セグメンテーション プロファイルのエクスポート (Export Segmentation Profile) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

セグメンテーション プロファイルをテーブルにエクスポートします。

使用法

  • ローカルにインストールされた Business Analyst データセットを使って作成された既存のセグメンテーション プロファイルが必要です。エクスポート処理を完了するため、このデータセットは、Business Analyst データ ソースとして設定されている必要があります。ソースの Business Analyst データセットを使用できない場合は、[カタログ] ウィンドウからプロファイルを開き、[エクスポート] ボタンをクリックすると、テーブルにエクスポートできます。

  • 入力プロファイルが数値情報を使って作成された場合、出力テーブルには [総数] および [平均値] フィールドのみが含まれます。

  • プロファイルは、次のテーブル形式にエクスポートできます。

    • ジオデータベース
    • データベース
    • フィーチャクラスの属性テーブル
    • dBASE
    • テキスト、ASCII、およびカンマ区切り値のファイル (*.csv)

      エクスポートしたテーブルを Excel で使用する場合は、dBASE またはテキスト ファイルを対応アプリケーションで開き、XLSX 形式で保存してください。または、[テーブル → Excel (Table To Excel)] ツールを使用して、エクスポートしたプロファイルを入力テーブルとして設定することができます。

  • エクスポートしたテーブルは、追加の列がない場合、ターゲット マーケティングで使用するため ArcGIS Pro に戻すことができます。この処理は、[セグメンテーション プロファイルのインポート (Import Segmentation Profile)] ツールを使用して完了できます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力プロファイル

エクスポートするセグメンテーション ファイル。

File
出力テーブル

作成されるテーブルの名前

Table

arcpy.ba.ExportSegmentationProfile(in_profile, out_table_name)
名前説明データ タイプ
in_profile

エクスポートするセグメンテーション ファイル。

File
out_table_name

作成されるテーブルの名前

Table

コードのサンプル

ExportSegmentationProfile (セグメンテーション プロファイルのエクスポート) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、ExportSegmentationProfileツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.ExportSegmentationProfile("Input Profile",r"C:\Users\MyProject\SegmentationProfile")

関連トピック