標準区画商圏の生成 (Generate Standard Geography Trade Areas) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

事前定義済みの指定統計区画に基づいて商圏を作成します。 このツールはクレジットを消費しません。

[標準区画商圏の生成 (Generate Standard Geography Trade Areas)] ツールの図

使用法

  • 標準区画は、標準化された行政区画に基づく商圏です。 米国では、州、郡、郵便番号、ブロック グループ、国勢調査地区、CBSA (コアベース統計地域)、DMA (テレビ市場の地域区分)、場所などのレイヤーが含まれます。 国のデータセットごとに行政区画が異なる場合があります。 個々の商圏は、それぞれの個別の区画 (選択した州、郵便番号など) に対して作成されます。

  • 1 つのレイヤーには、郡の集まりを含む 1 つのレイヤー全体など、複数の商圏を含めることができます。

  • ID のリストは、テーブル形式またはリスト形式にする必要があります。

  • テーブルは、ArcGIS Pro でサポートされている形式 (カンマ/タブ区切りのテキスト (*.txt)、Excel ファイルなど) にすることができます。

  • リスト形式の場合、ID アイテムをカンマで区切る必要があります。

  • 国全体の商圏の区画 ID は 01 です。

  • [入力タイプ] パラメーターが [テーブル] に設定されている場合、関連付けられた [区画キー フィールド] パラメーターの値はテキスト フィールドである必要があります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
区画レベル

商圏の定義に使用される区画レベル。

String
出力フィーチャクラス

商圏を含む出力フィーチャ。

Feature Class
入力タイプ
(オプション)

区画 ID をテーブルから取得するかリストから取得するかを指定します。

  • テーブル —入力 ID がテーブルから取得されます。
  • リスト —入力 ID がリストから取得されます。 これがデフォルトです。
String
区画 ID テーブル
(オプション)

商圏を定義する区画の選択に使用される ID を含む入力テーブル。

Table View
区画キー フィールド
(オプション)

[区画 ID テーブル] 内で、出力に含めるレコードを識別するフィールド。

Field
区画 ID リスト
(オプション)

カンマで区切られた区画 ID の入力リスト。

String
重複する ID の集約
(オプション)

照合する区画 ID を含むテーブル内の重複するフィールドを集計するかどうかを指定します。

  • オン - 重複するすべてのレコードの数値フィールドを集計します。
  • オフ - 最初のレコードのデータを追加します。 その他のレコードは無視されます。 これがデフォルトです。
Boolean
グループ フィールド
(オプション)

グループ化操作の実行に使用されるフィールド。

Field
出力フィーチャのディソルブ
(オプション)

[グループ フィールド] パラメーター値に基づいて出力をディゾルブするかどうかを指定します。

  • オン - 出力をディゾルブします。
  • オフ - 出力をディゾルブしません。 これがデフォルトです。
Boolean

arcpy.ba.StandardGeographyTA(geography_level, out_feature_class, {input_type}, {in_ids_table}, {geography_key_field}, {ids_list}, {summarize_duplicates}, {group_field}, {dissolve_output})
名前説明データ タイプ
geography_level

商圏の定義に使用される区画レベル。

String
out_feature_class

商圏を含む出力フィーチャ。

Feature Class
input_type
(オプション)

区画 ID をテーブルから取得するかリストから取得するかを指定します。

  • TABLE入力 ID がテーブルから取得されます。
  • LIST入力 ID がリストから取得されます。 これがデフォルトです。
String
in_ids_table
(オプション)

商圏を定義する区画の選択に使用される ID を含む入力テーブル。

Table View
geography_key_field
(オプション)

出力に含めるレコードを識別する、in_ids_table が設定されたフィールド。

Field
ids_list
(オプション)

カンマで区切られた区画 ID の入力リスト。

String
summarize_duplicates
(オプション)

照合する区画 ID を含むテーブル内の重複するフィールドを集計するかどうかを指定します。

  • SUMMARIZE_DUPLICATES重複するすべてのレコードの数値フィールドを集計します。
  • USE_FIRST最初のレコードのデータを追加します。 その他のレコードは無視されます。 これがデフォルトです。
Boolean
group_field
(オプション)

グループ化操作の実行に使用されるフィールド。

Field
dissolve_output
(オプション)

group_field パラメーター値に基づいて出力をディゾルブするかどうかを指定します。

  • DISSOLVE出力をディゾルブします。
  • DONT_DISSOLVE出力をディゾルブしません。 これがデフォルトです。
Boolean

コードのサンプル

StandardGeographyTA (標準区画商圏の生成) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、StandardGeographyTA 関数の使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.StandardGeographyTA("US.ZIP5", r"C:\Temp\Output.gdb\StdGeogTradeAreas",
                             None, None, "92111,92117,92122", "USE_FIRST", None,
                             "DISSOLVE")

関連トピック