ターゲット レイヤーの生成 (Generate Target Layer) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

選択したセグメントが含まれている区画と選択したセグメントが含まれていない区画を識別するレイヤーを作成します。

使用法

  • [境界レイヤー] を指定しないと、[範囲環境] が使用されます。

  • ターゲットは [ターゲット グループ] の下位分類であり、Core ターゲットや Developmental ターゲットなどがあります。ターゲットには 1 つ以上の [セグメント] を含めることができます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
区画レベル

ターゲット レイヤーの定義に使用される区画レベル。

String
参照セグメンテーション

作成するプロファイルの参照セグメンテーション。利用可能なオプションは、使用しているセグメンテーション データセットから提供されます。

String
出力フィーチャクラス

ターゲット レイヤーの出力フィーチャクラス。

Feature Class
ターゲット入力タイプ

ターゲット グループを使用するかターゲット セグメントを使用するかを指定します。

  • ターゲット グループの使用 —ターゲットのグループが使用されます。
  • セグメントの選択 —セグメントが使用されます。1 つ以上のセグメントで 1 つのターゲットを構成することができます。
String
ターゲット グループ
(オプション)

ターゲット グループ (データセットがターゲット グループに対応している場合)。

File
ターゲット
(オプション)

選択した [ターゲット グループ] のターゲット。

String
セグメント
(オプション)

指定したデータセット内のセグメント。

String
境界レイヤー
(オプション)

レイヤー範囲を決定する境界。

Feature Layer

arcpy.ba.GenerateTargetLayer(geography_level, segmentation_base, out_feature_class, input_type, {target_group}, {target}, {segments}, {boundary_layer})
名前説明データ タイプ
geography_level

ターゲット レイヤーの定義に使用される区画レベル。

String
segmentation_base

作成するプロファイルの参照セグメンテーション。利用可能なオプションは、使用しているセグメンテーション データセットから提供されます。

String
out_feature_class

ターゲット レイヤーの出力フィーチャクラス。

Feature Class
input_type

ターゲット グループを使用するかターゲット セグメントを使用するかを指定します。

  • USE_TARGET_GROUPターゲットのグループが使用されます。
  • SELECT_SEGMENTSセグメントが使用されます。1 つ以上のセグメントで 1 つのターゲットを構成することができます。
String
target_group
(オプション)

ターゲット グループ (データセットがターゲット グループに対応している場合)。

File
target
(オプション)

選択した target_group のターゲット。

String
segments
[segments,...]
(オプション)

指定したデータセット内のセグメント。

String
boundary_layer
(オプション)

レイヤー範囲を決定する境界。

Feature Layer

コードのサンプル

GenerateTargetLayer (ターゲット レイヤーの生成) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、GenerateTargetLayerツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.GenerateTargetLayer("US.ZIP5","Total Adult Population", r"C:\Users\MyProject\MyProject.gdb\GenerateTargetLayer_PACIFICHEIGHTS", "SELECT_SEGMENTS", None, '', "2C", "proposed_site")

関連トピック