Skip To Content

ModelBuilder とは

ModelBuilder は、ジオプロセシング ワークフローを構築するためのビジュアル プログラミング言語です。ジオプロセシング モデルは、空間解析プロセスやデータ管理プロセスを自動化およびドキュメント化します。ジオプロセシング モデルは ModelBuilder で作成および変更できます。モデルは、あるプロセスの出力を別のプロセスの入力として使用するように、プロセスとジオプロセシング ツールを順に連結したダイアグラムとして表現されます。

ArcGIS Pro の ModelBuilder では、次の操作を実行できます。

  • ジオプロセシング ツール、マップ レイヤー、データセット、およびその他のデータ タイプを追加し、これらを 1 つのプロセスに接続してモデルを構築します。
  • ワークスペース内のすべてのフィーチャクラス、ラスター、ファイル、またはテーブルを反復処理します。
  • ワークフローのシーケンスを、わかりやすいダイアグラムで視覚化します。
  • ステップごとにモデルを実行するか、選択したステップまでモデルを実行するか、モデル全体を実行します。
  • モデルからジオプロセシング ツールを作成します。作成したジオプロセシング ツールは、他のユーザーと共有したり、Python スクリプトまたはその他のモデルで使用したりできます。

次のジオプロセシング モデルは、鳥類の固有種の生息域を、植生の種類、幹線道路からの距離、気候、土地の傾斜、および標高に基づいて識別するために、自然保護組織によって使用されます。

ModelBuilder の例
モデルでは、次のツールが順番に実行されます。
  1. [属性検索 (Select Layer By Attribute)] - Vegetation マップ レイヤーから、適切な植生の種類を選択します。
  2. [バッファー (Buffer)] - 幹線道路からの距離が 1,500 フィート以内のエリアを作成します。
  3. [イレース (Erase)] - 選択した植生のエリアからバッファー エリアを消去します。
  4. [インターセクト (Intersect)] - [イレース (Erase)] ツールの出力に、傾斜、標高、気候などのその他のマップ レイヤーをオーバーレイします。これにより、すべての条件を満たすエリアが識別されます。


このトピックの内容