ポイントの内挿 (Interpolate Points) (ラスター解析)

サマリー

一連のポイントからの計測値に基づいて、新しい場所の値を推定します。このツールは、各ポイントの値を含むポイント データを取得して、推定値のラスターを返します。

[ポイントの内挿 (Interpolate Points)] ツール

使用法

  • このラスター解析 ポータル ツールは、ArcGIS Enterprise「ArcGIS Enterprise の解析について」へのリンク ポータルにサイン インすると使用できます。このポータルに、ArcGIS Image Server 「ラスター解析の設定と配置」へのリンク用に構成された Raster Analysis 「ArcGIS Image Server とは」へのリンク があります。ツールを起動すると、ArcGIS Pro がクライアントとしてサービスを提供し、ArcGIS Enterprise とフェデレートされているサーバーで処理が発生します。ポータル ツールはポータルから入力としてレイヤーを受け取り、ポータルに出力を作成します。

    入力フィーチャ レイヤーには、ポータルからのレイヤー、フィーチャ サービスへの URI または URL を使用できます。このポータル ツールへの入力としてはローカルのフィーチャ データとレイヤーを使用できますが、ポータルのレイヤーを入力することをお勧めします。

  • 内挿は、一緒にマージされて最終的な出力ラスターを作成する、多くのローカル内挿モデルを生成することによって実行されます。各ローカル モデル内のポイントの数は、[ローカル モデルのサイズ] パラメーターを使用して制御できます。

  • [Empirical Bayesian Kriging] ツールが、基本的な内挿を実行するために使用されます。このツールは、ArcGIS Geostatistical Analyst エクステンションの一部です。ツールの多くのパラメーターが [ポイントの内挿 (Interpolate Points)] で公開されていますが、多くは [最適化の対象] パラメーターによって自動的に制御されます。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ポイント フィーチャ

内挿する入力ポイント フィーチャ。

Feature Set
内挿されるフィールド

内挿するデータ値を含むフィールド。このフィールドの値は数値でなければなりません。

Field
出力名

出力ラスター サービスの名前。

デフォルトの名前は、ツール名と入力レイヤー名に基づいて設定されます。レイヤー名がすでに存在する場合は、別の名前を指定するよう求められます。

String
最適化の対象
(オプション)

速度と精度の優先度を選択します。推定の精度を上げると、計算時間が長くなります。

  • 速度処理速度が最適化されます。
  • バランス速度と精度のバランスをとります。これがデフォルトです。
  • 精度処理の精度が最適化されます。
String
データを正規分布に変換
(オプション)

解析を実行する前に、データを正規分布に変換するかどうかを選択します。データ値が正規分布していない (釣り鐘型でない) ようであれば、変換を実行することをお勧めします。

  • オン - 正規分布への変換が適用されます。
  • オフ - 変換は適用されません。これがデフォルトです。
Boolean
ローカル モデルのサイズ
(オプション)

各ローカル モデル内のポイントの数を選択します。値が大きいほど、内挿が全体的かつ安定的になりますが、小縮尺の効果が失われることがあります。値が小さいほど、内挿がローカルになるため、小縮尺の効果が得られる可能性が高くなりますが、内挿が不安定になる可能性があります。

Long
近傍数
(オプション)

特定のセルで予測を計算する場合に使用する近傍の数。

Long
出力セル サイズ
(オプション)

出力ラスターのセル サイズと単位を設定します。推定エラー ラスターが作成された場合、それもこのセル サイズを使用します。

単位には、キロメートル、メートル、マイル、フィートを使用できます。

デフォルトの単位はメートルです。

Linear Unit
出力推定エラー
(オプション)

内装される推定値の標準誤差のラスターを出力するかどうかを選択します。

標準誤差は、推定値の信頼性に関する情報を提供するため、有益です。おおよそ、実値は、95 パーセントの確率で推定値の 2 つの標準誤差内に収まります。たとえば、新しい場所の推定値が 50、標準誤差が 5 であるとします。これは、このタスクでは、該当する場所の実値が 50 であることが最良の推定になりますが、最小値として 40 または最大値として 60 の可能性もあることを意味します。妥当な値の範囲を計算するには、標準誤差に 2 を掛けて求められた値を推定値に足すと範囲の上限が算出され、推定値から引くと範囲の下限が算出されます。

内装される推定値の標準誤差のラスターが要求された場合、そのラスターの名前は、[結果レイヤーの名前] と同じになりますが、Errors が追加されます。

  • オフ - 出力推定エラーは生成されません。これがデフォルトです。
  • オン - 出力推定エラーが生成されます。
Boolean

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

出力ラスター。

ラスター レイヤー
出力エラー ラスター

出力推定エラー ラスター。

ラスター レイヤー

arcpy.ra.InterpolatePoints(inputPointFeatures, interpolateField, outputName, {optimizeFor}, {transformData}, {sizeOfLocalModels}, {numberOfNeighbors}, {outputCellSize}, {outputPredictionError})
名前説明データ タイプ
inputPointFeatures

