Skip To Content

ロケーターを最新の状態に維持

新たな企業が設立された場合、新たな住宅団地が建設された場合、新たな道路が敷設された場合など、住所データと場所データは常に変化します。位置データは絶えず変化しているため、組織の最新のデータを取得することが重要となります。最新の住所データまたは場所データ (参照データ) を取得したら、ロケーターを適宜更新して、組織が常に最新のデータに対して検索を実行できるようにすることができます。

参照データの更新

市の自治体は新たに建設された住宅団地の新しい一連の区画を参照データに追加したいと考えており、郵便局は新しい住宅団地に郵便を配達するためのルートを決める必要があります。新しい区画をフィーチャクラスに追加するだけでは、ロケーターは自動的に更新されません。ロケーターを作成すると必ず、作成時の参照データのスナップショットがそのロケーターに含まれます。参照データに変更を加えたら、ロケーターを再作成して、その変更を反映させることができます。ロケーターを再作成しないと、ジオコーディングは引き続き既存のロケーターで実行されます。この場合、そのロケーターの作成された時点の参照情報の状態に基づいて、ジオコーディング結果が作成されます。

リリースごとにロケーターのルールと現地情報が変更されるため、ソフトウェアを最新の状態にすることも重要となります。最適なジオコーディング操作と結果を確保するために、リリースごとにロケーターを再作成する必要があります。

ロケーターの更新

ロケーターを更新して最新の参照データを反映させる方法には、2 通りの方法があります。現地でデータを更新して [住所ロケーターの再構築 (Rebuild Address Locator)] ツールを実行するか、[ロケーターの作成 (Create Locator)] ツールを使用して新しいロケーターを作成することができます。処理を自動化するには、Model Builder 内のモデルを使用するか、[カタログ] ウィンドウのプロジェクト履歴からツールを再実行するか、Python スクリプトを使用します。

備考:

ArcGIS Enterprise ジオデータベース内でバージョン対応データを使用している場合は、選択したバージョンのデータに対してロケーターを作成できます。ロケーターを再構築すると、当初ロケーターに対して使用されていたのと同じバージョンのデータベースに基づいて再構築されます。

ローカル ロケーターの更新

現地でデータを管理している場合は、[住所ロケーターの再構築 (Rebuild Address Locator)] ツールを実行すると、ロケーターが更新され、最新の参照データが反映されます。関連テーブルをすべて更新したら、[住所ロケーターの再構築 (Rebuild Address Locator)] ツールを実行できます。これで、最新のデータを含む新しいロケーターが作成されます。[住所ロケーターの再構築 (Rebuild Address Locator)] ツールを使用する場合は、元のロケーターとまったく同じ参照データのパス、フィールドの割り当て、テーブルが維持されていることが必要となります。別のユーザーまたはアプリケーションがロケーターを使用している場合、そのロケーターはロックされるので、再構築することができません。このため、組織内の共有デバイスで共有する前に、ロケーターをローカルに再構築しておくことをお勧めします。また、ネットワーク ドライブ上でロケーターを共有している場合は、ロケーター パッケージを使用することをお勧めします。ロケーター パッケージを使用すると、ユーザーごとにロケーターが解凍され、組織のメンバーのいずれかがロケーターを使用している場合、そのロケーターはロックされません。

また、テーブルを追加する場合やフィールドの割り当てを更新する場合は、常に [ロケーターの作成 (Create Locator)] ツールを使用して新しいロケーターを作成できます。この場合には、最新の参照データに基づいてロケーターが作成されるため、フィールドの割り当てを調整するか、別の参照データ テーブルを追加して、ジオコーディングの精度を上げることができます。

ロケーター サービスの更新

ロケーター サービスのダウンタイムを最小限に抑えるために、サーバー上でロケーター サービスを更新する前に、ロケーターをディスク上でローカルに更新しておくことが必要となります。ロケーターを再構築 (または新しいロケーターを構築) したら、新しいロケーターをサーバー サービスのディレクトリに入れ替えることができます。ロケーター サービスを更新する場合の推奨手順を次に示します。

ロケーター サービスを更新する手順

  1. 更新した基本データに基づいてロケーターを作成します。[ロケーターの作成 (Create Locator)] ツールを使用してロケーターを作成できます。
  2. 元のロケーター サービスを停止します。
  3. 万一に備えて、元のロケーター サービスのバックアップ コピーを作成しておきます。
  4. 新しいロケーターを適切なサーバー ディレクトリに入れ替えます (同じ名前のままにする必要があります)。
  5. 元のサービスを開始します。
  6. 新しいロケーターが正常に動作していることを確認します。

この手順では、ロケーター サービスのダウンタイムが最小限に抑えられます。この手順の実行中にたった 1 回サービス中断が発生するのは、新しいロケーターを適切なサーバー フォルダーにコピーしている間です。この手順の中で最も時間を要するのは、更新した参照データに基づいて新しいロケーターを作成するステップです。このソリューションでは、元のロケーター サービスがまだ実行されている場合にディスク上で発生します。

関連トピック