Skip To Content

バージョニングの概要

Standard または Advancedのライセンスで利用可能。

マルチユーザー編集のシナリオでは、バージョンを利用すると、編集者ごとに自分専用の個別のデータ表示を提供してロックを適用したりデータを複製したりすることなく、編集者は同じデータで同時に作業できます。バージョニングを使用すると、編集者が自分専用のジオデータベース内で複数の編集セッションにまたがって個別に作業できるようにすることにより、ロング トランザクションを簡単に処理できます。編集者が一連の編集を終了すると、独自バージョンの作成元の親バージョンに変更をマージし戻すことができます。ジオデータベースにあるすべての元の親バージョンはデフォルト バージョンと呼ばれます。

典型的なバージョン ツリー構造

バージョンごとにジオデータベースの別々のコピーが作成されるのではなく、 バージョンとその中で実行されるトランザクションは、システム テーブルで管理されます。バージョンによって複数の編集セッションにわたるエディターの作業が分離されるので、ユーザーは、運用バージョンでフィーチャをロックする必要がないため、他のユーザーに直接影響を与えずに編集を行うことができます。さらに編集のためにデータのコピーを作成する必要もありません。

組織によってワークフローは大きく異なります。多くの場合、ワークフローは段階的に発展し、それぞれの段階で異なるリソースの割り当てやビジネス ルールが必要になります。一般に、プロセス全体の各段階は、作業指示など、個々の作業単位を表します。各作業指示を管理するために、個別のバージョンを作成して、それを編集することができます。作業が完了したことを確認したら、変更内容をデータベースのマスター バージョンに統合することができます。バージョンをこのように操作すれば、さまざまなワークフローとデータ管理戦略に柔軟に対応できます。

以下のセクションで、バージョンの概念とワークフローの一般的概要について説明します。

バージョニング タイプ

2 つのタイプのバージョニングを使用できます。それぞれ、特定のワークフローと配置オプションに対応します。

各バージョニング タイプの利点と制限および対応するワークフローの詳細については、「エンタープライズ データ管理戦略」をご参照ください。

注意:

特に明示されない場合、バージョニングやバージョン対応データセットなどの用語はトラディショナル バージョニングを指します。ブランチ バージョンニングの概念は、フィーチャ サービスで作業している場合にのみ適用できます。

データのバージョン対応登録

バージョニングのタイプに関係なく、他のバージョンのジオデータベースに含めるためにデータをバージョン対応登録する必要があります。データをバージョン対応登録すると、編集者は自分専用のバージョンを作成し作業することにより個別で作業できるようになります。データをバージョン対応登録すると、編集はデータに対して実行される挿入、更新、削除操作を追跡されます。

データをバージョン対応登録した後で、DEFAULT バージョンから自分専用のバージョンを作成して作業を開始できます。

データのバージョン対応登録の詳細については、「データのバージョン対応登録」をご参照ください。

DEFAULT バージョン

エンタープライズ ジオデータベースにアクセスする際は、常にバージョンが使用されます。バージョン対応データセットにサクセスする際に接続するバージョンは、データベース接続自体の [ジオデータベース接続プロパティ] 内で指定されます。DEFAULT バージョンは、新しいデータベース接続が作成されるときに事前に設定されます。他のバージョンを作成すると、接続するバージョンを変更するオプションが使用可能になります。バージョニング タイプとデータ ソースに応じて、このオプションは、データベース接続に対して直接変更するか、データセットをマップに追加した後に変更できます。

他のバージョンと異なり、DEFAULT バージョンは常に存在し、削除することはできません。ほとんどのワークフローでは、DEFAULT バージョンはデータベースのマスター バージョンであり、モデルとなるシステムの現在の状態を表します。他のバージョンからの変更をポスト (反映) することにより、DEFAULT バージョンを管理および更新します。また、他のバージョンと同様に、DEFAULT バージョンを直接編集することもできます。

