限界値リングの生成 (Generate Threshold Rings) (Business Analyst)

Business Analyst ライセンスで利用できます。

サマリー

限界値に達するまでポイント フィーチャの周囲に拡大するリング商圏のフィーチャクラスを作成します。

使用法

  • 出力リングのサイズは、アクティブな Business Analyst データセットの選択済みの [限界値変数] に入力された [限界値] で決定されます。

  • 個々の値を別々の限界値テキスト ボックスに入力して、それぞれの入力の周囲に複数の限界値リングを作成できます。

  • [ID フィールド] パラメーターの値は、周囲に限界値リングが作成されるポイント位置を一意に識別します。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

入力ポイント フィーチャ レイヤー。

Feature Layer
出力フィーチャクラス

出力フィーチャクラス。

Feature Class
限界値変数

限界値が適用される選択済みの Business Analyst データセット変数。

String
限界値

出力リングのセル サイズ。このリングは、選択された変数の限界値が含まれるまで拡大します。

Double
距離単位
(オプション)

限界値で使用される距離単位。

String
ID フィールド
(オプション)

各入力ポイントを一意に識別し、属性として出力に表示される ID。

Field
入力方法
(オプション)

各到達圏で使用される値のタイプを指定します。

  • 値 —定数値を使用 (すべての商圏は同じサイズ)。これがデフォルトです。
  • 式 —フィールドまたは式の値 (商圏はサイズが異なる場合があります)。
String
(オプション)

半径を計算するフィールド ベースの式。

SQL Expression

arcpy.ba.GenerateThresholdRingTradeArea(in_features, out_feature_class, threshold_variable, threshold_values, {units}, {id_field}, {input_method}, {expression})
名前説明データ タイプ
in_features

入力ポイント フィーチャ レイヤー。

Feature Layer
out_feature_class

出力フィーチャクラス。

Feature Class
threshold_variable

限界値が適用される選択済みの Business Analyst データセット変数。

String
threshold_values
[threshold_values,...]

出力リングのセル サイズ。このリングは、選択された変数の限界値が含まれるまで拡大します。

Double
units
(オプション)

限界値で使用される距離単位。

String
id_field
(オプション)

各入力ポイントを一意に識別し、属性として出力に表示される ID。

Field
input_method
(オプション)

各到達圏で使用される値のタイプを指定します。

  • VALUES定数値を使用 (すべての商圏は同じサイズ)。これがデフォルトです。
  • EXPRESSIONフィールドまたは式の値 (商圏はサイズが異なる場合があります)。
String
expression
(オプション)

半径を計算するフィールド ベースの式。

SQL Expression

コードのサンプル

GenerateThresholdRingTradeArea (限界値リングの生成) の例 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、GenerateThresholdRingTradeAreaツールの使用方法を示しています。

import arcpy
arcpy.ba.GenerateThresholdRingTradeArea("SF_Custs",r"C:\Project1.gdb\SF_Custs_GenerateThresholdRingTradeArea","populationtotals.totpop_cy",[50000,
100000], "MILES", "STORE_ID", Values, None)

関連トピック