Skip To Content

モデルの実行

モデルを構築し、すべてのプロセスが有効であることを確認した後、モデルは実行可能な状態になります。モデルは ModelBuilder で 1 ステップずつまたは全体を実行するか、[ジオプロセシング] ウィンドウからジオプロセシング ツールとして実行できます。

ModelBuilder でのモデルの実行

モデルを ModelBuilder で実行する場合は、モデルを編集用に開いて、[ModelBuilder] ウィンドウ内で実行します。単一のツール、一連のツール、またはモデル全体を実行できます。

  • 単一のツールの実行 - 単一のツールを実行する場合は、モデルを 1 ステップずつ実行できます。単一のツールを選択した後、右クリックして [実行] を選択します。モデルは、選択したツールまでのすべてのプロセスが実行されます (チェーン内でツールより前にあるプロセスも実行され、ツールより後にあるプロセスは実行されません)。
  • モデル全体の実行 - [ModelBuilder] > [実行] リボン タブの順に選択して、[実行] ボタン 実行 をクリックすると、実行準備が完了したすべてのツールが順番に実行されます。すでに実行されているツールは再実行されません。モデルの実行は、まだ実行されていない最初のツールから開始されます。

    また、モデル内の任意の場所を右クリックして [実行] を選択することもできます。

実行中のモデル

実行準備ができていない (グレーの) モデル プロセスを個別に実行しようとすると、実行不能のプロセスであることを示す警告メッセージが表示されます。モデル全体を実行しようとしたときに、モデルに実行不能 (グレー) のプロセスが含まれている場合は、実行可能なプロセスがすべて順番に実行され、準備ができていないプロセスは実行されません。

これらのツールは、処理の実行中には赤色で表示され、処理の実行が正常に終了すると、ドロップ シャドウ付きの黄色に戻ります。実行に失敗した場合は、ツールが赤色のままになります。エラー メッセージを表示するには、実行に失敗したツールを右クリックして [メッセージ...] を選択します。

メモ:

ModelBuilder 内でモデルを実行した場合は、モデルで作成された出力データセットをマップに追加できます。マップに追加するデータ変数を右クリックして [マップへ追加] を選択します。ツールがすでに実行されている場合は、データがマップに追加されます。ツールがまだ実行されていない場合は、ツールの実行が終了した後で、データがマップに追加されます。

メモ:

ModelBuilder 内で実行されたツールは、プロジェクトのジオプロセシング履歴に保存されません。

ジオプロセシング ツールとしてのモデルの実行

モデルはツールボックスにジオプロセシング ツールとして保存されます。他のジオプロセシング ツールと同様に、モデル ツールを [ジオプロセシング] ウィンドウで開いて実行できます。ツールを [ジオプロセシング] ウィンドウで開くには、モデルが保存されているツールボックスを検索してダブルクリックするか、右クリックして [開く] を選択します。

ModelBuilder でモデル パラメーターとして設定された変数はツールに表示され、入力および出力のデータセットと値を指定することができます。ツール パラメーターのラベルはモデル変数の名前と同じになり、パラメーターのデフォルト値はモデル変数の値になります。ツール パラメーターの順序や、フィルター、依存性、パラメーター カテゴリなどのパラメーター プロパティは、モデル プロパティで制御できます。

メモ:

モデルを正常に実行した後、モデル パラメーターとして設定したモデル出力だけがマップに追加されます。

メモ:

ジオプロセシング履歴には、モデル ツールのエントリが 1 つ追加されます。モデル ツール内で実行された個別のツールは、ジオプロセシング履歴に追加されません。

ジオプロセシング ツールの実行の詳細