Skip To Content

Web シーンの共有

ArcGIS Pro のシーンをアクティブなポータルで Web シーンとして共有できます。Web シーンとは地理情報を対話形式で表示したもので、データを 3D で視覚化し、分析することが可能になります。ArcGIS Pro およびScene Viewerを使用して、Web シーンを表示および操作できます。

WKID (Well-known ID) を含む投影座標系を使用するグローバル シーンおよびローカル シーンを、Web シーンとして共有できます。シーンを共有したときに作成される新しい Web レイヤーでは、シーンの座標系が使用されます。シーンに既存の Web レイヤー (ベースマップや標高レイヤーなど) が含まれる場合、これらのタイル スキーマが特定の要件を満たしていれば、Web シーンに含まれます。Web シーンの作成要件の詳細については、「Web シーンの作成」をご参照ください。

Web シーンを共有するには、次のアカウントが必要です。

  • コンテンツを作成する権限を持つ ArcGIS 組織に属しているアカウント。
  • アクティブな 3D シーン。
  • シーンにフィーチャ レイヤー、ラスター レイヤー、マルチパッチ レイヤーのいずれかが含まれている場合、シーンを共有すると、新しい Web レイヤーが作成されます。その場合、アカウントは、Web レイヤーを公開する権限も持つ必要があります。

共有ジョブの処理中にそのまま ArcGIS Pro での作業を続けることができます。ArcGIS Pro を閉じてもかまいません。[ジョブ ステータス] ウィンドウから共有ジョブのステータスを監視できます。

デフォルト構成を使用した Web シーンの共有

このワークフローでは、デフォルト設定を使用して Web シーンを共有する方法について説明します。新しい Web レイヤーのデフォルト構成を変更する方法については、「Web シーンの構成」をご参照ください。

  1. シーンを開きます。
  2. リボンの [共有] タブをクリックします。[共有] グループで、[Web シーン] 3D シーン ビューをクリックします。

    [Web シーンの共有] ウィンドウが表示されます。

  3. デフォルト名を使用するか、Web シーンに新しい名前を指定します。

    デフォルト名は ArcGIS Pro シーンの名前です。

  4. [概要] フィールドと [タグ] フィールドに値を入力します。
  5. あるいは、[フォルダー] ドロップダウン矢印をクリックして、Web シーンを格納するポータル コンテンツのフォルダーを選択します。

    デフォルトでは、Web シーンおよび新しい Web レイヤーはポータル コンテンツのルート レベルに格納されます。

    メモ:

    ArcGIS Enterprise ポータルに共有する場合、いくつかの Web レイヤー タイプでサーバーおよびフォルダーを指定するように構成することもできます。これにより、Web レイヤーの基本サービスが公開されるフェデレーション サーバーと、その格納先のサーバー フォルダーを指定できるようになります。

  6. Web シーンの共有方法を次の手順で指定します。
    • [すべての人に公開] - このオプションを選択すると、コンテンツがパブリックになります。誰もがコンテンツにアクセスして表示することができます。
    • [組織] - このオプションは、組織アカウントでサイン インした場合に表示されます。このオプションを選択すると、コンテンツを組織内のすべての認証済みユーザーと共有できます。
    • [グループ] - 所属するグループのメンバーとコンテンツを共有できます。
    ヒント:

    シーンに既存の Web レイヤーが含まれる場合、これらのレイヤーの [次のグループと共有] 設定が Web シーンの [次のグループと共有] 設定と同じレイヤーを含むことを確認してください。そうでなければ、Web シーンを Scene Viewer で開いたときに既存の Web レイヤーにアクセスできない可能性があります。既存の Web レイヤーの共有プロパティは、ポータルで表示および変更できます。

  7. あるいは、シーンを共有したときに作成される新しい Web レイヤーを表示したり、構成を変更したりするには、ウィンドウ上部の [コンテンツ] タブをクリックします。

    詳細については、「Web シーンの構成」をご参照ください。

  8. [共有の完了][分析] をクリックして問題がないか確認します。

    エラーと警告は [メッセージ] タブにリストされます。メッセージを右クリックしてヘルプ トピックを開くか、ソフトウェアで処置を行います。Web レイヤーを共有するには、エラー エラー を解決する必要があります。警告 警告 の解決は推奨されますが、必須ではありません。

    GIS リソースの解析の詳細

  9. エラーを解決し、必要に応じて警告を修正したら、[共有] をクリックして Web シーンを共有します。
  10. Web シーンが正常に共有されたら、ウィンドウ下部の [Web シーンの管理] リンクをクリックして、ポータルの Web シーンを管理します。

古いポータルで共有する際の考慮事項

Web シーンは任意のポータルで共有できますが、Portal for ArcGIS のバージョンによっては一部の機能がサポートされません。古いバージョンで共有する場合の制限を以下に示します。

Portal for ArcGIS 10.3 以前

マルチパッチおよびポイント レイヤーは、Web シーン レイヤーではなく、Web フィーチャ レイヤーとして共有されます。

Portal for ArcGIS 10.3.1

ポイント レイヤーは、Web シーン レイヤーではなく、Web フィーチャ レイヤーとして共有されます。

関連トピック