市場エリアのギャップ分析 (Analyze Market Area Gap) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

顧客総数と見込み顧客数のギャップを表示するレイヤーを生成します。

市場エリアのギャップ分析 (Analyze Market Area Gap) の出力の詳細。

使用法

  • このツールを使用するには、ローカルにインストールされた Business Analyst データセットが必要です。

  • 入力プロファイルが、このツールの使用時にアクティブな、同一ソース Business Analyst のデータセットを使用して作成されていることを確認してください。

  • 入力境界レイヤーは、出力レイヤーおよびオプションのレポートの範囲を定義します。

  • [ターゲット プロファイル] パラメーターは通常、顧客のセグメンテーションの分布を定義します。ターゲット プロファイルは、ターゲット マーケティング ウィザードまたは [顧客セグメンテーション プロファイルの生成 (Generate Customer Segmentation Profile)] ツールで作成できます。

  • [参照プロファイル] パラメーターは、市場全体のセグメンテーションの分布を定義します。各セグメントの数量は、世帯数や成人総数を表します。参照プロファイルは、ターゲット マーケティング ウィザードまたは [市場エリア セグメンテーション プロファイルの生成 (Generate Market Area Segmentation Profile)] ツールで作成できます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
顧客レイヤー

顧客を表すポイント レイヤー。

Feature Layer
ターゲット プロファイル

分析対象セグメントを表すセグメンテーション プロファイル。ターゲット プロファイルは通常、顧客セグメンテーション プロファイルを表します。

File
参照プロファイル

参照プロファイル セグメントを表すセグメンテーション プロファイル。これは、比較のために使用されるセグメンテーションです。参照プロファイルは通常、市場エリア セグメンテーション プロファイルを表します。

File
区画レベル

市場エリアのギャップ分析の定義に使用される区画レベル。

String
出力フィーチャクラス

市場エリアのギャップ分析を含む出力フィーチャクラス。

Feature Class
ターゲット グループ

ターゲットにグループ化されたセグメントの集合。ターゲットは、類似する特徴 (たとえば指数や構成比が高いセグメント) に基づいて選択されたセグメントを表します。

File
Core ターゲット

Core セグメントは顧客基盤の大部分を構成し、平均以上のインデックスを持つ (顧客となる見込みのある) セグメントのグループ。

String
Developmental ターゲット

顧客と市場エリアに対して大きな割合を占める一方で、平均以上のインデックスを持たないセグメントのグループ。

String
境界レイヤー
(オプション)

レイヤー範囲を決定する境界。指定しない場合は、国全体が使用されます。

Feature Layer
レポートの作成
(オプション)

ギャップ分析レポートを作成するかどうかを指定します。

  • オン - ギャップ分析レポートを作成します。
  • オフ - ギャップ分析レポートを作成しません。これがデフォルトです。
Boolean
レポート タイトル
(オプション)

レポートのタイトル。

String
出力レポート フォルダー
(オプション)

レポートが保存される出力位置。

Folder
レポート出力形式
(オプション)

レポート出力形式。デフォルト値は PDF です。その他の形式として、XLSX、HTML、CSV、PAGX を選択できます。

String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力レポート

出力レポート ファイル。

ファイル

arcpy.ba.AnalyzeMarketAreaGap(customer_layer, target_profile, base_profile, geography_level, out_feature_class, target_group, core_target, developmental_target, {boundary_layer}, {create_report}, {report_title}, {report_folder}, {report_format})
名前説明データ タイプ
customer_layer

顧客を表すポイント レイヤー。

Feature Layer
target_profile

分析対象セグメントを表すセグメンテーション プロファイル。ターゲット プロファイルは通常、顧客セグメンテーション プロファイルを表します。

File
base_profile

参照プロファイル セグメントを表すセグメンテーション プロファイル。これは、比較のために使用されるセグメンテーションです。参照プロファイルは通常、市場エリア セグメンテーション プロファイルを表します。

File
geography_level

市場エリアのギャップ分析の定義に使用される区画レベル。

String
out_feature_class

市場エリアのギャップ分析を含む出力フィーチャクラス。

Feature Class
target_group

ターゲットにグループ化されたセグメントの集合。ターゲットは、類似する特徴 (たとえば指数や構成比が高いセグメント) に基づいて選択されたセグメントを表します。

File
core_target

Core セグメントは顧客基盤の大部分を構成し、平均以上のインデックスを持つ (顧客となる見込みのある) セグメントのグループ。

String
developmental_target

顧客と市場エリアに対して大きな割合を占める一方で、平均以上のインデックスを持たないセグメントのグループ。

String
boundary_layer
(オプション)

レイヤー範囲を決定する境界。指定しない場合は、国全体が使用されます。

Feature Layer
create_report
(オプション)

ギャップ分析レポートを作成するかどうかを指定します。

  • CREATE_REPORTオン - ギャップ分析レポートを作成します。
  • DO_NOT_CREATE_REPORTオフ - ギャップ分析レポートを作成しません。これがデフォルトです。
Boolean
report_title
(オプション)

レポートのタイトル。

String
report_folder
(オプション)

レポートが保存される出力位置。

Folder
report_format
[report_format,...]
(オプション)

レポート出力形式。デフォルト値は PDF です。その他の形式として、XLSX、HTML、CSV、PAGX を選択できます。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
output_report

出力レポート ファイル。

ファイル

コードのサンプル

AnalyzeMarketAreaGap (市場エリアのギャップ分析) の例 (スタンドアロン スクリプト)

次のスタンドアロン スクリプトで、AnalyzeMarketAreaGap 関数を使用する方法を示します。

import arcpy
arcpy.ba.AnalyzeMarketAreaGap("cust_layer", r"C:\Users\MyProject\customerprofile.sgprofile", r"C:\Users\MyProject\MarketAreaprofile.sgprofile", "US.ZIP5", r"C:\Users\MyProject\MyProject.gdb\MarketPotential","target group", "core target", "dev target", r"C:\Users\MyProject\MyProject.gdb\StudyArea", "CREATE_REPORT", '', r"C:\Users\MyProject\Reports", "PDF")

関連トピック