テーブル → dBASE (マルチプル) (Table to dBASE) (変換)

サマリー

1 つまたは複数のテーブルを dBASE テーブルに変換します。

使用法

  • このツールは入力として次のテーブル形式をサポートします。

    • ジオデータベース
    • dBASE (*.dbf)
    • カンマ区切り値 (*.csv または *.txt)
    • Microsoft Excel ワークシート (*.xls または *.xlsx)
    • メモリ内テーブル ビュー

    ファイル入力 (*.csv または *.txt) の場合は、入力ファイルの 1 行目が出力テーブルのフィールド名として使用されます。フィールド名には空白または特殊文字 ($ または * など) を使用できません。入力ファイルの 1 行目に空白または特殊文字が含まれている場合は、エラーが表示されます。

  • 出力 dBASE テーブルの名前は、入力テーブルの名前に基づいて付けられます。出力名を制御し、追加の変換オプションを設定するには、[テーブル → dBASE (マルチプル) (Table to dBASE)] ツールを使用します。

  • テーブルを dBASE ファイルに変換するには、[行のコピー (Copy Rows)] ツールおよび [テーブル → テーブル (Table to Table)] ツールを使用する方法もあります。

  • 出力テーブルが出力フォルダー内にすでに存在している場合は、名前の重複を回避するために、「OutputTbl_1.dbf」のように名前の末尾に番号が付加されます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力テーブル

dBASE に変換するテーブルのリスト。

Table View
出力フォルダー

出力 dBASE テーブル (1 つまたは複数) の格納先となるフォルダー

Folder

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
更新された出力フォルダー

新しい dBASE テーブルを含むフォルダー。

フォルダー

arcpy.conversion.TableToDBASE(Input_Table, Output_Folder)
名前説明データ タイプ
Input_Table
[table,...]

dBASE に変換するテーブルのリスト。

Table View
Output_Folder

出力 dBASE テーブル (1 つまたは複数) の格納先となるフォルダー

Folder

派生した出力

名前説明データ タイプ
Derived_Folder

新しい dBASE テーブルを含むフォルダー。

フォルダー

コードのサンプル

TableToDBASE (テーブル → dBASE (マルチプル)) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の Python ウィンドウ スクリプトは、イミディエイト モードで TableToDBASE 関数を使用する方法を示しています。

import arcpy
arcpy.env.workspace = "C:/data/Habitat_Analysis.gdb"
arcpy.TableToDBASE_conversion(["vegtype", "futrds"], "C:/output")
TableToDBASE (テーブル → dBASE (マルチプル)) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次のスタンドアロン スクリプトで、TableToDBASE 関数を使用する方法を示します。

# Name: TableToDBASE_Example2.py
# Description: Use TableToDBASE to copy tables to dBASE format
 
# Import system modules
import arcpy
 
# Set environment settings
arcpy.env.workspace = "C:/data"
 
# Set local variables
inTables = ["vegtype", "futrds"]
outLocation = "C:/output"
# Execute TableToDBASE
arcpy.TableToDBASE_conversion(inTables, outLocation)

関連トピック