道路距離/時間商圏の生成 (Generate Drive Time Trade Areas) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

ポイント フィーチャの周囲に、移動時間および距離に基づいて商圏のフィーチャクラスを作成します。

[道路距離/時間商圏の生成 (Generate Drive Time Trade Areas)] ツールの図

使用法

  • ArcGIS Online にサイン インするか、Business Analyst データ がインストールされている必要があります。

  • さまざまな移動モードを使用して、重複していない到達圏を作成することができます。

  • [時刻] パラメーターを使用して、指定した日時の履歴交通量データに基づいて、出力ポリゴンをモデル化します。

  • [ID フィールド] パラメーターを使用して、各ポリゴンおよび各入力ポイントを一意に識別する出力内の属性を作成します。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

入力ポイント フィーチャ レイヤー。

Feature Layer
出力フィーチャクラス

到達圏ポリゴンが格納される出力フィーチャクラス。

Feature Class
距離タイプ

到達圏の計算に使用される移動方法。

String
距離

到達圏の計算に使用される距離。

Double
距離単位
(オプション)

距離の値に使用される単位。 デフォルト値はマイルです。

String
ID フィールド
(オプション)

既存の施設の一意の ID フィールド。

Field
ディゾルブ オプション
(オプション)

複数の距離を指定した場合に、1 つの位置で重複する到達圏を使用するのか、それとも重複しない到達圏を使用するのかを指定します。

  • オーバーラップ —各ポリゴンは、施設から距離値までの到達可能な領域を含みます。 これがデフォルトです。
  • スプリット —各ポリゴンは、連続する距離値の間にある領域のみを含みます。
String
オーバーラップの除去
(オプション)

重複する同心リングを作成するのか、それとも互いに重複する部分を複数の位置から削除するのかを指定します。

  • オン - ポリゴンが分割され、出力フィーチャ間の重複が削除されます。
  • オフ - 重複する出力フィーチャを作成します。 これがデフォルトです。
Boolean
移動方向
(オプション)

店舗と顧客の間で使用される移動方向を指定します。

  • 店舗へ —移動方向は、顧客から店舗に向けられます。 これがデフォルトです。
  • 店舗から —移動方向は、店舗から顧客に向けられます。
String
時刻
(オプション)

距離を計算するときに使用される日時。

Date
タイム ゾーン
(オプション)

[時刻] パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • 位置のタイム ゾーン —テリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。 これがデフォルトです。
  • UTC —協定世界時 (UTC) が使用されます。
String
検索許容値
(オプション)

入力ポイントが存在する可能性があるネットワークからの最大距離。 検索許容値を超える位置にあるポイントは、処理から除外されます。

このパラメーターは、許容値の距離値および単位を必要とします。 デフォルト値は 5000 メートルです。

Linear Unit
ポリゴンの詳細
(オプション)

出力到達圏ポリゴンに使用される詳細レベルを指定します。

  • 標準 —標準的な詳細レベルのポリゴンを作成します。 これがデフォルトです。
  • 単純化 —結果を早く作成するために、ネットワーク データ ソース内にある階層を使用して、単純化ポリゴンを作成します。
  • 高精度 —正確な結果が重要となるアプリケーションのために、高い詳細レベルのポリゴンを作成します。
String
入力方法
(オプション)

各到達圏に使用される値のタイプを指定します。

  • 値 —一定の値が使用されます (すべての商圏が同じ大きさになります)。 これがデフォルトです。
  • 式 —フィールドまたは式からの値が使用されます (商圏は異なる大きさにすることができます)。
String
距離の式
(オプション)

到達圏の計算に使用するフィールドベースの式

SQL Expression

arcpy.ba.GenerateDriveTimeTradeArea(in_features, out_feature_class, distance_type, distances, {units}, {id_field}, {dissolve_option}, {remove_overlap}, {travel_direction}, {time_of_day}, {time_zone}, {search_tolerance}, {polygon_detail}, {input_method}, {expression})
名前説明データ タイプ
in_features

入力ポイント フィーチャ レイヤー。

Feature Layer
out_feature_class

到達圏ポリゴンが格納される出力フィーチャクラス。

Feature Class
distance_type

到達圏の計算に使用される移動方法。

String
distances
[distances,...]

到達圏の計算に使用される距離。

Double
units
(オプション)

距離の値に使用される単位。 デフォルト値はマイルです。

String
id_field
(オプション)

既存の施設の一意の ID フィールド。

Field
dissolve_option
(オプション)

複数の距離を指定した場合に、1 つの位置で重複する到達圏を使用するのか、それとも重複しない到達圏を使用するのかを指定します。

  • OVERLAP各ポリゴンは、施設から距離値までの到達可能な領域を含みます。 これがデフォルトです。
  • SPLIT各ポリゴンは、連続する距離値の間にある領域のみを含みます。
String
remove_overlap
(オプション)

重複する同心リングを作成するのか、それとも互いに重複する部分を複数の位置から削除するのかを指定します。

  • REMOVE_OVERLAPポリゴンが分割され、出力フィーチャ間の重複が削除されます。
  • KEEP_OVERLAP重複する出力フィーチャを作成します。 これがデフォルトです。
Boolean
travel_direction
(オプション)

店舗と顧客の間で使用される移動方向を指定します。

  • TOWARD_STORES移動方向は、顧客から店舗に向けられます。 これがデフォルトです。
  • AWAY_FROM_STORES移動方向は、店舗から顧客に向けられます。
String
time_of_day
(オプション)

距離を計算するときに使用される日時。

Date
time_zone
(オプション)

[時刻] パラメーターに使用されるタイム ゾーンを指定します。

  • TIME_ZONE_AT_LOCATIONテリトリーが含まれているタイム ゾーンが使用されます。 これがデフォルトです。
  • UTC協定世界時 (UTC) が使用されます。
String
search_tolerance
(オプション)

入力ポイントが存在する可能性があるネットワークからの最大距離。 検索許容値を超える位置にあるポイントは、処理から除外されます。

このパラメーターは、許容値の距離値および単位を必要とします。 デフォルト値は 5000 メートルです。

Linear Unit
polygon_detail
(オプション)

出力到達圏ポリゴンに使用される詳細レベルを指定します。

  • STANDARD標準的な詳細レベルのポリゴンを作成します。 これがデフォルトです。
  • GENERALIZED結果を早く作成するために、ネットワーク データ ソース内にある階層を使用して、単純化ポリゴンを作成します。
  • HIGH正確な結果が重要となるアプリケーションのために、高い詳細レベルのポリゴンを作成します。
String
input_method
(オプション)

各到達圏に使用される値のタイプを指定します。

  • VALUES一定の値が使用されます (すべての商圏が同じ大きさになります)。 これがデフォルトです。
  • EXPRESSIONフィールドまたは式からの値が使用されます (商圏は異なる大きさにすることができます)。
String
expression
(オプション)

到達圏の計算に使用するフィールドベースの式

SQL Expression

コードのサンプル

GenerateDriveTimeTradeArea (道路距離/時間商圏の生成) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、GenerateDriveTimeTradeArea 関数の使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.GenerateDriveTimeTradeArea(r"C:\Project1.gdb\DriveTime.gdb\Starbucks","\Documents\ArcGIS\Projects\Project1.gdb\Starbucks_GenerateDriveTimeTradeArea","Driving
Distance", 1.3, "MILES", None,"OVERLAP", "KEEP_OVERLAP",
"TOWARD_STORES",None, "TIME_ZONE_AT_LOCATION", None,"STANDARD", Values,
None)

関連トピック