顧客分布商圏の生成 (Generate Customer Derived Trade Areas) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

顧客の数または各顧客の数値情報属性に基づいて、店舗の周囲に商圏を作成します。

[顧客分布商圏の生成 (Generate Customer Derived Trade Areas)] ツールの図

使用法

  • 出力フィーチャクラスの空間参照は、店舗レイヤーと同じになります。

  • [店舗] パラメーターと [顧客] パラメーターの値はいずれもポイント フィーチャにする必要があります。

  • 加重値として使用する数値情報フィールドを特定するときは、有効な数値を使用する必要があります。

  • ユーザーが指定した顧客数または集計されて重み付けされた数値 (売上高など) に達するまで展開するように商圏境界を設定できます。

  • 店舗と顧客の割り当ては、セットアップ時に共通のユーザー指定の ID を使用して制御されます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
店舗

店舗または施設の位置を表すポイント レイヤー。

Feature Layer
店舗 ID フィールド

店舗または施設の位置を表す一意の ID フィールド。

Field
顧客

顧客または利用者を表す入力ポイント レイヤー。

Feature Layer
関連付けられた店舗 ID フィールド

個別の顧客を店舗に割り当てるために使用される ID フィールド。

Field
出力フィーチャクラス

出力商圏フィーチャクラス。

Feature Class
方法

生成する顧客分布商圏のタイプを指定します。

  • シンプル — 各店舗に対応する顧客の割合に基づく単純化された商圏を生成します。
  • アメーバ — 自然曲率を使用してポリゴン商圏の境界を表すポイントを連結します。
  • 詳細 — 直線を使用してポリゴン商圏の境界を表すポイントを連結します。
  • 詳細 (スムージング) — 3 次スプラインを使用して滑らかな曲線でポリゴン商圏の境界を表すポイントを連結します。 この手法は、顧客分布の形状とパターンが考慮されています。 これがデフォルトです。
  • 限界値リング —入力店舗から、指定された顧客の閾値を含むまで展開する同心円を生成します。
  • 限界値到達圏 —店舗から、ネットワーク ルートに沿って、指定された顧客の閾値を含むまで展開するポリゴンを生成します。
String
半径 (%)

各店舗に割り当てられた顧客 (たとえば、総数) または顧客属性 (たとえば、総売上高) の割合を表す値。 各値は 1 つの商圏ポリゴンを表します。

Double
顧客の集計タイプ

使用する集計のタイプを指定します。

  • 個数 —顧客の地理的な位置を使用して割合に基づく商圏を計算します。 これがデフォルトです。
  • 加重 —顧客属性 (たとえば、売上高) を使用して割合に基づく商圏を計算します。
String
顧客加重フィールド
(オプション)

商圏の計算に使用するフィールド。 このフィールドは、顧客数、または各顧客に割り当てられた計算済みの加重値のいずれかに基づきます。

Field
指定範囲外の顧客を含まない
(オプション)

指定範囲外の顧客を商圏作成処理から除外するかどうかを指定します。

  • オン - 指定範囲外の顧客を除外します。
  • オフ - 指定範囲外の顧客を除外しません。すべての顧客が検討されます。 これがデフォルトです。
Boolean
制限距離
(オプション)

範囲外と見なされたため、顧客が商圏作成時に検討から除外される距離。

Linear Unit
ディゾルブ オプション
(オプション)

エリア全体のポリゴンを作成するか、ポリゴンを個別のフィーチャに分割するかを指定します。

  • オーバーラップ —各フィーチャが 0 で始まり、指定された顧客の割合を満たすまで拡大する出力ポリゴンを作成します。 たとえば、顧客の 50% と 70% の商圏を指定する場合、1 つ目のポリゴンは顧客の 0 ~ 50% を含むように生成され、2 つ目のポリゴンは顧客の 0 ~ 70% をすべて含むように生成されます。 これがデフォルトです。
  • スプリット —指定された割合の閾値に基づいて個別フィーチャの出力ポリゴンを作成します。 たとえば、顧客の 50% と 70% の商圏を指定する場合、1 つ目のポリゴンは顧客の 0 ~ 50% を含むように生成され、2 つ目のポリゴンは顧客の 50 ~ 70% を含むように生成されます。
String
商圏の中心として顧客の重心を使用
(オプション)

