LAS データセットの作成 (Create LAS Dataset) (データ管理)

サマリー

1 つまたは複数の LAS ファイルとオプションとしてサーフェス制御フィーチャを参照する LAS データセットを作成します。

LAS データセットの作成 (Create LAS Dataset)

使用法

  • LAS データセットは、LAS 形式または ZLAS 形式で LIDAR データと共に使用するために設計されています。 バージョン 1.0 〜 1.4 の LAS 形式ファイルがサポートされています。 EzLAS Optimizer は、スタンドアロンの LIDAR ユーティリティであり、*.zlas ファイルを生成したり、これらのファイルを LAS 形式に変換したりするのに使用できます。

  • 各 LAS ファイルは検査されて、その内部構造が LAS の仕様に準拠しているか判断されます。LAS ファイルが、LAS データセットの読み込みに失敗した場合、これは、ファイルが破損しているか、ヘッダー情報にエラーがあることを示します。Esri の CheckLAS ユーティリティを使用して、発生頻度の高い問題がデータに存在しているか確認することをご検討ください。

  • サーフェス制限フィーチャを使用すると、LAS データセットのサーフェス特性を表すフィーチャ派生の標高値を適用できます。

  • 通常、それぞれの LAS ファイルのヘッダーには、LAS データセットで読み取られる空間参照情報が格納されています。この情報がない場合や、適切に定義されていない場合は、LAS ファイルは正しい場所に配置されません。正しい空間参照がわかっている場合、[ファイルの PRJ を作成] パラメーターを使用して、LIDAR データを適切にジオリファレンスする *.prj ファイルを作成します。*.prj ファイルは、LAS ファイルと同じ名前で同じフォルダーに存在し、シェープファイルに関連付けられる *.prj と同様に、LAS ファイルの座標系の WKT 表現が含まれています。

  • LAS 形式は、ASPRS (American Society for Photogrammetry and Remote Sensing) によって定義された仕様に基づいて各ポイントの分類をサポートします。 ArcGIS プラットフォームは、LAS 形式ファイル バージョン 1.4 で規定されている以下の分類方式を適用します。

    分類値分類タイプ

    0

    分類不可

    1

    未分類

    2

    地表

    3

    低植生

    4

    中植生

    5

    高植生

    6

    建物

    7

    低ノイズ

    8

    モデル キー/予約

    9

    水域

    10

    レール

    11

    路面

    12

    オーバーラップ/予約

    13

    保護線

    14

    電線

    15

    送電塔

    16

    ワイヤー コネクタ

    17

    橋床版

    18

    高ノイズ

    19 ~ 63

    ASPRS 定義用の予約 (LAS 1.1 〜 1.3 はクラス コード 31 までをサポート)

    32 ~ 255

    ユーザー定義可能 (LAS 1.0 および 1.4 の特定バージョンでのみサポートされる)

    注意:

    LAS 1.4 で導入されたクラス コード割り当ての大部分はすでに [予約]として指定されていますが、クラス コード 8 および 12 は、それぞれモデル キーおよびオーバーラップから [予約] に変更されました。

  • Windows エクスプローラーでフォルダーを選択して、パラメーターの入力ボックスにドラッグすると、ツール ダイアログ ボックスでフォルダーを入力として指定することもできます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ファイル

LAS ファイルおよび LAS データセットから参照される LAS ファイルを含むフォルダー。

Windows エクスプローラーでフォルダーを選択して、パラメーターの入力ボックスにドラッグすると、ツール ダイアログ ボックスでフォルダーを入力として指定することもできます。

File; Folder
出力 LAS データセット

作成される LAS データセット。

LAS Dataset
サブフォルダーを含める
(オプション)

入力フォルダーのサブディレクトリに存在している *.las ファイルを、LAS データセットで参照するかどうかを指定します。

  • オフ - 入力フォルダーにある *.las ファイルだけが LAS データセットに追加されます。 これがデフォルトです。
  • オン - 入力フォルダーのサブディレクトリにあるすべての *.las ファイルが LAS データセットに追加されます。
Boolean
サーフェス制御
(オプション)

