Skip To Content

ジオプロセシング ツールを元に戻す

編集セッション入力データを変更するいくつかのジオプロセシング ツールを実行して、フィーチャのジオメトリまたは属性に加えた変更を取り消すことができます。

[元に戻す] の有効化

[フィールド演算 (Calculate Field)][インテグレート (Integrate)][アペンド (Append)][スナップ (Snap)][トレース形状に一致 (Align Features)] など、いくつかのツールには、ツール ダイアログの [実行] ボタンの横に [編集の開始] トグル ボタンがあります。このオプションがオンの場合、[実行] をクリックすると、編集セッションが開始され、ツール処理が実行されます。実行が終了した後も、編集セッションはオープンのまま変わらないため、ツールで入力データに加えた変更を取り消すことができます。

ArcGIS Pro では、フィーチャまたは属性を作成/変更すると、自動的に編集が開始されます。編集を開始する明示的な方法はありません。[ジオプロセシング] ウィンドウの [[元に戻す] の有効化] トグル ボタンは、編集セッションを開始し、アクティブのままにしておくために使用される、入力データを変更するジオプロセシング ツールでの使用のみを目的としたショートカットです。

備考:

フィールドを追加/削除するジオプロセシング ツールや他のスキーマ変更を実行するジオプロセシング ツールは、編集セッションで実行できません。[[元に戻す] の有効化] をサポートする一部のツールは、フィールドを追加したり、[最近接] などの新規フィールドに計算値を追加したりできます。このツールを元に戻してもフィールドはデータから削除されませんが、フィールドのコンテンツが 「<Null>」に設定されます。

元に戻す、およびやり直し

[[元に戻す] の有効化] をオンにしてツールを実行したら、結果を評価して、入力データに加えた変更を維持するかどうかを決定します。[ジオプロセシング] ウィンドウの上部付近に、保留中の変更があることを示すバナーが追加されます。データに加えられた変更を評価し、可視化するために、バナーにはツールが加えた変更を [元に戻す] および [やり直し] コントロールが含まれます。

変更を保存または破棄

ツールでデータに加えた変更を維持する場合は、[編集の保存]をクリックして、編集を確定する必要があります。変更を維持しない場合は、[編集内容の破棄] をクリックして、ツールで加えた変更を取り消します。

編集の保存も破棄も行わないと、開いている編集セッションで他のジオプロセシング ツールが実行されます。この場合には、パフォーマンスとアプリケーションの動作に予期しない影響が及ぶことがあります。詳細については、下記の「検討事項」をご参照ください。

備考:

編集を保存または破棄すると、ジオプロセシング ツールを実行して開始された編集セッションが閉じます。編集を保存または破棄した後は、操作を元に戻したりやり直したりすることはできません。

編集の保存と破棄の詳細

検討事項

[[元に戻す] の有効化] がオンの状態でジオプロセシング ツールを実行する場合は、次の点を考慮する必要があります。

スレッド

ジオプロセシング ツールを編集セッションで実行する場合、これらのツールはメイン アプリケーション スレッドで実行されます。これは、ツールの実行中に、アプリケーションで他のタスクが実行できなくなることを意味します。

パフォーマンスと拡張性

ジオプロセシング ツールを編集セッションで実行すると、同じツールを編集セッション以外で実行する場合と比べて、パフォーマンスが低下します。同様に、編集セッションで処理できるフィーチャの数は、編集セッション以外と比べて少ないので、拡張性も低下します。

スキーマ ツール

[フィールドの追加 (Add Field)][フィールドの変更 (Alter Field)][フィールドの削除 (Delete Field)] など、フィールドを追加/削除するジオプロセシング ツールは、編集セッションで実行できません。

データセットの削除または上書き

データセットを削除/上書きするジオプロセシング ツールは、編集セッションで実行できません。[カタログ] ウィンドウで [削除] コマンドを右クリックして、これらの場所からデータセットを削除することもできません。