Default バージョンはルート バージョンであり、したがって他のすべてのバージョンの上位バージョンです。

他のバージョンの作成

バージョンを作成するには、既存のバージョンの子バージョンを作成します。したがって、最初のバージョンは、DEFAULT バージョンの子バージョンとして作成されます。このバージョンは、作成された時点では、DEFAULT バージョンとまったく同じジオデータベースの状態を表します。DEFAULT バージョンと新しいバージョンにそれぞれ独自の変更が加えられる過程で、各バージョン間に差が生じていきます。

ジオデータベースには多くのバージョンを作成することができます。[バージョン マネージャー] を使用して、エンタープライズ ジオデータベースの新しいバージョンの作成、バージョン プロパティの変更、バージョンの削除を行うことができます。他のバージョンを作成すると、ジオデータベースが接続されるバージョンを変更するオプションが使用可能になります。

バージョンが作成されるたびに、樹木のような構造が広がっていきます。 これはバージョン ツリーと呼ばれます。ジオデータベースの管理をより合理的に行うために、必要最低限の階層を持つバージョン ツリーを構成したり、複数の編集者で DEFAULT バージョンを同時に編集したりするなどの方法をお勧めします。

注意:

ブランチ バージョンニングでは、新しいバージョンを作成できるのは DEFAULT からのみで、ユーザー バージョンからは作成できません。DEFAULT から作成される子ブランチ バージョンは多数ありますが、孫バージョンはありません

バージョン管理の詳細については、「バージョンの作成、変更、削除」をご参照ください。

特定のバージョンへの接続

最初にエンタープライズ ジオデータベースに接続すると、DEFAULT バージョンに自動で接続されます。バージョニング タイプとデータ ソース,に応じて、[カタログ] ウィンドウでジオデータベースを右クリックして、[ジオデータベース コネクション プロパティ] ダイアログ ボックスを開くことにより接続先のバージョンを変更できます。ここでは、接続先のバージョンのタイプ (トラディショナルまたはブランチ) を選択できます これらの各タイプの下に、接続に使用可能なバージョンがリストされます。いずれかを選択すると。そのバージョンに接続されます。

マップにデータを追加した場合、別のバージョンを使用するように [ジオデータベース コネクション プロパティ] を修正していない限り、、データは DEFAULT バージョンから取得されます。[コンテンツ] ウィンドウで、[バージョンの変更] ダイアログ ボックスを使用して特定のバージョンに接続できます。

Oracle でユーザー スキーマ ジオデータベースに接続する場合、[ジオデータベース接続プロパティ] でこれを実行することもできます。

詳細については、「バージョンへの接続」をご参照ください。

変更内容のリコンサイルとポスト

リコンサイルおよびポストを実行すると、親バージョンや DEFAULT バージョンなど、作業しているバージョンの上位にあるバージョンに変更内容が統合されます。リコンサイルでは、編集中のバージョンにおける変更内容が、マージ先となるバージョンと比較されます。

バージョンのデータを変更する際に、データにロックは適用されません。2 人の編集ユーザーが同じバージョンまたは異なるバージョンで同じデータを編集すると、競合 (コンフリクト) が発生することがあります。競合が発生するのは、2 つの編集プロセスで同じ行に対して異なる編集が行われた場合です。リコンサイル プロセスでは、各競合が表示され、行のどちらの編集内容を採用するかを選択することができます。

リコンサイルが完了したら、変更内容をポストすることができます。これにより、変更内容が上位バージョンに適用されます。他のバージョンへポスト済みのバージョンがそれ以上必要なければ、削除することができます。あるいは、そのバージョンをさらに編集し、再びリコンサイルしてポストすることもできます。

このプロセスの詳細については、「バージョンへの編集のリコンサイルおよびポスト」をご参照ください。

ヒント:

手動でリコンサイルする代わりに、[バージョンのリコンサイル (Reconcile Versions)] ジオプロセシング ツールを使用して、複数のバージョンをリコンサイルすることができます。