顧客セグメンテーション プロファイルの生成 (Generate Customer Segmentation Profile) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

既存の顧客レイヤーからセグメンテーション プロファイルを作成します。

使用法

  • [顧客レイヤー] パラメーターの値は、ポイント フィーチャクラスである必要があります。

  • 顧客プロファイルは、ポイントに割り当てられたセグメントのサマリーです。

  • 各ポイントは、使用しているセグメンテーション システムに応じて、セグメントごとに世帯数または人口数を含む標準区画に割り当てられます。

  • 各区画には、1 つ以上のセグメントに属している世帯または人口を含むことができます。その結果、各ポイントは複数のセグメントに割り当てられる可能性があります。

  • 各ポイントのセグメント数は、セグメントの数と各ポイントに対するカウントに基づきます。セグメントが 1 つの場合、カウントはポイントごとに 1 になります。ただし、複数のセグメントがある場合、各セグメントのカウントは比例計算されます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
顧客レイヤー

既存の顧客を表す入力ポイント フィーチャクラス。

Feature Layer
参照セグメンテーション

作成するプロファイルの参照セグメンテーション。利用可能なオプションは、使用しているセグメンテーション データセットから提供されます。

String
出力プロファイル

作成するセグメンテーション プロファイル ファイルの名前。

File
数値情報フィールド
(オプション)

必要に応じてプロファイルを作成できる数値情報を含むフィールド。たとえば、各顧客の売上を使用したプロファイルを作成できます。

Field

arcpy.ba.GenerateCustomerProfile(in_customers_layer, in_segmentation_base, out_profile, {in_volume_field})
名前説明データ タイプ
in_customers_layer

既存の顧客を表す入力ポイント フィーチャクラス。

Feature Layer
in_segmentation_base

作成するプロファイルの参照セグメンテーション。利用可能なオプションは、使用しているセグメンテーション データセットから提供されます。

String
out_profile

作成するセグメンテーション プロファイル ファイルの名前。

File
in_volume_field
(オプション)

必要に応じてプロファイルを作成できる数値情報を含むフィールド。たとえば、各顧客の売上を使用したプロファイルを作成できます。

Field

コードのサンプル

GenerateCustomerProfile (顧客セグメンテーション プロファイルの生成) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、GenerateCustomerProfileツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.GenerateCustomerProfile(r"C:\Project1.gdb\Customers", "Total Adult Population", "\Documents\ArcGIS\Projects\Project1.gdb\CustomerSegmentation")

関連トピック