フィーチャ → JSON (Features To JSON) (変換)

サマリー

フィーチャを JSON または GeoJSON 形式に変換します。フィーチャのフィールド、ジオメトリ、および空間参照を、対応する JSON 表現に変換して、拡張子が .json または .geojson のファイルに書き込みます。

使用法

  • 出力ファイルの JSON 表現を読みやすくするために、書式設定を有効にできます。出力ファイルを空白、タブ、および改行で書式設定し、可読性を向上させます。書式設定された JSON は、アプリケーションを開発したりテストしたりする際に有効です。ただし、JSON パーサーでは空白は不要であり無視されるため、本番環境のアプリケーションでは書式設定をお勧めしません。また、書式設定された JSON は、同等の JSON に比べると非常に大きくなり、ファイル サイズが、対応する JSON 表現よりも大きくなります。これはアプリケーションのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

  • 変換は、フィーチャの結合、リレート、およびアタッチメントをサポートしていません。

  • フィーチャクラスまたはレイヤーのフィーチャのサブセットを変換するには、[フィーチャ → JSON (Features To JSON)] を使用する前に、[属性検索 (Select Layer By Attribute)] または [空間検索 (Select Layer By Location)] ツールを使用して変換するフィーチャのサブセットを選択します。

  • [GeoJSON に出力] パラメーター (Python では geoJSON='GEOJSON') を使用して、GeoJSON 仕様に準拠する .geojson ファイル出力を作成します。Esri JSON 出力がデフォルトです。

  • 出力が GeoJSON ファイルの場合、GeoJSON 仕様の標準である WGS 1984 座標系に入力フィーチャを投影するオプションがあります。必要に応じて、デフォルトの地理座標系変換が適用されます。このオプションを使用しない場合、出力 GeoJSON ファイルには、座標系または座標参照系を定義するために一部のアプリケーションで使用される crs タグが含まれます。このタグは、GeoJSON の仕様では完全にはサポートされません。

  • このツールの出力には、入力の表示属性フィールドのみが含まれます。すべてのフィールドを含めるには、すべてを表示フィールドにする必要があります。また、[フィールド エイリアスの使用] パラメーターを使用して、フィールド名ではなくフィールド エイリアスを出力で使用するように設定することもできます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力フィーチャ

JSON に変換するフィーチャ。

Feature Layer
出力 JSON ファイル

出力 JSON または GeoJSON ファイル。

File
フォーマット済 JSON
(オプション)

ArcGIS REST API 仕様の PJSON (Pretty JSON) 形式と同様に、可読性を向上させるために JSON を書式設定するかどうかを指定します。

  • オフ - フィーチャは書式設定されません。これがデフォルトです。
  • オン - フィーチャは、PJSON 仕様に書式設定されます。

Boolean
Z 値を含める
(オプション)

フィーチャの Z 値を JSON に含めるかどうかを指定します。

  • オフ - Z 値はジオメトリに含まれません。また、JSON の hasZ プロパティは含まれません。これがデフォルトです。
  • オン - Z 値はジオメトリに含まれます。また、JSON の hasZ プロパティは True に設定されます。

Boolean
M 値を含める
(オプション)

フィーチャの M 値を JSON に含めるかどうかを指定します。

  • オフ - M 値はジオメトリに含まれません。また、JSON の hasM プロパティは含まれません。これがデフォルトです。
  • オン - M 値はジオメトリに含まれます。また、JSON の hasM プロパティは True に設定されます。

Boolean
GeoJSON に出力
(オプション)

出力を GeoJSON として作成するかどうかを指定します。

  • オフ - 出力が Esri JSON (*.json) として作成されます。これがデフォルトです。
  • オン - 出力が GeoJSON 形式 (*.geojson) で作成されます。

Boolean
WGS_1984 に投影
(オプション)

デフォルトの地理座標系変換で入力フィーチャを地理座標系 WGS_1984 に投影するかどうかを指定します。このパラメーターは、出力が GeoJSON の場合にのみ適用されます。

  • オン - フィーチャは WGS_1984 に投影されます。
  • オフ - フィーチャは WGS_1984 に投影されません。GeoJSON には、座標系を定義する CRS タグが含まれます。これがデフォルトです。

Boolean
フィールド エイリアスの使用
(オプション)

出力ファイルでフィーチャ属性にフィールド エイリアスを使用するかどうかを指定します。

  • オフ - 出力フィーチャ属性にはフィールド名を使用します。これがデフォルトです。
  • オン - 出力フィーチャ属性にはフィールド エイリアスを使用します。

