ターゲット グループ レイヤーの生成 (Generate Target Group Layer) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

選択したセグメントと、ターゲットに基づいてカテゴリ化されたグループを含む区画を特定するレイヤーを生成します。

使用法

  • [境界レイヤー] を指定しない場合は、範囲ジオプロセシング環境設定が使用されます。

  • ターゲットは [ターゲット グループ] のサブ分類 (Core や Development など) です。ターゲットには 1 つ以上のセグメントを含めることができます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
区画レベル

ターゲット レイヤーの定義に使用される区画レベル。

String
参照セグメンテーション

作成するプロファイルの参照セグメンテーション。利用可能なオプションは、使用しているセグメンテーション データセットから提供されます。

String
出力フィーチャクラス

ターゲット レイヤーの出力フィーチャクラス。

Feature Class
ターゲット グループ

ユーザー作成のターゲット グループ。データセットがターゲット グループに対応している場合に使用されます。

File
境界レイヤー
(オプション)

レイヤー範囲を決定する境界。

Feature Layer

arcpy.ba.GenerateTargetGroupLayer(geography_level, segmentation_base, out_feature_class, target_group, {boundary_layer})
名前説明データ タイプ
geography_level

ターゲット レイヤーの定義に使用される区画レベル。

String
segmentation_base

作成するプロファイルの参照セグメンテーション。利用可能なオプションは、使用しているセグメンテーション データセットから提供されます。

String
out_feature_class

ターゲット レイヤーの出力フィーチャクラス。

Feature Class
target_group

ユーザー作成のターゲット グループ。データセットがターゲット グループに対応している場合に使用されます。

File
boundary_layer
(オプション)

レイヤー範囲を決定する境界。

Feature Layer

コードのサンプル

GenerateTargetGroupLayer (ターゲット グループ レイヤーの生成) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、GenerateTargetGroupLayerツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.GenerateTargetGroupLayer("US.ZIP5", "Total Adult Population", r"C:\Users\MyProject\MyProject.gdb\GenerateTargetGroupLayer", None, "proposed_site")

関連トピック