Skip To Content

3D でサポートされていない描画

ある特定のシンボルとジオメトリの組み合わせはサポートされていないため、一部のシンボル プロパティを無視する必要がある場合、予期せぬ結果に描画されることがあります。この状況は、通常、シーン ビュー内の 3D レイヤーで発生します。よく起こる状況としては、次のものがあります。

  • 単色の塗りつぶしシンボル レイヤーだけを含むポリゴン シンボル以外のポリゴン シンボルで描画されたマルチパッチ
  • 3D のグラデーションまたはハッチ塗りつぶし
  • 3D のグラデーション ストローク
  • 3D でハローを使用するマーカー シンボル レイヤー

3D のシンボルには、次の制限があります。

  • ポリゴンのアウトラインは、シンボル効果を持たない帯である場合、または帯、壁、管シンボル プロファイルに関係なく、シンボル効果なしで立ち上げられる場合、1 ピクセル幅で描画されます。
  • キャップと結合は、設定に関係なく、常にストリップ上に [バット] タイプとして描画されます。このため、[半円] キャップの付いた非常に小さな破線を使用して、点線ストリップを表すことはできません。代わりに、ラインに沿って配置された円形のマーカーを使用して、点線を表します。
  • シンボル効果およびマーカー配置のプロパティは、3D ではメートルで計算されます。レイヤーがページ単位である場合は、1 ポイント = 25 メートルの変換が適用されます。
  • ラインに沿った過剰な破線またはマーカーを含むシンボルを作成する場合は、メモリ制限に達する可能性があります。
  • プロシージャル シンボル レイヤーは、参照先のルール パッケージがプロジェクト ディレクトリに見つからない場合は描画されません。[シンボル] ウィンドウで、プロシージャル シンボル レイヤーの [ルール] ボタンをクリックして、参照先となる有効なルール パッケージを選択します。

次のようなシンボル効果またはマーカー配置のパラメーターは 3D では使用できません。

  • [ドーナッツ] および [オフセット] 効果のオプション
  • ポリゴン マーカー配置のクリップ オプション

関連トピック