Skip To Content

ArcGIS Pro での LIDAR の使用

LIDAR (light detection and ranging) は、レーザー光線を使用して、地表を高密度でサンプリングし、極めて精度の高い X、Y、Z 計測値を生成する光学リモート センシング手法です。LIDAR は、主に航空機レーザー マッピング アプリケーションで使用されており、写真測量のような従来の調査手法に代わる費用対効果の高い方式として利用が拡大しています。LIDAR は、ArcGIS を使って管理、可視化、解析、共有できる、多数の点群データセットを生成します。

ArcGIS Pro は、LAS または Optimized LAS (*.ZLAS) ファイルとして提供される LIDAR データをサポートしています。ArcGIS Pro で LIDAR データの管理および処理に使用できるフォーマット (データセット) は、ニーズに応じていくつかあります。具体的には、LAS データセット、モザイク データセット、および点群シーン レイヤーです。 また、個々の LAS または ZLAS ファイルを LAS データセットと同じサポートで ArcGIS Pro で使用できます。

メモ:

ZLAS ファイルを編集することはできません。ZLAS ファイルを圧縮解除して LAS ファイルに戻してから、ポイントに対する編集を行う必要があります。

次の表は、LAS データセットまたは LAS ファイル、モザイク データセット、および点群シーン レイヤーを使用した、ArcGIS での LIDAR サポートを比較したものです。

LIDAR データをサポートするデータ タイプ

LAS データセットまたは LAS ファイル モザイク データセット点群シーン レイヤー

ArcGIS アプリケーション

ArcCatalog、ArcScene、ArcMap、ArcGIS Pro

ArcCatalog、ArcGlobe、ArcMap、ArcGIS Pro

ArcGIS Pro

格納場所

ファイル システム

ジオデータベース

シーン レイヤー パッケージ

LAS ソース ファイルとの関係

参照

参照

キャッシュの構築

サイズ制限

ディスクの空き領域による制限

ジオデータベースのサイズ制限

ディスクの空き領域による制限

サーフェス制御

サポート対象

直接にはサポートなし (LAS データセットまたはテレイン データセット内に存在する場合はサポートあり)

サポート対象外

入力する LIDAR データ

LAS ファイル、ZLAS ファイル

LAS ファイル、テレイン データセット、LAS データセット

LAS データセット

LIDAR のタイプ

航空測量と地上測量

航空測量

航空測量と地上測量

レンダリング

2D および 3D で表示されたポイント、トライアングル サーフェス

ラスター

3D で表示されたポイント

解析

点群または TIN を取り込むことができるツール

3D Analyst ツールで使用

LAS データセット ツールで使用

ラスター データを取り込むことができるツールで使用

Spatial Analyst ツールおよびその他のラスター データセット ツールで使用

サポート対象外

表示

間引きされたポイント

クラス タイプまたはデータ タイプを選択して表示を変更可能

シンボルまたはポイント フィルター (あるいはその両方) を変更して表示を変更

キャッシュの使用で表示を高速化

クラス タイプまたはデータ タイプを選択して表示を変更可能

[レイヤー プロパティ] ダイアログ ボックスまたは [画像解析] ウィンドウを使用して表示を変更

間引きされたポイント

キャッシュの使用で表示を高速化

シンボルまたはポイント フィルター (あるいはその両方) を変更して表示を変更

ポイントの編集

LAS ファイル内のポイント分類を編集可能

ポイントの編集不可

ポイントの編集不可

他のデータとの結合

LAS ファイル、フィーチャクラス、およびシェープファイルをサポート

LAS ファイル、LAS データセット、テレイン データセット、およびその他のラスター形式をサポート

LAS データセットをサポート

個々の LAS または ZLAS ファイルの使用

個々の LAS または ZLAS ファイルを ArcGIS Pro で使用できます。これにより、LAS データセットを作成せずに、LAS または ZLAS ファイルをすばやく調べることができます。この機能を使用すると、ファイルを別のデータセットへの入力として使用する前に、データを理解できます。LAS および ZLAS ファイルは、ArcGIS Pro で LAS データセットと同様に振舞います。

LAS および ZLAS ファイルは、次のように利用できます。

  • 点群に適用された特定の LIDAR フィルターに基づいて、標高またはポイント属性レンダラーを使用し、2D または 3D でポイントとして表示されます。
  • TIN (トライアングル サーフェス モデル) としてレンダリングできます。
  • 特定の LIDAR フィルターに基づき、標高、傾斜角、傾斜方向または等高線を使用して視覚化できます。
  • 多くの 3D Analyst 解析ツールへの入力として使用されます。
  • ポイント分類を編集できます。

LAS データセットとしての LIDAR データの使用

LAS データセットを使用すると、データ変換やインポートの必要なしに、大量の LIDAR およびサーフェス データにすばやくアクセスできます。LAS ファイルが行政区域全体をカバーするために数千個に及ぶ場合でも、特定の調査区域用にわずか数個に限られている場合でも、LAS ファイルを処理できます。LAS データセットで LAS または ZLAS ファイルをすばやく調べて、LAS または ZLAS ファイル内の LIDAR データの詳細な統計情報とエリア カバレッジを得ることができます。

LAS データセットは、次のように利用できます。

  • 点群に適用された特定の LIDAR フィルターに基づいて、標高またはポイント属性レンダラーを使用し、2D または 3D でポイントとして表示されます。
  • トライアングル サーフェス モデルとしてレンダリングできます。
  • 特定の LIDAR フィルターに基づき、標高、傾斜角、傾斜方向または等高線を使用して視覚化できます。
  • 多くの 3D Analyst 解析ツールへの入力として使用されます。
  • ポイント分類を編集できます。

LAS ファイルの編集

LAS データセットを編集して、ソース LAS ファイルまたはサーフェス モデルに適用するサーフェス制御の分類を更新できます。ZLAS ファイルのポイント分類の編集は、現在サポートされていません。

モザイク データセットでの LIDAR データの使用

LIDAR データをモザイク データセットに追加することにより、ラスターとして使用し、レンダリングすることができます。これにより、次の作業が可能になります。

  • [可視領域 (Viewshed)]、[コンター (Contour)]、[プロファイル (Profile)] などのツールを使用する。
  • 体積を見積もる。
  • DEM として使用する。
  • 画像のオルソ幾何補正を行うために使用する。
  • ラスターをサポートし、LAS ファイルまたは LAS データセットをサポートしないアプリケーションで使用する。

モザイク データセットは、LAS データセットのように元のデータセットを指すポインターを格納し、すべてのポイントの形式を別の形式に変更しません。そのため、すばやく作成でき、ファイル サイズが小さく済み、追加の LAS ファイルで簡単に更新できます。なお、LAS ファイルまたは LAS データセットをラスター データセットに変換することもできます。

モザイク データセットを使用して、すべての LIDAR データをカタログにすることもできます。

点群シーン レイヤーを使用した LIDAR データの共有

点群シーン レイヤーを使用すると、シンボル表示されフィルター処理された大量の点群データをすばやく表示できます。これらのレイヤーは、さまざまな種類のセンサー データ (LIDAR など) の表示と共有のために最適化されています。点群シーン レイヤーは、サービス レイヤーとして公開し、[パッケージの共有 (Share Package)] ジオプロセシング ツールを使用して Portal for ArcGIS または ArcGIS Online にアップロードできます。

関連トピック