Boolean

arcpy.conversion.FeaturesToJSON(in_features, out_json_file, {format_json}, {include_z_values}, {include_m_values}, {geoJSON}, {outputToWGS84}, {use_field_alias})
名前説明データ タイプ
in_features

JSON に変換するフィーチャ。

Feature Layer
out_json_file

出力 JSON または GeoJSON ファイル。

File
format_json
(オプション)

ArcGIS REST API 仕様の PJSON (Pretty JSON) 形式と同様に、可読性を向上させるために JSON を書式設定するかどうかを指定します。

  • NOT_FORMATTED フィーチャは書式設定されません。これがデフォルトです。
  • FORMATTEDフィーチャは、書式設定され可読性が向上します。
Boolean
include_z_values
(オプション)

フィーチャの Z 値を JSON に含めるかどうかを指定します。

  • NO_Z_VALUES Z 値はジオメトリに含まれません。また、JSON の hasZ プロパティは含まれません。これがデフォルトです。
  • Z_VALUESZ 値はジオメトリに含まれます。また、JSON の hasZ プロパティは True に設定されます。
Boolean
include_m_values
(オプション)

フィーチャの M 値を JSON に含めるかどうかを指定します。

  • NO_M_VALUES M 値はジオメトリに含まれません。また、JSON の hasM プロパティは含まれません。これがデフォルトです。
  • M_VALUESM 値はジオメトリに含まれます。また、JSON の hasM プロパティは True に設定されます。
Boolean
geoJSON
(オプション)

GeoJSON 仕様に準拠する GeoJSON として出力を作成するかどうかを指定します。

  • GEOJSON 出力が GeoJSON 形式 (*.geojson) で作成されます。
  • NO_GEOJSON出力が Esri JSON (*.json) として作成されます。これがデフォルトです。
Boolean
outputToWGS84
(オプション)

デフォルトの地理座標系変換で入力フィーチャを地理座標系 WGS_1984 に投影するかどうかを指定します。このパラメーターは、出力が GeoJSON の場合にのみ適用されます。

  • WGS84 フィーチャは WGS_1984 に投影されます。
  • KEEP_INPUT_SRフィーチャは WGS_1984 に投影されません。GeoJSON には、座標系を定義する CRS タグが含まれます。これがデフォルトです。
Boolean
use_field_alias
(オプション)

出力ファイルでフィーチャ属性にフィールド エイリアスを使用するかどうかを指定します。

  • USE_FIELD_NAME 出力フィーチャ属性にはフィールド名を使用します。これがデフォルトです。
  • USE_FIELD_ALIAS出力フィーチャ属性にはフィールド エイリアスを使用します。
Boolean

コードのサンプル

FeaturesToJSON (フィーチャ → JSON) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、FeaturesToJSON 関数を使用して JSON および PJSON ファイルを作成する方法を示しています。

import arcpy
import os
arcpy.env.workspace = "c:/data"
arcpy.FeaturesToJSON_conversion(os.path.join("outgdb.gdb", "myfeatures"), 
                                "myjsonfeatures.json")
arcpy.FeaturesToJSON_conversion(os.path.join("outgdb.gdb", "myfeatures"), 
                                "mypjsonfeatures.json", "FORMATTED")
FeaturesToJSON (フィーチャ → JSON) の例 2 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、Z 値および M 値を使用して FeaturesToJSON 関数を使用する方法を示しています。

import arcpy
import os
arcpy.env.workspace = "c:/data"
arcpy.FeaturesToJSON_conversion(os.path.join("outgdb.gdb", "myfeatures"), 
                                "myjsonfeatures.json", "NOT_FORMATTED",	
                                "Z_VALUES", "M_VALUES")
FeaturesToJSON (フィーチャ → JSON) の例 3 (スタンドアロン スクリプト)

SelectLayerByAttributeSelectLayerByLocation を使用し、フィーチャのサブセットを JSON に変換します。

# Import system modules
import arcpy
# Set the workspace
arcpy.env.workspace = "c:/data/mexico.gdb"
# Make a layer from the feature class
arcpy.MakeFeatureLayer_management("cities", "cities_lyr") 
 
# Select all cities that overlap the chihuahua polygon
arcpy.SelectLayerByLocation_management("cities_lyr", "intersect", "chihuahua", 
                                       0, "new_selection")
# Within selected features, further select only those cities that have a 
# population > 10,000   
arcpy.SelectLayerByAttribute_management("cities_lyr", "SUBSET_SELECTION", 
                                        '"population" > 10000')
 
# Convert the selected features to JSON
arcpy.FeaturesToJSON_conversion("cities_lyr", r"c:\data\myjsonfeatures.json")

関連トピック