顧客エリアの重心を使用して、そのポイントから外向きに商圏を計算するかどうかを指定します。

  • オン - 顧客ポイントの重心を使用して商圏を計算します。
  • オフ - 顧客ポイントの重心を使用しません。店舗の位置を始点として使用して商圏を計算します。 これがデフォルトです。
Boolean
距離タイプ
(オプション)

距離の計算に使用される移動方法。

String
距離単位
(オプション)

距離の値に使用される単位。

String
移動方向
(オプション)

店舗と顧客の間で使用される移動方向を指定します。

  • 店舗へ —移動方向は、顧客から店舗に向けられます。 これがデフォルトです。
  • 店舗から —移動方向は、店舗から顧客に向けられます。
String
時刻
(オプション)

距離を計算するときに使用される日時。

Date
タイム ゾーン
(オプション)

[時刻] パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • 位置のタイム ゾーン —テリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。 これがデフォルトです。
  • UTC —協定世界時 (UTC) が使用されます。
String
検索許容値
(オプション)

入力ポイントが存在する可能性があるネットワークからの最大距離。 検索許容値を超える位置にあるポイントは、処理から除外されます。

このパラメーターには、許容値の距離値と単位が必要です。

Linear Unit
ポリゴンの詳細
(オプション)

出力到達圏ポリゴンに使用される詳細レベルを指定します。

  • 標準 —標準的な詳細レベルのポリゴンを作成します。 これがデフォルトです。
  • 単純化 —結果を早く作成するために、ネットワーク データ ソース内にある階層を使用して、単純化ポリゴンを作成します。
  • 高精度 —正確な結果が重要となるアプリケーションのために、高い詳細レベルのポリゴンを作成します。
String
反復制限
(オプション)

最適な閾値制限を見つけるために使用できる到達圏の数を制限します。

Long
最小ステップ
(オプション)

閾値に達するまで展開するために反復の間に使用される最小増加距離または時間 (たとえば 1 マイルまたは 1 分)。

Double
限界値パーセント誤差
(オプション)

限界値到達圏を決定する際に使用される目標値と閾値の最大パーセント誤差 (たとえば 5%)。 デフォルト値は 5 です。

Double

arcpy.ba.CustomerDerivedTA(in_stores_layer, store_id_field, in_customers_layer, link_field, out_feature_class, method, rings, customer_aggregation_type, {customer_weight_field}, {exclude_outlying_customers}, {cutoff_distance}, {dissolve_option}, {use_customer_centroids}, {distance_type}, {units}, {travel_direction}, {time_of_day}, {time_zone}, {search_tolerance}, {polygon_detail}, {iterations_limit}, {minimum_step}, {target_percent_diff})
名前説明データ タイプ
in_stores_layer

店舗または施設の位置を表すポイント レイヤー。

Feature Layer
store_id_field

店舗または施設の位置を表す一意の ID フィールド。

Field
in_customers_layer

顧客または利用者を表す入力ポイント レイヤー。

Feature Layer
link_field

個別の顧客を店舗に割り当てるために使用される ID フィールド。

Field
out_feature_class

出力商圏フィーチャクラス。

Feature Class
method

生成する顧客分布商圏のタイプを指定します。

  • SIMPLE各店舗に対応する顧客の割合に基づく単純化された商圏を生成します。
  • AMOEBA自然曲率を使用してポリゴン商圏の境界を表すポイントを連結します。
  • DETAILED直線を使用してポリゴン商圏の境界を表すポイントを連結します。
  • DETAILED_WITH_SMOOTHING3 次スプラインを使用して滑らかな曲線でポリゴン商圏の境界を表すポイントを連結します。 この手法は、顧客分布の形状とパターンが考慮されています。 これがデフォルトです。
  • THRESHOLD_RINGS入力店舗から、指定された顧客の閾値を含むまで展開する同心円を生成します。
  • THRESHOLD_DRIVETIMES店舗から、ネットワーク ルートに沿って、指定された顧客の閾値を含むまで展開するポリゴンを生成します。
String
rings
[rings,...]

