フィーチャの頂点 → ポイント (Feature Vertices To Points) (データ管理)

Advanced のライセンスで利用可能。

サマリー

入力フィーチャの指定された頂点または位置から生成されるポイントを含むフィーチャクラスを作成します。

フィーチャの頂点 → ポイント (Feature Vertices To Points)
フィーチャの頂点 → ポイント (Feature Vertices To Points)

使用法

  • 入力フィーチャの属性は、出力フィーチャクラス内に保持されます。その出力フィーチャクラスに追加された新しいフィールド ORIG_FID は、入力フィーチャ ID に設定されます。

  • マルチパート ラインまたはポリゴンでは、各パートをラインとして扱います。したがって、各パートにはそれぞれの始点、終点、中間点が存在し、また、ダングル ポイントが存在することがあります。

  • パラメトリック カーブ (トゥルー カーブ) には始点と終点のみが存在します。多数のポイントが挿入されて連続する線分の集まりになることはありません。

  • ダイアログ ボックスの [ポイント タイプ] パラメーター (Python の point_location パラメーター) の [ダングル] オプションについては、フィーチャの単位でダングルの長さを保持する追加フィールド DANGLE_LEN が出力フィーチャクラスへ追加されます。分離されたラインの場合、両方の端点がダングル ポイントとなるため、ダングルの長さはライン自体の長さになります。どちらかの端点で別のラインと交差しているダングル ラインの場合、ダングルの長さとして、ダングルのある端点から交点までが計測されます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

入力フィーチャ (ラインまたはポリゴン)。

Feature Layer
出力フィーチャクラス

出力ポイント フィーチャクラス。

Feature Class
ポイント タイプ
(オプション)

出力ポイントが作成される位置を指定します。

  • すべての頂点 ポイントは、入力フィーチャの頂点ごとに作成されます。これがデフォルトです。
  • 中点 ポイントは、各入力ラインまたはポリゴン境界線の中間点 (必ずしも頂点とは限らない) に作成されます。
  • 開始頂点 ポイントは、各入力フィーチャの始点 (最初の頂点) に作成されます。
  • 終了頂点 ポイントは、各入力フィーチャの終点 (最後の頂点) に作成されます。
  • 開始頂点と終了頂点 各入力フィーチャの始点に 1 つと端点に 1 つの 2 つのポイントが作成されます。
  • ダングル頂点 入力ラインの始点または終点が別のラインのどの位置にも接続されていない場合に、そのポイントのダングル ポイントが作成されます。このオプションはポリゴン入力には適用されません。
String

arcpy.management.FeatureVerticesToPoints(in_features, out_feature_class, {point_location})
名前説明データ タイプ
in_features

入力フィーチャ (ラインまたはポリゴン)。

Feature Layer
out_feature_class

出力ポイント フィーチャクラス。

Feature Class
point_location
(オプション)

出力ポイントが作成される位置を指定します。

  • ALLポイントは、入力フィーチャの頂点ごとに作成されます。これがデフォルトです。
  • MIDポイントは、各入力ラインまたはポリゴン境界線の中間点 (必ずしも頂点とは限らない) に作成されます。
  • STARTポイントは、各入力フィーチャの始点 (最初の頂点) に作成されます。
  • ENDポイントは、各入力フィーチャの終点 (最後の頂点) に作成されます。
  • BOTH_ENDS各入力フィーチャの始点に 1 つと端点に 1 つの 2 つのポイントが作成されます。
  • DANGLE入力ラインの始点または終点が別のラインのどの位置にも接続されていない場合に、そのポイントのダングル ポイントが作成されます。このオプションはポリゴン入力には適用されません。
String

コードのサンプル

FeatureVerticesToPoints (フィーチャの頂点 → ポイント) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで FeatureVerticesToPoints (フィーチャの頂点 → ポイント) 関数を使用する方法を示しています。

import arcpy
from arcpy import env
env.workspace = "C:/data"
arcpy.FeatureVerticesToPoints_management("parcels.shp",
                                         "c:/output/output.gdb/parcels_corner", 
                                         "ALL")
FeatureVerticesToPoints (フィーチャの頂点 → ポイント) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次のスタンドアロン スクリプトは、FeatureVerticesToPoints (フィーチャの頂点 → ポイント) 関数をスクリプティング環境に適用する単純な例を示しています。

# Name: FeatureVerticesToPoints_Example2.py
# Description: Use FeatureVerticesToPoints function to get the mid-points
#              of input line features

 
# import system modules 
import arcpy
from arcpy import env

# Set environment settings
env.workspace = "C:/data"
 
# Set local variables
inFeatures = "majorrds.shp"
outFeatureClass = "c:/output/output.gdb/majorrds_midpt"

# Execute FeatureVerticesToPoints
arcpy.FeatureVerticesToPoints_management(inFeatures, outFeatureClass, "MID")

ライセンス情報

  • Basic: No
  • Standard: No
  • Advanced: Yes

関連トピック