Skip To Content

Web シーンの共有

ArcGIS Pro のシーンをアクティブなポータルで Web シーンとして共有できます。Web シーンは、地理情報を対話形式で表示できるので、視覚化と解析のために Web 上で 3D データを公開する必要がある場合に便利です。ArcGIS Pro およびScene Viewerを使用して、Web シーンを表示および操作できます。

WKID (Well-known ID) を含む投影座標系を使用するグローバル シーンおよびローカル シーンを、Web シーンとして共有できます。データ レイヤーを使用してシーンが作成された場合、Web シーンが共有されるときに、シーンの座標系で新しい Web レイヤーが公開されます。ベースマップおよび標高レイヤーを含むすべての既存の Web レイヤーは、それらのタイル スキーマが特定の要件を満たしている場合に、Web シーンで参照されます。Web シーンの作成要件の詳細については、「Web シーンの作成」をご参照ください。

Web シーンを共有するには、次のアカウントが必要です。

  • コンテンツを作成する権限を持つ ArcGIS 組織に属しているアカウント。
  • シーンにフィーチャ レイヤー、ラスター レイヤー、マルチパッチ レイヤーのいずれかが含まれている場合、シーンを Web シーンとして共有すると、新しい Web レイヤーが公開されます。その場合、アカウントは、Web レイヤーを公開する権限も持つ必要があります。
  • アクティブな 3D シーン。

共有ジョブの処理中にそのまま ArcGIS Pro での作業を続けることができます。ArcGIS Pro を閉じてもかまいません。[ジョブ ステータス] ウィンドウから共有ジョブのステータスを監視できます。

シーンを Web シーンとして共有

Web シーンを共有するには、次の手順に従います。

  1. シーンを開きます。
  2. [共有] タブの [共有] グループで [Web シーン]3D シーン ビュー をクリックします。

    [Web シーンの共有] ウィンドウが表示されます。

  3. Web シーンの名前を入力します。
  4. [概要] フィールドと [タグ] フィールドに値を入力します。
  5. [フォルダー] メニューを使用して、Web シーンをポータル コンテンツに格納するフォルダーを指定します。デフォルトでは、Web シーンおよび新しい Web レイヤーはコンテンツのルートに格納されます。

    すべての新しい Web レイヤーも、別のフォルダーを使用するよう構成していない限り、指定のフォルダーを使用します。レイヤーのタイプに応じて、ArcGIS Enterprise で共有する場合、構成時に [サーバーおよびフォルダー] を指定することもできます。これにより、サービスを公開するフェデレーション サーバーや、サービスを格納するサーバー上のフォルダーを指定できます。フォルダーが存在しない場合は、テキスト ボックスにフォルダー名を入力します。デフォルトでは、サービスはルート フォルダーに格納されます。

  6. Web シーンの共有方法を次の手順で指定します。
    • [すべての人に公開] - このオプションを選択すると、コンテンツがパブリックになります。誰もがコンテンツにアクセスして表示することができます。
    • [組織] - このオプションは、組織アカウントでサイン インした場合に表示されます。このオプションを選択すると、コンテンツを組織内のすべての認証済みユーザーと共有できます。
    • [グループ] - 所属するグループのメンバーとコンテンツを共有できます。

    [すべてのユーザー] と共有する場合、Web シーンを利用する各ユーザーがすべての既存のコンテンツにアクセスできることを確認してください。ArcGIS Pro によって、既存のコンテンツの共有設定は更新されません。

  7. 必要に応じて、[コンテンツ] タブをクリックします。[コンテンツ] タブでは、次の操作を実行できます。
    • [新しいコンテンツ] タブ 新しいコンテンツ をクリックし、Web シーンを共有したときに作成される新しいコンテンツを表示および構成します。
    • [既存のコンテンツ] タブ 既存のコンテンツ をクリックして、シーン内の既存の Web レイヤーを表示します。
  8. [分析] をクリックして、エラーや問題がないか確認します。すべてのエラーを解決する必要があります。何らかの問題が見つかった場合は、[メッセージ] タブに表示されます。各メッセージを右クリックすると、詳しい情報の表示、エラーや警告に関するヘルプの参照、推奨する解決策を入手できます。
  9. 整合チェック後、[共有] をクリックし、デフォルトの構成を使用して Web シーンを共有します。
  10. Web シーンが正常に共有されたら、[Web シーンの管理] リンクをクリックして Web シーンを管理します。

Web シーンの構成

Web シーンを共有すると、ラインおよびポリゴン レイヤーが Web フィーチャ レイヤーとして共有され、ラスター レイヤーが Web タイル レイヤーとして共有されます。マルチパッチおよびポイント レイヤーは Web シーン レイヤーとして共有されます。[地表] サーフェスのすべての標高ソースは、Web 標高レイヤーとして共有されます。Web シーンを共有する前に、Web シーンで参照される新しい Web レイヤーを構成できます。

  1. [コンテンツ] タブをクリックします。
  2. 必要に応じて、[新しいコンテンツ] タブ 新しいコンテンツ をクリックします。
  3. 2D レイヤーを共有するときに指定される Web レイヤーのタイプを変更するには、該当する Web レイヤーまたは 1 つ以上のサブレイヤーを右クリックしてから、次のいずれかをクリックします。
    • Web タイル レイヤーに変更
    • Web フィーチャ レイヤーに変更
  4. 3D ポイント レイヤーを Web シーン レイヤーからただの Web フィーチャ レイヤーに変換するには、次のいずれかを実行します。
    • Web シーン レイヤーを右クリックして、[Web シーン レイヤーの削除] をクリックします。
    • 1 つ以上のサブレイヤーを右クリックして [Web シーン レイヤーから削除] をクリックします。
  5. Web レイヤーを構成するには、該当する Web レイヤーを右クリックして [Web レイヤー プロパティの構成] をクリックします。[Web レイヤーの構成] サブウィンドウが表示されます。このサブウィンドウには、次の 3 つのタブがあります。

    すべての Web タイルと標高レイヤーは、同じタイル スキーマを使用する必要があります。1 つのキャッシュ Web レイヤーのタイル スキーマを変更すると、その他すべてのキャッシュ Web レイヤーのタイル スキーマが更新され、[詳細レベル] への変更が上書きされます。

  6. [戻る] ボタン 戻る をクリックして、[Web シーンの共有] ウィンドウに戻ります。
  7. [分析] をクリックして、エラーや問題がないか確認します。すべてのエラーを解決する必要があります。何らかの問題が見つかった場合は、[メッセージ] タブに表示されます。各メッセージを右クリックすると、詳しい情報の表示、エラーや警告に関するヘルプの参照、推奨する解決策を入手できます。
  8. [共有] をクリックします。

古いポータルで共有する際の考慮事項

Web シーンは任意のポータルで共有できますが、Portal for ArcGIS のバージョンによっては一部の機能がサポートされません。古いバージョンで共有する場合の制限を以下に示します。

Portal for ArcGIS 10.3 以前

マルチパッチおよびポイント レイヤーは、Web シーン レイヤーではなく、Web フィーチャ レイヤーとして共有されます。

Portal for ArcGIS 10.3.1

ポイント レイヤーは、Web シーン レイヤーではなく、Web フィーチャ レイヤーとして共有されます。

関連トピック