各店舗に割り当てられた顧客 (たとえば、総数) または顧客属性 (たとえば、総売上高) の割合を表す値。 各値は 1 つの商圏ポリゴンを表します。

Double
customer_aggregation_type

使用する集計のタイプを指定します。

  • COUNT顧客の地理的な位置を使用して割合に基づく商圏を計算します。 これがデフォルトです。
  • WEIGHT顧客属性 (たとえば、売上高) を使用して割合に基づく商圏を計算します。
String
customer_weight_field
(オプション)

商圏の計算に使用するフィールド。 このフィールドは、顧客数、または各顧客に割り当てられた計算済みの加重値のいずれかに基づきます。

Field
exclude_outlying_customers
(オプション)

指定範囲外の顧客を商圏作成処理から除外するかどうかを指定します。

  • EXCLUDE_OUTLIERS指定範囲外の顧客を除外します。
  • ALL_POINTS指定範囲外の顧客を除外しません。すべての顧客が検討されます。 これがデフォルトです。
Boolean
cutoff_distance
(オプション)

範囲外と見なされたため、顧客が商圏作成時に検討から除外される距離。

Linear Unit
dissolve_option
(オプション)

エリア全体のポリゴンを作成するか、ポリゴンを個別のフィーチャに分割するかを指定します。

  • OVERLAP各フィーチャが 0 で始まり、指定された顧客の割合を満たすまで拡大する出力ポリゴンを作成します。 たとえば、顧客の 50% と 70% の商圏を指定する場合、1 つ目のポリゴンは顧客の 0 ~ 50% を含むように生成され、2 つ目のポリゴンは顧客の 0 ~ 70% をすべて含むように生成されます。 これがデフォルトです。
  • SPLIT指定された割合の閾値に基づいて個別フィーチャの出力ポリゴンを作成します。 たとえば、顧客の 50% と 70% の商圏を指定する場合、1 つ目のポリゴンは顧客の 0 ~ 50% を含むように生成され、2 つ目のポリゴンは顧客の 50 ~ 70% を含むように生成されます。
String
use_customer_centroids
(オプション)

顧客エリアの重心を使用して、そのポイントから外向きに商圏を計算するかどうかを指定します。

  • USE_CENTROIDS顧客ポイントの重心を使用して商圏を計算します。
  • USE_STORES顧客ポイントの重心を使用しません。店舗の位置を始点として使用して商圏を計算します。 これがデフォルトです。
Boolean
distance_type
(オプション)

距離の計算に使用される移動方法。

String
units
(オプション)

距離の値に使用される単位。

String
travel_direction
(オプション)

店舗と顧客の間で使用される移動方向を指定します。

  • TOWARD_STORES移動方向は、顧客から店舗に向けられます。 これがデフォルトです。
  • AWAY_FROM_STORES移動方向は、店舗から顧客に向けられます。
String
time_of_day
(オプション)

距離を計算するときに使用される日時。

Date
time_zone
(オプション)

time_of_day パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • TIME_ZONE_AT_LOCATIONテリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。 これがデフォルトです。
  • UTC協定世界時 (UTC) が使用されます。
String
search_tolerance
(オプション)

入力ポイントが存在する可能性があるネットワークからの最大距離。 検索許容値を超える位置にあるポイントは、処理から除外されます。

このパラメーターには、許容値の距離値と単位が必要です。

Linear Unit
polygon_detail
(オプション)

出力到達圏ポリゴンに使用される詳細レベルを指定します。

  • STANDARD標準的な詳細レベルのポリゴンを作成します。 これがデフォルトです。
  • GENERALIZED結果を早く作成するために、ネットワーク データ ソース内にある階層を使用して、単純化ポリゴンを作成します。
  • HIGH正確な結果が重要となるアプリケーションのために、高い詳細レベルのポリゴンを作成します。
String
iterations_limit
(オプション)

最適な閾値制限を見つけるために使用できる到達圏の数を制限します。

Long
minimum_step
(オプション)

閾値に達するまで展開するために反復の間に使用される最小増加距離または時間 (たとえば 1 マイルまたは 1 分)。

Double
target_percent_diff
(オプション)

限界値到達圏を決定する際に使用される目標値と閾値の最大パーセント誤差 (たとえば 5%)。 デフォルト値は 5 です。

Double

コードのサンプル

CustomerDerivedTA (顧客分布商圏) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、CustomerDerivedTA 関数の使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.CustomerDerivedTA("Facilities", "ID", "Customers", "ID",r"C:\Temp\Output.gdb\TradeArea75pct","DETAILED_WITH_SMOOTHING", [75], "COUNT", None,"ALL_POINTS", None, "OVERLAP", "USE_STORES", '', '',"TOWARD_STORES", None, "TIME_ZONE_AT_LOCATION", None,"STANDARD", 10, None, 5)

関連トピック