セグメンテーション プロファイル レポートの生成 (Generate Segmentation Profile Report) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

顧客のセグメントを表示し、分析範囲 (参照プロファイル) と比較したレポートを作成します。

使用法

  • このレポートには、各顧客セグメントの数、パーセンテージ、インデックスが表示されます。

  • このレポートは、[参照プロファイル] 入力に数量の情報が含まれている場合、数量情報を計算します。

  • このツールには、ローカル Business Analystデータセットが必要です。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
ターゲット プロファイル

プロファイリング対象のセグメントを表すセグメンテーション プロファイル。ターゲット プロファイルは通常、顧客セグメンテーション プロファイルを表します。

File
参照プロファイル

参照プロファイル セグメントを表すセグメンテーション プロファイル。これは比較に使用されるセグメンテーションです。参照プロファイルは通常、市場エリア セグメンテーション プロファイルを表します。

File
レポート タイトル
(オプション)

レポートのタイトル。

String
出力レポート フォルダー
(オプション)

レポートが保存される出力場所。

Folder
レポート出力形式
(オプション)

レポート出力形式。デフォルト値は PDF です。その他の形式として、XLSX、HTML、CSV、PAGX を選択できます。

String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力レポート

出力レポート ファイル。

ファイル

arcpy.ba.GenerateSegmentationProfileReport(target_profile, base_profile, {report_title}, {report_folder}, {report_format})
名前説明データ タイプ
target_profile

プロファイリング対象のセグメントを表すセグメンテーション プロファイル。ターゲット プロファイルは通常、顧客セグメンテーション プロファイルを表します。

File
base_profile

参照プロファイル セグメントを表すセグメンテーション プロファイル。これは比較に使用されるセグメンテーションです。参照プロファイルは通常、市場エリア セグメンテーション プロファイルを表します。

File
report_title
(オプション)

レポートのタイトル。

String
report_folder
(オプション)

レポートが保存される出力場所。

Folder
report_format
[report_format,...]
(オプション)

レポート出力形式。デフォルト値は PDF です。その他の形式として、XLSX、HTML、CSV、PAGX を選択できます。

String

派生した出力

名前説明データ タイプ
output_report

出力レポート ファイル。

ファイル

コードのサンプル

GenerateSegmentationProfileReport (セグメンテーション プロファイル レポートの生成) の例 (スタンドアロン スクリプト)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、GenerateSegmentationProfileReport ツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.GenerateSegmentationProfileReport(r"C:\Users\MyProject\customerprofile.sgprofile", r"C:\Users\MyProject\MarketAreaprofile.sgprofile", r"C:\Users\MyProject\Reports_Output", "PDF")

関連トピック