Skip To Content

スタイルの管理

スタイルはマップ、シーン、およびレイアウト上に表示されるシンボルやその他のアセットなどの再利用可能なアイテムのコレクションであり、プロジェクトに保存されています。

スタイルプロジェクトにスタイルを追加する方法の詳細

スタイル

スタイルはさまざまなタイプのアイテムを格納します。アイテムの各タイプはスタイル アイテム クラスに属します。使用可能なスタイル アイテムを次に示します。

スタイルの操作

スタイルの整理と検索を簡単に実行できるように、スタイルごとに説明と名前付きの一連のタグが設定されています。この情報は、[カタログ ビュー] でスタイルの [説明] パネルに表示されます。スタイルに含まれる異なるスタイル アイテムの数を表示するには、[詳細] パネルの [プロパティ] タブを開きます。空のスタイル アイテム クラスは、[プロパティ] タブには表示されません。

  1. カタログ ビューをアクティブにします。カタログ ビューがプロジェクトで開いていない場合は、[ビュー] タブの [ウィンドウ] グループで [カタログ ビュー] カタログ ビュー をクリックします。
  2. [コンテンツ] ウィンドウで [スタイル] をクリックします。

    カタログ ビューには、すべてのプロジェクト スタイルのタイルが一覧表示されます。[管理] タブの下に [スタイル] タブが表示されます。

  3. カタログ ビュー内のスタイル スタイル ファイル (*.stylx) をクリックします。
  4. [詳細] パネルにある [プロパティ] タブをクリックします。[詳細] パネルが開いていない場合は、[ビュー] タブにある [オプション] グループで、[詳細パネルの表示] チェックボックスをオンにします。

    スタイル クラス アイテムが含まれているスタイル内のすべてのクラスとその数がリストに表示されます。

  5. [詳細] パネルにある [説明] タブをクリックします。

    スタイルの名前、ステータス、説明、およびタグが一覧表示されます。

  6. 変更するには、スタイルの説明またはタグを入力または修正して、[適用] をクリックします。

    読み取り専用のプロジェクト スタイルの説明やタグを変更することはできません。

注意:

同時に複数のスタイルを選択できます。これらのスタイルの説明やタグが一致していないと、複数の値が存在することを示すメッセージが表示されます。選択したスタイルの説明を新規に入力してもかまいませんが、これらのスタイルの説明やタグがすでに存在する場合は、既存の説明やタグが上書きされるので注意してください。

スタイルのアップグレード

シンボルとその他のスタイルの基本的な構造は、ArcGIS Pro の今後のリリースで変更されることがあります。基本的な構造が変更されると、以前のバージョンで作成されたスタイルが最新のものでなくなります。最新でないスタイルもプロジェクトで使用できます。ギャラリーに含まれるアイテムを表示したら、選択して使用することができます。スタイルは現在のバージョンにアップグレードされるまで読み取り専用です。スタイルのコンテンツは、アップグレードしない限り、追加、削除、変更することができません。また、最新でないスタイルを使用すると、パフォーマンスがわずかに低下することがあります。

  1. カタログ ビューをアクティブにします。カタログ ビューがプロジェクトで開いていない場合は、[ビュー] タブの [ウィンドウ] グループで [カタログ ビュー] カタログ ビュー をクリックします。
  2. [コンテンツ] ウィンドウで [スタイル] をクリックします。

    すべてのプロジェクト スタイルのタイルが [カタログ] ビューに表示されます。

  3. カタログ ビュー内のスタイル スタイル ファイル (*.stylx) をクリックします。
  4. [詳細] パネルにある [説明] タブをクリックします。[詳細] パネルが開いていない場合は、[ビュー] タブにある [オプション] グループで、[詳細パネルの表示] チェックボックスをオンにします。

    スタイルの名前、ステータス、説明、およびタグが一覧表示されます。

  5. スタイルが以前のバージョンの ArcGIS Pro で作成されたものであるため、読み取り専用になっていることがステータスに示されている場合は、[アップグレード] をクリックして、そのスタイルをアップグレードします。カタログ ビューで、スタイルを右クリックして [アップグレード] をクリックすることもできます。

サポートされていないスタイル

スタイルがサポートされていないことがステータスに示されている場合は、新しいバージョンの ArcGIS Pro でスタイルが作成またはアップグレードされたか、何らかの理由でスタイルが破損しています。スタイルが配置されているパスを確認します。正しいバージョンのスタイルのコピーが生成された可能性があります。代わりに、そのバージョンを追加します。

スタイル クラス

1 つのスタイルに複数のスタイル クラスを含めることができます。各スタイル クラスは、単一のスタイル アイテム タイプ (ポイント シンボルなど) のコレクションです。