内挿する入力ポイント フィーチャ。

Feature Set
interpolateField

内挿するデータ値を含むフィールド。このフィールドの値は数値でなければなりません。

Field
outputName

出力ラスター サービスの名前。

デフォルトの名前は、ツール名と入力レイヤー名に基づいて設定されます。レイヤー名がすでに存在する場合は、別の名前を指定するよう求められます。

String
optimizeFor
(オプション)

速度と精度の優先度を選択します。推定の精度を上げると、計算時間が長くなります。

  • SPEED処理速度が最適化されます。
  • BALANCE速度と精度のバランスをとります。これがデフォルトです。
  • ACCURACY処理の精度が最適化されます。
String
transformData
(オプション)

解析を実行する前に、データを正規分布に変換するかどうかを選択します。データ値が正規分布していない (釣り鐘型でない) ようであれば、変換を実行することをお勧めします。

  • NO_TRANSFORM変換は適用されません。これがデフォルトです。
  • TRANSFORM正規分布への変換が適用されます。
Boolean
sizeOfLocalModels
(オプション)

各ローカル モデル内のポイントの数を選択します。値が大きいほど、内挿が全体的かつ安定的になりますが、小縮尺の効果が失われることがあります。値が小さいほど、内挿がローカルになるため、小縮尺の効果が得られる可能性が高くなりますが、内挿が不安定になる可能性があります。

Long
numberOfNeighbors
(オプション)

特定のセルで予測を計算する場合に使用する近傍の数。

Long
outputCellSize
(オプション)

出力ラスターのセル サイズと単位を設定します。推定エラー ラスターが作成された場合、それもこのセル サイズを使用します。

単位には、キロメートル、メートル、マイル、フィートを使用できます。

デフォルトの単位はメートルです。

Linear Unit
outputPredictionError
(オプション)

内装される推定値の標準誤差のラスターを出力するかどうかを選択します。

標準誤差は、推定値の信頼性に関する情報を提供するため、有益です。おおよそ、実値は、95 パーセントの確率で推定値の 2 つの標準誤差内に収まります。たとえば、新しい場所の推定値が 50、標準誤差が 5 であるとします。これは、このタスクでは、該当する場所の実値が 50 であることが最良の推定になりますが、最小値として 40 または最大値として 60 の可能性もあることを意味します。妥当な値の範囲を計算するには、標準誤差に 2 を掛けて求められた値を推定値に足すと範囲の上限が算出され、推定値から引くと範囲の下限が算出されます。

内装される推定値の標準誤差のラスターが要求された場合、そのラスターの名前は、[結果レイヤーの名前] と同じになりますが、Errors が追加されます。

  • OUTPUT_ERROR推定エラー ラスターを作成します。
  • NO_OUTPUT_ERROR推定エラー ラスターを作成しません。これがデフォルトです。
Boolean

派生した出力

名前説明データ タイプ
outputRaster

出力ラスター。

ラスター レイヤー
outputErrorRaster

出力推定エラー ラスター。

ラスター レイヤー

コードのサンプル

InterpolatePoints (ポイントの内挿) の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、ポイント フィーチャ サービスをイメージ サービス ラスターに内挿します。

import arcpy

arcpy.InterpolatePoints_ra('https://MyPortal.esri.com/server/rest/services/Hosted/myPoints/FeatureServer/0',
                           'myField', 'outImgServ', 'SPEED', 'False', 50, 8, '10000 Meters', 'NO_OUTPUT_ERROR')
InterpolatePoints (ポイントの内挿) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、ポイント フィーチャ サービスをイメージ サービス ラスターに内挿します。

#-------------------------------------------------------------------------------
# Name: InterpolatePoints_example02.py
# Description: Interpolates a point feature service into an image service raster.
#
# Requirements: ArcGIS Image Server

# Import system modules
import arcpy

# Set local variables
inPoints = 'https://MyPortal.esri.com/server/rest/services/Hosted/myPoints/FeatureServer/0'
inField = 'myField'
outRaster = 'outImgServ'
optimizeFor = 'SPEED'
transform = 'False'
subsetSize = 50
numNeighbors = 8
outCellSize = '10000 Meters'
error = 'NO_OUTPUT_ERROR'

# Execute InterpolatePoints
arcpy.InterpolatePoints_ra(inPoints, inField, outRaster, optimizeFor, transform, 
                           subsetSize, numNeighbors, outCellSize, error)

関連トピック