LAS データセットから生成されたトライアングル サーフェスの定義に寄与するフィーチャ。

  • 入力フィーチャ - LAS データセットのトライアングル サーフェスに組み込まれるジオメトリを持つフィーチャ。
  • 高さフィールド - フィーチャの標高ソースをフィーチャの属性テーブル内の任意の数値フィールドから取得するか、または Shape.Z を選択してジオメトリから取得できます。 必要な高さがない場合、キーワード <None> を指定して、標高がサーフェスから内挿される Z 値のないフィーチャを作成します。
  • タイプ - LAS データセットから生成されたトライアングル サーフェスでのフィーチャの役割を定義します。 名前に「hard」または「soft」が含まれるオプションは、フィーチャ エッジが急激な勾配変化と緩慢な勾配変化のどちらを表すかを示します。
  • サーフェス フィーチャ タイプ - フィーチャ ジオメトリがサーフェスの三角網にどのように組み込まれるかを定義するサーフェス フィーチャ タイプ。 名前に「hard」または「soft」が含まれるオプションは、フィーチャ エッジが急激な勾配変化と緩慢な勾配変化のどちらを表すかを示します。
    • [Anchor_Point] - 間引きされない標高ポイント。 このオプションは、シングルポイント フィーチャ ジオメトリのみで利用できます。
    • [Hard_Line] または [Soft_Line] - 高さの値を適用するブレークライン。
    • [Hard_Clip] または [Soft_Clip] - LAS データセットの境界を定義するポリゴン データセット。
    • [Hard_Erase] または [Soft_Erase] - LAS データセットのホールを定義するポリゴン データセット。
    • [Hard_Replace] または [Soft_Replace] - 一定の高さの領域を定義するポリゴン データセット。
Value Table
座標系
(オプション)

LAS データセットの空間参照。空間参照が明示的に割り当てられていない場合には、LAS データセットは最初の LAS ファイルの座標系を使用します。入力ファイルが空間参照の情報を含まず、入力座標系が設定されていない場合には、LAS データセットの座標系は不明と表示されます。

Coordinate System
統計情報の計算
(オプション)

LAS ファイルの統計情報を計算するかどうかと、LAS データセットに生成される空間インデックスを指定します。統計情報が存在することにより、LAS データセット レイヤーのフィルターおよびシンボル オプションで、LAS ファイル内に存在する LAS 属性値のみを表示できます。*.lasx 補助ファイルを各 LAS ファイルに作成します。

  • オフ - 統計情報を計算しません。これがデフォルトです。
  • オン - 統計情報を計算します。
Boolean
相対パスで保存
(オプション)

LAS データセットが LIDAR ファイルとサーフェス制御フィーチャを、相対パスまたは絶対パスのどちらを使用して参照するかを指定します。LAS データセットとそれに関連付けられたデータが互いに同じ相対位置を維持してファイルシステム内で移動される場合には、相対パスの使用が便利です。

  • オフ - LAS データセットからのデータの参照に絶対パスが使用されます。これがデフォルトです。
  • オン - LAS データセットからのデータの参照に相対パスが使用されます。
Boolean
LAS ファイルの PRJ を作成

LAS データセットで参照されている LAS ファイルに対して *.prj ファイルを作成するかどうかを指定します。

  • LAS ファイルなし *PRJ ファイルを作成するファイルはありません。これがデフォルトです。
  • 空間参照のないファイル 空間参照がない LAS ファイルだけが対応する *PRJ ファイルを持ちます。
  • すべての LAS ファイル すべての LAS ファイルが対応する *PRJ ファイルを持ちます。
String

arcpy.management.CreateLasDataset(input, out_las_dataset, {folder_recursion}, {in_surface_constraints}, {spatial_reference}, {compute_stats}, {relative_paths}, create_las_prj)
名前説明データ タイプ
input
[input,...]

LAS ファイルおよび LAS データセットから参照される LAS ファイルを含むフォルダー。この情報はすべての入力データを含む 1 つの文字列、または各データ要素を含む文字列のリストとして提供されます (たとえば、"lidar1.las; lidar2.las; folder1; folder2" または ["lidar1.las", "lidar2.las", "folder1", "folder2"])。

File; Folder
out_las_dataset

作成される LAS データセット。

LAS Dataset
folder_recursion
(オプション)

入力フォルダーのサブディレクトリに存在する LIDAR データを、LAS データセットに追加するかどうかを指定します。

  • NO_RECURSION入力フォルダーにある LIDAR ファイルだけが LAS データセットに追加されます。 これがデフォルトです。
  • RECURSION入力フォルダーのサブディレクトリにあるすべての LIDAR ファイルが LAS データセットに追加されます。
Boolean
in_surface_constraints
[[in_feature_class, height_field, SF_type],...]
(オプション)

トライアングル サーフェスの生成時に LAS データセットで参照されるフィーチャ。 各フィーチャで以下のプロパティが定義されている必要があります。

  • in_feature_class - LAS データセットで参照されるフィーチャ。
  • height_field - フィーチャの属性テーブルにある任意の数値フィールドを使用して、標高ソースを定義できます。 フィーチャのジオメトリに Z 値が含まれている場合は、Shape.Z を指定すると、フィーチャ ジオメトリを選択できます。 必要な高さがない場合、キーワード <None> を指定して、標高がサーフェスから内挿される Z 値のないフィーチャを作成します。
  • SF_type - フィーチャ ジオメトリがサーフェスの三角網にどのように組み込まれるかを定義するサーフェス フィーチャ タイプ。 名前に「hard」または「soft」が含まれるオプションは、フィーチャ エッジが急激な勾配変化と緩慢な勾配変化のどちらを表すかを示します。
    • [Anchor_Point] - 間引きされない標高ポイント。 このオプションは、シングルポイント フィーチャ ジオメトリのみで利用できます。
    • [Hard_Line] または [Soft_Line] - 高さの値を適用するブレークライン。
    • [Hard_Clip] または [Soft_Clip] - LAS データセットの境界を定義するポリゴン データセット。
    • [Hard_Erase] または [Soft_Erase] - LAS データセットのホールを定義するポリゴン データセット。
    • [Hard_Replace] または [Soft_Replace] - 一定の高さの領域を定義するポリゴン データセット。