スタイル クラスのコンテンツを表示

[カタログ] ビューには、スタイル内のスタイル クラスごとのアイテムを表示できます。

  1. カタログ ビューをアクティブにします。カタログ ビューがプロジェクトで開いていない場合は、[ビュー] タブの [ウィンドウ] グループで [カタログ ビュー] カタログ ビュー をクリックします。
  2. [コンテンツ] ウィンドウで [スタイル] スタイル フォルダー をクリックします。
  3. プロジェクト スタイルをダブルクリックして開きます。
  4. [スタイル] タブの [整理] グループで、[表示] ドロップダウン矢印をクリックして、表示するスタイル クラスを選択します。このメニューが非アクティブの場合は、カタログ ビュー内のスタイル アイテムのいずれかをクリックします。

    このリストには、設定されているスタイル クラスだけが表示されます。

ヒント:
  • スタイル アイテム名の長さに応じてタイル表示または列表示を切り替えることができます。[表示] タブの [オプション] グループで [表示タイプ] ドロップダウン矢印 リスト ビュー をクリックします。[列] リスト ビュー または [タイル] アイコン表示 を選択します。
  • アクティブなカタログ ビュー内のスタイル クラス アイテムを並べ替えることができます。スタイル アイテムの並べ替えは列またはタイルで実行できます。列の場合は、列見出しをクリックします。タイルの場合は、[スタイル] タブの [整理] グループで [並べ替え] ドロップダウン矢印をクリックします。[ID で並べ替え] ID で並べ替え または [名前で並べ替え] 名前で並べ替え を使用して、タイルを並べ替えることができます。デフォルトの並べ替え順に戻すには、[スタイル] タブの [整理] グループで、[デフォルト] ドロップダウン矢印をクリックしてから [デフォルトの並べ替え] をクリックします。
  • [プレビュー] ウィンドウでスタイル アイテムを確認できます。[表示] タブの [オプション] グループで、[詳細パネルの表示] チェックボックスをオンにしてパネルを開いた後、[プレビュー] タブをクリックします。

スタイル アイテム

スタイル アイテムは、スタイル内のスタイル クラスに格納されている個々のアイテムです (1 つのシンボルや 1 つの縮尺記号など)。

新しいスタイル アイテムを作成

新しいスタイル アイテムをプロジェクト スタイル内に作成できます。また、スタイルが編集可能な場合は、お気に入りのスタイル内にも作成することができます。ソフトウェアと併せてインストールされているシステム スタイルは読み取り専用です。お気に入りのスタイルは常に編集可能です。スタイルで直接作成できるのは、シンボル、ラベル配置、色、配色のみです。

スタイルへの接続方法またはスタイルの作成方法の詳細

  1. カタログ ビューをアクティブにします。カタログ ビューがプロジェクトで開いていない場合は、[ビュー] タブの [ウィンドウ] グループで [カタログ ビュー] カタログ ビュー をクリックします。
  2. [コンテンツ] ウィンドウで [スタイル] をクリックします。

    すべてのプロジェクト スタイルのタイルが [カタログ] ビューに表示されます。

  3. 編集可能なプロジェクト スタイル スタイル ファイル (*.stylx) をクリックします。
    メモ:

    システム スタイルは編集できません。

  4. [管理][スタイル] タブにある [作成] グループで、[新しいアイテム] ドロップダウン矢印をクリックして、作成するスタイル アイテムのタイプを選択します。

    デフォルト プロパティが定義されたスタイル アイテムがそれに対応するスタイル クラス内に作成されます。

スタイル アイテムのコピーと貼り付け

システム スタイルは読み取り専用ですが、アイテムをシステム スタイルからコピーして、お気に入りのスタイル お気に入りのスタイル または編集可能なその他のプロジェクト スタイルに貼り付けることができます。これらのコピーしたアイテムを変更して、プロジェクト内で使用することもできます。

  1. カタログ ビューをアクティブにします。カタログ ビューがプロジェクトで開いていない場合は、[ビュー] タブの [ウィンドウ] グループで [カタログ ビュー] カタログ ビュー をクリックします。
  2. [コンテンツ] ウィンドウで [スタイル] をクリックします。

    すべてのプロジェクト スタイルのタイルが [カタログ] ビューに表示されます。

  3. 特定のスタイル スタイル ファイル (*.stylx) をダブルクリックして、そのスタイルのいずれかのクラスを開きます。

    [管理][スタイル] タブにある [整理] グループで、[表示] ドロップダウン矢印をクリックして、表示するスタイル クラスを選択します。

  4. 特定のスタイル アイテムを選択します。
  5. [スタイル] タブの [クリップボード] グループで [コピー] コピー をクリックします。
  6. [カタログ] ビューで、編集可能なプロジェクト スタイル スタイル ファイル (*.stylx) に移動します。
  7. [スタイル] タブの [クリップボード] グループで [貼り付け] 貼り付け をクリックします。

