Skip To Content

Web フィーチャ レイヤーの共有

Web フィーチャ レイヤーは、ベクターの検索、視覚化、および編集に対応しています。これらのレイヤーは、ベースマップの上部でデータを視覚化するのに適しており、解析の入力としてや同期ベースのワークフローで使用できます。

Web フィーチャ レイヤーは、次の場合に共有されます。

メモ:

マップ イメージ レイヤーを ArcGIS Enterprise に共有し、登録済みデータを参照する場合は、さらに Web フィーチャ レイヤーを共有することもできます。Web フィーチャ レイヤーで [同期の有効化] オプションを構成する場合には、ArcGIS Enterprise ヘルプのデータの準備の要件をご確認ください。

[登録済みデータを参照] オプションを使用して ArcGIS Enterprise で共有するには、サーバーベースのレイヤーを公開する権限が必要です。[すべてのデータをコピー] オプションを使用してArcGIS Enterprise に共有する場合、または ArcGIS Online で共有するには、ホスト フィーチャ レイヤーを公開する権限が必要です。

デフォルト構成を使用した Web フィーチャ レイヤーの共有

このワークフローでは、デフォルト設定を使用して Web フィーチャ レイヤーを共有する方法について説明します。デフォルト構成を変更する方法については、「Web フィーチャ レイヤーの構成」をご参照ください。

  1. Web フィーチャ レイヤーを共有するには、次のいずれかを実行します。
    • マップ内の使用可能なすべてのレイヤーを Web レイヤーとして共有します。[共有] タブの [共有] グループで、[Web レイヤー] ドロップダウン矢印をクリックした後、[Web レイヤーの公開] Web レイヤーの公開 をクリックします。
    • マップで選択したレイヤーを Web レイヤーとして共有します。[コンテンツ] ウィンドウでレイヤーを選択します。選択したレイヤーを右クリックして、[共有] をポイントし、[Web レイヤーとして共有] Web レイヤーの公開 をクリックします。

    [Web レイヤーとして共有] ウィンドウが表示されます。

  2. Web レイヤーの名前を指定します。
  3. [概要] フィールドと [タグ] フィールドに値を入力します。
  4. アクティブなポータルが ArcGIS Enterprise であり、登録済みのエンタープライズ データベースのデータセットを参照する場合は、[登録済みデータを参照] をオンにします。[登録済みデータを参照] を有効にすると、マップ イメージ レイヤーが含まれます。

    代わりに、[すべてのデータをコピー] を選択した場合は、すべてのレイヤーがサーバーの管理されたデータベースにコピーされます。

  5. [レイヤー タイプ][フィーチャ] をクリックします。
  6. [場所] で、[フォルダー] メニューを使用して、Web レイヤーを保存するポータル コンテンツのフォルダーを選択します。必要に応じて、フォルダーを作成します。

    デフォルトでは、Web レイヤーはポータル コンテンツのルート レベルに格納されます。

    ヒント:

    [参照] ボタン 参照 をクリックし、ポータル コンテンツのフォルダーを参照します。テキスト ボックスにフォルダー名を入力することもできます。

  7. [サーバーおよびフォルダー] ドロップダウン メニューを使用して、サービスを公開するフェデレーション サーバーと、サービスを保存するフォルダーを指定します。必要に応じてフォルダーを作成します。

    デフォルトでは、サービスはサーバーのルート フォルダーに格納されます。

    メモ:

    [サーバーおよびフォルダー] 設定は、[登録済みデータを参照] オプションを使用して ArcGIS Enterprise に共有している場合にのみ表示されます。この場合、[データ ストア] ボタン データ ストア をクリックして、[登録済みデータ ストアの管理] ウィンドウを開くこともできます。このウィンドウを使用して、ジオデータベースとフォルダーをフェデレーション サーバーに登録します。

  8. [共有] の下で、Web レイヤーを共有する方法を指定します。
    • [すべての人に公開] - このオプションを選択すると、コンテンツがパブリックになります。誰もがコンテンツにアクセスして表示することができます。
    • [組織] - このオプションを選択すると、コンテンツを組織内のすべての認証済みユーザーと共有できます。
    • [グループ] - 所属するグループのメンバーとコンテンツを共有できます。
  9. [コンテンツ] タブをクリックして、新しい Web レイヤー、またはレイヤーとすべての関連コンポーネントを表示します。
  10. [共有の完了][分析] をクリックして問題がないか確認します。

    エラーと警告は [メッセージ] タブにリストされます。メッセージを右クリックしてヘルプ トピックを開くか、ソフトウェアで処置を行います。Web レイヤーを共有するには、エラー エラー を解決する必要があります。警告 警告 の解決は推奨されますが、必須ではありません。

    GIS リソースの解析の詳細

  11. エラーを解決し、必要に応じて警告を修正したら、[公開] をクリックして Web レイヤーを共有します。
  12. Web レイヤーが正常に公開されたら、[Web レイヤーの管理] リンクをクリックして、ポータルから Web フィーチャ レイヤーを管理します。
  13. メモ:
    [登録済みデータを参照] を選択した場合、[Web レイヤーの管理] リンクをクリックすると、該当するマップ イメージ レイヤーに移動します。

古いポータルで共有する際の考慮事項

Web フィーチャ レイヤーは任意のポータルで共有できますが、ArcGIS Enterprise および Portal for ArcGIS のバージョンによっては一部の機能がサポートされません。古いバージョンで共有する場合の制限を以下に示します。

ArcGIS Enterprise 10.7.1 以前

  • 編集情報の記録の情報の保存を行えません。

ArcGIS Enterprise 10.6.1 以前

  • ディメンション レイヤーは使用できません。

ArcGIS Enterprise 10.5.1 以前

  • アノテーション レイヤーは使用できません。

Portal for ArcGIS 10.4.1 以前

  • WFS レイヤーは利用できません。

Portal for ArcGIS 10.3.1 以前

  • データ オプションは利用できません。データを常にサーバーにコピーします。
  • [フィーチャの属性のみを更新] 編集オプションは利用できません。

関連トピック