Skip To Content

フィーチャ レイヤーのシンボル化

データがフィーチャ レイヤーに含まれている場合、フィーチャ レイヤーをシンボル表示することで、データの表現方法を変更できます。ArcGIS Pro には、フィーチャ レイヤーに対してさまざまなシンボル表示方法 (シンボル) が用意されています。

  • 単一シンボル - レイヤー内のすべてのフィーチャを共通のシンボルで描画します。
  • 個別値 - 1 つ以上のフィールドに基づいて、レイヤー内のフィーチャのカテゴリごとに異なるシンボルを適用します。
  • 等級色 - 色の範囲でフィーチャ値の定量的な差異を示します。
  • 等級シンボル - さまざまなシンボル サイズでフィーチャ値の定量的な差異を示します。
  • ストレッチ - 個別のクラスに分類されていない色の範囲でフィーチャ値の定量的な差異を示します。
  • 比例シンボル - 数値を一連のストレッチ比例シンボルとして表現します。
  • ドット密度 - 数値をポリゴン内で分散されたポイント シンボルとして描画します。ポリゴン フィーチャにのみ使用できます。
  • チャート - チャート シンボルを使用して複数フィールドの数値を描画します。
  • ヒート マップ - ポイントの密度を色の連続的なグラデーションとして描画します。
  • 辞書 - 複数の属性を使用してシンボルをデータに適用します。
  • プリセット レイヤー - 最適化されたパフォーマンスと表示品質を保証するプロパティの小さなリストを使用して、フィーチャを描画します。このようにしてシンボル化されたレイヤーでは、以下に示すシンボル書式設定オプションの一部は使用できません。

ほとんどのフィーチャ レイヤーでは、上記のシンボル タイプのいずれかが使用されています。データ タイプに応じて、複数またはすべてのシンボル タイプを選択できます。これらの選択項目が適用されると、レイヤー内のフィーチャはデフォルトのシンボルでシンボル化されます。

[プライマリ シンボル] タブでシンボルをクリックし、[シンボル] ウィンドウの [シンボルの書式設定] モードからシンボルを変更することもできます。[シンボルの書式設定] モードには、以下の 2 つのタブがあります。

  • スタイルでシンボルを参照または検索するには、[ギャラリー] タブをクリックします。
  • 現在のシンボルのプロパティを変更するには、[プロパティ] タブをクリックします。

一度に 1 つのシンボルを操作する場合は、どのプロパティでも変更でき、コンポーネントを追加または削除してシンボルを再構成することもできます。複数のシンボルを選択している場合は、基本的なシンボル プロパティだけを変更できます。基本的なシンボル プロパティは、次の表のようにシンボル タイプによって異なります。

シンボル タイプ基本プロパティ

ポリゴン

  • アウトライン色
  • アウトライン幅

ライン

  • ライン幅

ポイント

  • サイズ
  • 角度
  • ハロー
  • 角度基準 (2D マップの場合のみ)
  • ビルボード (3D レイヤー内のみ)
  • 回転順序 (3D レイヤー内のみ)
  • 実世界の単位で表示 (3D レイヤー内のみ)

メッシュ

フィーチャ レイヤーへのシンボルの適用

  1. [コンテンツ] ウィンドウでタイトルをクリックして、フィーチャ レイヤーをハイライト表示します。

    リボンに [フィーチャ レイヤー] コンテキスト タブが表示されます。

  2. [表示設定] タブの [描画] グループにある [フィーチャ レイヤー] で、[シンボル] の下にある矢印をクリックして、レイヤーのシンボル化方法を選択します。

    [シンボル] ウィンドウが開きます。ここで、レイヤーを分類およびシンボル化する方法をさらにカスタマイズできます。

  3. [シンボル] ウィンドウでシンボルをクリックし、[シンボル] ウィンドウの [シンボルの書式設定] モードを開いて変更を加えます。

    一度に複数のシンボルの基本的なプロパティを変更するには、Shift + クリック操作または Ctrl + クリック操作でシンボルを選択してから右クリックし、[シンボルの書式設定] を選択します。すべてのシンボルを変更するには、[オプション] > [すべてのシンボルの書式設定] の順にクリックします。

  4. [シンボル] ウィンドウの [シンボルの書式設定] モードでは、スタイルから新しいシンボルを選択してすべての選択済みシンボルに適用するか、現在のシンボルのプロパティを変更します。
    • スタイルでシンボルを参照または検索するには、[ギャラリー] タブをクリックします。
    • 現在のシンボルのプロパティを変更するには、[プロパティ] タブをクリックします。

    [ギャラリー] でシンボルをクリックすると、そのシンボルがレイヤー内の選択済みクラスにすぐに適用されます。

  5. [プロパティ] の下にある [シンボル] タブ シンボル から現在のシンボルを変更できます。
    1. [シンボル] ウィンドウの [シンボルの書式設定] モードの下部にあるプレビュー ウィンドウで、選択中のシンボルの外観をプレビューすることができます。複数のシンボルを選択している場合は、プレビューの横にある矢印をクリックして、一連のシンボルを 1 つずつスクロールします。シンボルをプレビューする方法の詳細
    2. [適用] をクリックして、レイヤーに対するシンボルの変更内容を確定し、マップを再描画します。
  6. [戻る] Back ボタンをクリックして、[シンボル] ウィンドウに戻ります。
ヒント:

コンテンツ ウィンドウでシンボルをクリックして、直接 [シンボル] ウィンドウの [シンボルの書式設定] モードを開くこともできます。

凡例パッチの適用

単一シンボル個別値、および等級色シンボルの場合、ラインまたはポリゴン フィーチャ レイヤーの凡例パッチを変更して、フィーチャ レイヤー データを詳細にシンボル表示できます。凡例パッチによって、[シンボル] ウィンドウ、[コンテンツ] ウィンドウ、およびレイアウトの凡例に表示されるシンボルのプレビュー形状が変更されます。ArcGIS Pro で使用可能なすべてのパッチ スタイルを次の表に示します。

パッチの形状ラインパッチの形状ポリゴン

水平

水平

四角形

四角形

ジグザグ、角度付き、円弧、曲線

ジグザグ、角付き、円弧、曲線

角丸四角形、円、楕円

角丸四角形、円、楕円

トレイル、河川

トレイル、河川

建物、境界線、水域、自然地域

建物、境界線、水域、自然地域

凡例パッチを変更するには、次の手順に従います。

  1. [コンテンツ] ウィンドウでタイトルをクリックして、フィーチャ レイヤーをハイライト表示します。

    リボンに [フィーチャ レイヤー] コンテキスト タブが表示されます。

  2. [フィーチャ レイヤー] にある [表示設定] タブの [描画] グループで、[シンボル] ボタン シンボル表示 をクリックします。
  3. [シンボル] ウィンドウの [プライマリ シンボル] タブ プライマリ シンボル で、シンボルの横にある [凡例のパッチ形状の更新] ドロップダウン矢印をクリックします。
  4. メニューから凡例パッチの形状を選択します。

関連トピック