    そのスタイル クラス アイテムがスタイル内の該当するスタイル クラスに追加されます。これで、必要に応じてそのスタイル クラス アイテムを変更できます。

ヒント:

  • スタイル クラス アイテムをお気に入りのスタイル お気に入りのスタイル に直接コピーできます。[スタイル] タブの [管理] グループで [お気に入りに追加] お気に入り をクリックします。
  • スタイル クラス アイテムを編集可能なその他のプロジェクト スタイルに直接コピーできます。[スタイル] タブの [管理] グループで [スタイルに保存] スタイルに保存 をクリックします。

スタイル アイテムの変更

スタイル アイテムには、その外観を決定する固有のプロパティがあります。このプロパティは、サイズや色などのグラフィックス プロパティです。スタイル アイテムには、そのアイテムの整理と検索を簡単に実行できるようにするための説明的情報も設定されています。

スタイル アイテム プロパティの変更

スタイル アイテムの外観と振舞いは、そのスタイル アイテムに固有のグラフィックス プロパティによって決まります。プロパティを変更できるのは、編集可能なプロジェクト スタイル内のスタイル アイテムに限ります。

  1. カタログ ビューをアクティブにします。カタログ ビューがプロジェクトで開いていない場合は、[ビュー] タブの [ウィンドウ] グループで [カタログ ビュー] カタログ ビュー をクリックします。
  2. [コンテンツ] ウィンドウで [スタイル] をクリックします。

    すべてのプロジェクト スタイルのタイルが [カタログ] ビューに表示されます。

  3. 特定のスタイルをダブルクリックして、そのスタイルのいずれかのクラスを開きます。

    [管理][スタイル] タブにある [整理] グループで、[表示] ドロップダウン矢印をクリックして、表示するスタイル クラスを選択します。

  4. カタログ ビューでスタイル アイテムを選択します。
  5. [詳細] パネルにある [プロパティ] タブをクリックします。[詳細] パネルが開いていない場合は、[ビュー] タブにある [オプション] グループで、[詳細パネルの表示] チェックボックスをオンにします。

    スタイル クラス アイテムが含まれているスタイル内のすべてのクラスとその数がリストに表示されます。

  6. スタイル アイテムを編集したら、[適用] をクリックします。プレビュー ウィンドウを使用して、2D または 3D で編集内容を拡大、縮小、表示します。

    読み取り専用のプロジェクト スタイル内のスタイル アイテムの説明を変更することはできません。

メモ:

  • 複数のシンボルが選択されている場合は、これらのシンボルの基本プロパティしか変更できません。一度に 1 つのシンボルを選択して、すべてのシンボル プロパティにアクセスします。
  • 方位記号と縮尺記号のプロパティは、カタログ ビュー内のスタイルでは編集できません。

スタイル アイテムの説明の変更

スタイル アイテムの説明的情報として、名前、カテゴリ、およびタグがあります。編集可能なプロジェクト スタイル内のスタイル アイテムの場合は、これらの情報を変更できます。

  1. カタログ ビューをアクティブにします。カタログ ビューがプロジェクトで開いていない場合は、[ビュー] タブの [ウィンドウ] グループで [カタログ ビュー] カタログ ビュー をクリックします。
  2. [コンテンツ] ウィンドウで [スタイル] をクリックします。

    すべてのプロジェクト スタイルのタイルが [カタログ] ビューに表示されます。

  3. 特定のスタイル お気に入りのスタイル をダブルクリックして、そのスタイルのいずれかのクラスを開きます。

    [管理][スタイル] タブにある [整理] グループで、[表示] ドロップダウン矢印をクリックして、表示するスタイル クラスを選択します。

  4. カタログ ビューでスタイル アイテムを選択します。
  5. [詳細] パネルにある [説明] タブをクリックします。[詳細] パネルが開いていない場合は、[ビュー] タブにある [オプション] グループで、[詳細パネルの表示] チェックボックスをオンにします。

    そのスタイルの名前、カテゴリ、タグ、およびキーが一覧表示されます。

  6. 必要に応じて編集を行い、[適用] をクリックします。

    読み取り専用のプロジェクト スタイルの説明を変更することはできません。

注意:

複数のスタイル アイテムが選択されている場合は、[説明] タブで加えた変更が選択済みのすべてのスタイル アイテムに適用されますが、その他の情報が上書きされる可能性があります。

関連トピック