドも再生成するかを指定します。

  • OVERWRITEすでに存在している場合でも、ピラミッドを構築します。したがって、既存のピラミッドは上書きされます。これがデフォルトです。
  • SKIP_EXISTING存在していないピラミッドだけを構築します。
Boolean

派生した出力

名前説明データ タイプ
Batch_Build_Pyramids_Succeeded

ツールが正常に実行されたかどうかを返します。

ブール型

コードのサンプル

BatchBuildPyramids (ピラミッド構築のバッチ処理) の例 1 (Python ウィンドウ)

以下は、BatchBuildPyramids ツールを実行する Python サンプルです。

import arcpy
arcpy.BatchBuildPyramids_management(
     "C:/data/img1.tif;C:/data/img2.img", "6", "SKIP_FIRST",
      "BILINEAR", "JPEG", "50", "SKIP_EXISTING")
BatchBuildPyramids (ピラミッド構築のバッチ処理) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

以下は、BatchBuildPyramids ツールを実行する Python スクリプト サンプルです。

#Build Pyramids for multiple raster datasets in the workspace
#Skip the dataset that already has pyramid
#Build pyramids with compression and level setting

import arcpy
arcpy.env.workspace = "C:/Workspace"

    
inras = "image1.tif;image2.img;fgdb.gdb/image3"
pylevels = "6"
skipfirst = "SKIP_FIRST"
resample = "BILINEAR"
compress = "JPEG"
quality = "80"
skipexist = "SKIP_EXISTING"

arcpy.BatchBuildPyramids_management(
     inras, pylevels, skipfirst, resample, compress,
     quality, skipexist)

環境

ピラミッド

ピラミッド レベル、ピラミッド圧縮、リサンプリング方法は、IMG 形式には適用されません。

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック