ニブル (Nibble) (ラスター解析)

サマリー

マスクに対応するラスターのセルを、最も近い近傍セルの値で置換します。

[ニブル (Nibble)] ツールの図

使用法

  • このラスター解析 ポータル ツールは、ArcGIS Enterprise「ArcGIS Enterprise の解析について」へのリンク ポータルにサイン インすると使用できます。このポータルに、ArcGIS Image Server 「ラスター解析の設定と配置」へのリンク用に構成された Raster Analysis 「ArcGIS Image Server とは」へのリンク があります。ツールを起動すると、ArcGIS Pro がクライアントとしてサービスを提供し、ArcGIS Enterprise とフェデレートされているサーバーで処理が発生します。ポータル ツールはポータルから入力としてレイヤーを受け取り、ポータルに出力を作成します。

    入力ラスター レイヤーは、ポータルから入力されたレイヤー、イメージ サービスへの URI または URL、[Image Server レイヤーの作成 (Make Image Server Layer)] ツールの出力に対応しています。このツールは、ローカルのラスター データまたはレイヤーをサポートしません。

  • [ニブル (Nibble)] では、ラスターの選択したエリアに最近傍の値を割り当てることができます。いくつかの個別セルを、最も近い近傍値に置換するために使われます。マスク エリアが大きくなれば、広範囲のセルを置換できます。

  • 入力マスク ラスターで NoData となるセルは、ニブルされるセルを定義します。マスク エリア内にない入力ラスターのロケーションはニブルされないため、その出力値は入力値と同じになります。

    マスク内にない入力ラスターの NoData セルはニブルされません。そのようなセルは、2 つの NoData パラメーターの設定に関係なく、NoData のままとなります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター

ニブルされる入力ラスター。

ラスターは、整数タイプまたは浮動小数点タイプのいずれかになります。

Raster Layer; Image Service; String
入力マスク ラスター

マスクとして使用されるラスター。

NoData のセルは、最も近い近傍値にニブル (または置換) されるセルを特定します。

Raster Layer; Image Service; String
出力名

出力ニブル ラスター サービスの名前。

デフォルトの名前は、ツール名と入力レイヤー名に基づいて設定されます。レイヤー名がすでに存在する場合は、別の名前を指定するよう求められます。

String
最近隣の値が NoData の時、NoData を使用
(オプション)

入力ラスター内の NoData 値が、マスク ラスターで定義されたエリアをニブルすることを許可するかどうかを定義します。

  • オン - 入力ラスター内で最も近い近傍値が NoData かどうかに関係なく、その値が使用されます。入力ラスター内の NoData 値は、それが最も近い近傍であれば、マスクで定義されたエリアをニブルできます。これがデフォルトです。
  • オフ - データ値のみが、マスク ラスター内に定義されたエリアをニブルできます。入力ラスター内の NoData 値は、それが最も近い近傍であっても、マスク ラスターで定義されたエリアをニブルできません。
Boolean
NoData セルをニブル
(オプション)

マスク内の入力ラスターの NoData セルが、出力ラスターでも NoData のままになるかどうかを定義します。

  • オフ - マスク内にある入力ラスターの NoData セルは、出力で NoData のままになります。これがデフォルトです。
  • オン - マスク内にある入力ラスターの NoData セルをニブルして、有効な出力セル値にすることができます。
Boolean
入力ゾーン ラスター
(オプション)

入力ゾーン ラスター。各ゾーンにつき、マスク内にある入力セルは、同じゾーン内にある最も近い近傍セル値にのみ置換されます。

ゾーンは同じ値を持つラスターのすべてのセルで、連続しているかどうかは関係ありません。入力ゾーン レイヤーは、ゾーンの形状、値、および位置を指定します。ゾーン ラスターは、整数タイプまたは浮動小数点タイプのいずれかになります。

Raster Layer; Image Service; String

派生した出力

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

出力ラスター。

ラスター レイヤー

arcpy.ra.Nibble(inputRaster, inputMaskRaster, outputName, {nibbleValues}, {nibbleNodata}, {inputZoneRaster})
名前説明データ タイプ
inputRaster

ニブルされる入力ラスター。

ラスターは、整数タイプまたは浮動小数点タイプのいずれかになります。

Raster Layer; Image Service; String
inputMaskRaster

マスクとして使用されるラスター。

NoData のセルは、最も近い近傍値にニブル (または置換) されるセルを特定します。

Raster Layer; Image Service; String
outputName

出力ニブル ラスター サービスの名前。

デフォルトの名前は、ツール名と入力レイヤー名に基づいて設定されます。レイヤー名がすでに存在する場合は、別の名前を指定するよう求められます。

String
nibbleValues
(オプション)

入力ラスター内の NoData 値が、マスク ラスターで定義されたエリアをニブルすることを許可するかどうかを定義するキーワード。

  • ALL_VALUES入力ラスター内で最も近い近傍値が NoData かどうかに関係なく、その値が使用されます。入力ラスター内の NoData 値は、それが最も近い近傍であれば、マスクで定義されたエリアをニブルできます。これがデフォルトです。
  • DATA_ONLYデータ値のみが、マスク ラスター内に定義されたエリアをニブルできます。入力ラスター内の NoData 値は、それが最も近い近傍であっても、マスク ラスターで定義されたエリアをニブルできません。
Boolean
nibbleNodata
(オプション)

マスク内の入力ラスターの NoData セルが、出力ラスターでも NoData のままになるかどうかを定義するキーワード。

  • PRESERVE_NODATA入力ラスターとマスク内にある NoData セルは、出力でも NoData のままであることを指定します。これがデフォルトです。
  • PROCESS_NODATAマスク内にある入力ラスターの NoData セルをニブルして、有効な出力セル値にすることができます。
Boolean
inputZoneRaster
(オプション)

入力ゾーン ラスター。各ゾーンにつき、マスク内にある入力セルは、同じゾーン内にある最も近い近傍セル値にのみ置換されます。

ゾーンは同じ値を持つラスターのすべてのセルで、連続しているかどうかは関係ありません。入力ゾーン レイヤーは、ゾーンの形状、値、および位置を指定します。ゾーン ラスターは、整数タイプまたは浮動小数点タイプのいずれかになります。

Raster Layer; Image Service; String

派生した出力

名前説明データ タイプ
outputRaster

出力ラスター。

ラスター レイヤー

コードのサンプル

Nibble (ニブル) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、マスク入力で識別されるセルを、入力ラスターの最も近い近傍セルで決定される値で置換しています。

import arcpy
arcpy.Nibble_ra(
    "https://MyPortal.esri.com/server/rest/services/Hosted/in_raster/ImageServer",
    "https://MyPortal.esri.com/server/rest/services/Hosted/in_mask/ImageServer",
    "outnibbled1")
Nibble (ニブル) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、マスク入力で識別されるセルを、入力ラスターの最も近い近傍セルで決定される値で置換しています。

#-------------------------------------------------------------------------------
# Name: Nibble_Ex_02.py
# Description: Replaces cells of a raster corresponding to a mask 
#              with the values of the nearest neighbors within defines zones.
#
# Requirements: ArcGIS Image Server

# Import system modules
import arcpy

# Set local variables
inputLayer      = "https://MyPortal.esri.com/server/rest/services/Hosted/inras/ImageServer"
inputMaskLayer  = "https://MyPortal.esri.com/server/rest/services/Hosted/inmask/ImageServer"
outputName      = "outnibbled2"
nibbleValuesOpt = "DATA_ONLY"
nibbleNodataOpt = "PROCESS_NODATA"
inputZoneLayer  = "https://MyPortal.esri.com/server/rest/services/Hosted/inzones/ImageServer"

arcpy.Nibble_ra(inputLayer, inputMaskLayer, outputName, nibbleValuesOpt, 
                nibbleNodataOpt, inputZoneLayer)

関連トピック