Value Table
spatial_reference
(オプション)

LAS データセットの空間参照。空間参照が明示的に割り当てられていない場合には、LAS データセットは最初の LAS ファイルの座標系を使用します。入力ファイルが空間参照の情報を含まず、入力座標系が設定されていない場合には、LAS データセットの座標系は不明と表示されます。

Coordinate System
compute_stats
(オプション)

LAS ファイルの統計情報を計算するかどうかと、LAS データセットに生成される空間インデックスを指定します。統計情報が存在することにより、LAS データセット レイヤーのフィルターおよびシンボル オプションで、LAS ファイル内に存在する LAS 属性値のみを表示できます。*.lasx 補助ファイルを各 LAS ファイルに作成します。

  • COMPUTE_STATS統計情報を計算します。
  • NO_COMPUTE_STATS統計情報を計算しません。これがデフォルトです。
Boolean
relative_paths
(オプション)

LAS データセットが LIDAR ファイルとサーフェス制御フィーチャを、相対パスまたは絶対パスのどちらを使用して参照するかを指定します。LAS データセットとそれに関連付けられたデータが互いに同じ相対位置を維持してファイルシステム内で移動される場合には、相対パスの使用が便利です。

  • ABSOLUTE_PATHSLAS データセットからのデータの参照に絶対パスが使用されます。これがデフォルトです。
  • RELATIVE_PATHSLAS データセットからのデータの参照に相対パスが使用されます。
Boolean
create_las_prj

LAS データセットで参照されている LAS ファイルに対して *.prj ファイルを作成するかどうかを指定します。

  • NO_FILES*PRJ ファイルを作成するファイルはありません。これがデフォルトです。
  • FILES_MISSING_PROJECTION空間参照がない LAS ファイルだけが対応する *PRJ ファイルを持ちます。
  • ALL_FILESすべての LAS ファイルが対応する *PRJ ファイルを持ちます。
String

コードのサンプル

CreateLASDataset (LAS データセットの作成) の例 1 (Python ウィンドウ)

次のサンプルは、Python ウィンドウでこのツールを使用する方法を示しています。

import arcpy
from arcpy import env

env.workspace = "C:/data"
arcpy.CreateLasDataset_management("folder_a; folder_b/5S4E.las", 
                                "test.lasd", "RECURSION",
                                "LA/boundary.shp <None> Softclip;"\
                                "LA/ridges.shp Elevation hardline", "", 
                                "COMPUTE_STATS", "RELATIVE_PATHS")
CreateLASDataset (LAS データセットの作成) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次のサンプルは、スタンドアロン Python スクリプトでこのツールを使用する方法を示しています。

'''*********************************************************************
Name: Export Elevation Raster from Ground LAS Measurements
Description: This script demonstrates how to export
             ground measurements from LAS files to a raster using a
             LAS dataset. This sample is designed to be used as a script
             tool.
*********************************************************************'''
# Import system modules
import arcpy

try:
    # Set Local Variables
    inLas = arcpy.GetParameterAsText(0)
    recursion = arcpy.GetParameterAsText(1)
    surfCons = arcpy.GetParameterAsText(2)
    classCode = arcpy.GetParameterAsText(3)
    returnValue = arcpy.GetParameterAsText(4)
    spatialRef = arcpy.GetParameterAsText(5)
    lasD = arcpy.GetParameterAsText(6)
    outRaster = arcpy.GetParameterAsText(7)
    cellSize = arcpy.GetParameter(8)
    zFactor = arcpy.GetParameter(9)

    # Execute CreateLasDataset
    arcpy.management.CreateLasDataset(inLas, lasD, recursion, surfCons, sr)
    # Execute MakeLasDatasetLayer
    lasLyr = arcpy.CreateUniqueName('Baltimore')
    arcpy.management.MakeLasDatasetLayer(lasD, lasLyr, classCode, returnValue)
    # Execute LasDatasetToRaster
    arcpy.conversion.LasDatasetToRaster(lasLyr, outRaster, 'ELEVATION',
                              'TRIANGULATION LINEAR WINDOW_SIZE 10', 'FLOAT',
                              'CELLSIZE', cellSize, zFactor)
    print(arcpy.GetMessages())

except arcpy.ExecuteError:
    print(arcpy.GetMessages())

except Exception as err:
    print(err.args[0])

finally:
    arcpy.management.Delete(lasLyr)

ライセンス情報

  • Basic: 次のものが必要 3D Analyst または Spatial Analyst
  • Standard: Yes
  • Advanced: Yes

関連トピック