シーン レイヤーの整合チェック (Validate Scene Layer) (データ管理)

サマリー

シーン レイヤー パッケージ ファイル (**.slpk) ファイルを評価して、パッケージが I3S 仕様に準拠していることを確認します。

使用法

  • このツールは、シーン レイヤー パッケージが I3S 仕様に準拠していることを検証し、シーン レイヤーを ArcGIS クライアント アプリケーションで表示したときに問題の原因となる要素を特定します。ArcGIS プラットフォームの外部で生成されたシーン レイヤー パッケージを公開する前に、このツールを実行することを検討してください。

  • このツールでは、以下の点を評価します。

    • 必須および推奨 JSON オブジェクトにおける予期される値の存在。
    • ビルティング、3D オブジェクト、3D メッシュにおける宣言されたテクスチャの存在。
    • ポイント、ビルディング、3D オブジェクト、点群における宣言された属性や関連統計情報の存在。
    • 位置、色、UV、法線などの宣言された頂点属性の存在。
    • ノード ツリー内でのルート ノードや宣言された子ノードの存在。
  • 出力レポートはデフォルトでは可読形式の JSON ファイルですが、テキストまたは XML ファイルとして生成することもできます。このレポートには、I3S 仕様に準拠していないものの、データ表示には問題とならない要素や、シーン レイヤー パッケージのレンダリングの際に問題の原因となる要素のエラーに関する警告が示されます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力シーン レイヤー

評価されるシーン レイヤー パッケージ ファイル。

File
出力ログ ファイル

評価結果が要約される出力ログ ファイル。

File

arcpy.management.ValidateSceneLayerPackage(in_slpk, out_report)
名前説明データ タイプ
in_slpk

評価されるシーン レイヤー パッケージ ファイル。

File
out_report

評価結果が要約される出力ログ ファイル。

File

コードのサンプル

ValidateSceneLayerPackage (シーン レイヤー パッケージの整合チェック) の例 (Python ウィンドウ)

次のサンプルは、Python ウィンドウでこのツールを使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.workspace = 'C:/Data'
arcpy.management.ValidateSceneLayerPackage('street_furniture.slpk', 'validate_report.json')

ライセンス情報

  • Basic: Yes
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック