Skip To Content

プロシージャル シンボル

プロシージャル シンボルは、スクリプトベースのロジックを使用して単純なジオメトリから複雑な 3D オブジェクトおよびテクスチャを構築し、ポイント、ポリゴン、またはマルチパッチ フィーチャを表示します。たとえば、プロシージャル シンボルを使用して、リアリティのある樹木のポイント フィーチャ、17 世紀のパリの建物のポリゴン フィーチャ、またはルールベースで描画されたテクスチャによるマルチパッチ フィーチャをレンダリングできます。

塗りつぶしシンボル レイヤーマーカー シンボル レイヤーはいずれも、3D コンテキスト内でプロシージャルにすることができます。2D コンテキスト内では、プロシージャル シンボル コンテンツは無視され、描画されません。

プロシージャル シンボルは、CityEngine ルール パッケージ (*.rpk) 内のロジックを利用してフィーチャを描画します。ルール パッケージは、構成用に特定のシンボル プロパティが提供されるように設計されています。これらのシンボル プロパティを調整したり、プロパティをフィーチャの属性フィールドに接続したりして、プロシージャル シンボル レイヤーの外観をカスタマイズできます。

ArcGIS Pro には、プロシージャル シンボル レイヤーを含むシンボルが格納されたシステム スタイルが用意されています。または、CityEngine で独自のプロシージャル シンボルを作成し、*.rpk ファイルとしてエクスポートすることで ArcGIS Pro 内で使用できます。追加のルール パッケージを ArcGIS Online で検索してダウンロードできます。

ヒント:
  • プロシージャル レイヤーを含むシンボルをギャラリーで検索するときは、検索ワードとして「procedural」または「rpk」を使用してみてください。
  • ArcGIS Online でルール パッケージを検索するときは、「rpk」を検索します。

プロシージャル シンボルを作成するには、次の手順に従います。

  1. [コンテンツ] ウィンドウで、変更するシンボルをクリックします。

    [シンボル] ウィンドウの [シンボルの書式設定] モードが表示され、現在のシンボルが示されます。

  2. [シンボル] ウィンドウで、[プロパティ] ビューに切り替えて [レイヤー] タブ レイヤー をクリックし、現在のシンボルのシンボル レイヤーを表示します。シンボル レイヤーは 1 つしか表示されないことがあります。
  3. シンボルの既存のマーカー シンボル レイヤーまたは塗りつぶしシンボル レイヤーをハイライト表示するか、最初に [構造] タブ 構造物 から新しいシンボル レイヤーを追加します。

    マーカー シンボル レイヤー

    プロシージャル マーカー シンボル レイヤーはポイント シンボル内にのみ存在できます。ライン沿い、ポリゴンのアウトライン沿い、またはポリゴン内部のプロシージャル マーカーはサポートされていません。

    塗りつぶしシンボル レイヤー

    プロシージャル塗りつぶしシンボル レイヤーは、ポリゴン シンボル、メッシュ シンボル、ポイント シンボル (シンボル効果を含む)、およびライン シンボル (シンボル効果を含む) 内に存在できます。

  4. シンボル レイヤーの見出しのドロップ ダウン メニューで、[プロシージャル マーカー] (マーカー シンボル レイヤーの場合) または [プロシージャル塗りつぶし] (塗りつぶしシンボル レイヤーの場合) を選択します。
  5. [ルール] ボタンをクリックして、ルール パッケージを選択します。

    マーカー シンボル レイヤー (ポイント シンボル内)

    ルール パッケージの @StartRule には、このパッケージがポイント ジオメトリを対象とすることを示す @InPoint アノテーションが指定されている必要があります。

    ポリゴン、ポイント、またはライン シンボル内の塗りつぶしシンボル レイヤー

    ルール パッケージの @StartRule には、このパッケージがポリゴン ジオメトリを対象とすることを示す @InPolygon アノテーションが指定されている必要があります。

    メッシュ シンボル内の塗りつぶしシンボル レイヤー

    ルール パッケージの @StartRule には、このパッケージがマルチパッチ ジオメトリを対象とすることを示す @InMesh アノテーションが指定されている必要があります。

    このルール パッケージで提供されるプロパティがウィンドウに表示されます。ルール パッケージ内で名前とデータ タイプがフィーチャの属性フィールドと一致するシンボル プロパティは、自動的にそのフィールドに接続されます。

    プロシージャル ルールのプロパティにはデフォルト値があり、それらは各プロパティの横に表示されています。しかし、プロシージャル シンボルの機能は、一部のプロパティをデータ内のフィールドに接続したり条件式を作成するときに発揮されます。これらのいずれかを行うには、プロパティの横にある [定義された属性マッピングなし] ボタン 定義された属性マッピングなし をクリックします。[属性マッピングの設定] ダイアログ ボックスで、フィールドを選択したり、[式の設定] ボタン 式の設定 をクリックして、Arcade または VBScript で条件式を作成したりすることができます。

ヒント:

他のすべてのレイヤーを削除することを検討します。それらのレイヤーが存在していると、プロシージャル シンボル レイヤーの表示が妨げられる可能性が高いからです。[構成] タブ 構造物 で、シンボル レイヤーの横にある [削除] ボタン 削除 をクリックして、そのレイヤーを削除します。

関連トピック