集約 (Aggregate) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

ラスターの低解像度バージョンを生成します。それぞれの出力セルは、そのセルの範囲に囲まれている入力セルの合計値、最小値、最大値、平均値、または中央値を持ちます。

[集約 (Aggregate)] ツールの詳細

[集約 (Aggregate)] の図
OutRas = Aggregate(InRas1, 3, Max, Expand, Data)

使用法

  • [集約手法] 設定が [最大値][最小値]、または [合計] の場合、出力ラスターのタイプは入力ラスターと同じです。手法が [平均値] または [中央値] の場合、出力タイプは常に浮動小数になります。

  • このツールでは、ジオプロセシング解析環境の [範囲][セル サイズ] が適用されます。整数のセル サイズが指定されたときに出力ラスターの解像度を求めるには、解析環境のセル解像度に入力セル ファクター パラメーターを掛けます。解析環境のセル サイズが入力の最小値または最大値に設定されている場合、出力ラスターの解像度は入力ラスターの解像度に指定されたセル ファクターを掛けた値になります。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター

集約対象の入力ラスター。

整数タイプでも浮動小数点タイプでもかまいません。

Raster Layer
セル ファクター

出力ラスターの解像度を取得するために、入力ラスターのセル サイズに掛けるファクター。

たとえば、セル ファクター値が 3 の場合、出力セル サイズは入力ラスターのセル サイズの 3 倍になります。

1 より大きい整数値を指定する必要があります。

Long
集約手法
(オプション)

各出力セルの値の決定方法を設定します。

解像度の低い出力セルに囲まれた入力セルの値は、次のいずれかの統計情報によって集約されます。

  • 合計値入力セル値の合計です。これがデフォルトです。
  • 最大値入力セルの最大値です。
  • 平均値入力セルの平均値です。
  • 中央値入力セルの中央値です。
  • 最小値入力セルの最小値です。
String
必要に応じて範囲の拡大
(オプション)

入力ラスターの行または列がセル ファクターの倍数でない場合の、入力ラスターの境界の処理方法を定義します。

  • オン - 入力ラスターの上または右の境界を拡張して、行または列のセルの合計数がセル ファクターの倍数になるようにします。拡張されたセルの値は、計算に使用されるときに NoData になります。

    このオプションを使用すると、出力ラスターの空間範囲が入力ラスターより大きくなる可能性があります。

    これがデフォルトです。

  • オフ - 出力ラスターの行または列の数を減らします。これにより、入力ラスターの上または右の境界上にあるセルが削除され、入力ラスターの行または列の数がセル ファクターの倍数になります。

    このオプションを使用すると、出力ラスターの空間範囲が入力ラスターより小さくなる可能性があります。

入力ラスターの行と列の数がセル ファクターの倍数である場合、これらのキーワードは使用されません。

Boolean
計算時に NoData を除外
(オプション)

集約計算で NoData 値を無視するかどうかを示します。

  • オン - 出力ラスターの大きなセルの空間範囲内にあるセルに NoData 値が存在する場合、出力のセル位置の値を決定する際に NoData 値は無視されます。出力セルの範囲内にある、データ値を持つ入力セルだけが、出力セルの値の決定に使用されます。

    これがデフォルトです。

  • オフ - 出力ラスターの大きなセルの空間範囲内にあるセルに NoData 値が存在する場合、出力のセル位置の値は NoData 値になります。

    [オフ] を使用する場合、集約内のセルに NoData 値が含まれるときは、出力値の決定に必要となる、指定された計算を実行するのに十分な情報がないことを示唆しています。

Boolean

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

集約された出力ラスター。

入力ラスターの低解像度バージョンです。

Raster

Aggregate(in_raster, cell_factor, {aggregation_type}, {extent_handling}, {ignore_nodata})
名前説明データ タイプ
in_raster

集約対象の入力ラスター。

整数タイプでも浮動小数点タイプでもかまいません。

Raster Layer
cell_factor

出力ラスターの解像度を取得するために、入力ラスターのセル サイズに掛けるファクター。

たとえば、セル ファクター値が 3 の場合、出力セル サイズは入力ラスターのセル サイズの 3 倍になります。

1 より大きい整数値を指定する必要があります。

Long
aggregation_type
(オプション)

各出力セルの値の決定方法を設定します。

解像度の低い出力セルに囲まれた入力セルの値は、次のいずれかの統計情報によって集約されます。

  • SUM入力セル値の合計です。これがデフォルトです。
  • MAXIMUM入力セルの最大値です。
  • MEAN入力セルの平均値です。
  • MEDIAN入力セルの中央値です。
  • MINIMUM入力セルの最小値です。
String
extent_handling
(オプション)

入力ラスターの行または列がセル ファクターの倍数でない場合の、入力ラスターの境界の処理方法を定義します。

  • EXPAND入力ラスターの上または右の境界を拡張して、行または列のセルの合計数がセル ファクターの倍数になるようにします。拡張されたセルの値は、NoData になります。このオプションを使用すると、出力ラスターの空間範囲が入力ラスターより大きくなる可能性があります。これがデフォルトです。
  • TRUNCATE出力ラスターの行または列の数を 1 減らします。これにより、入力ラスターの上または右の境界上にあるセルが削除され、入力ラスターの行または列の数がセル ファクターの倍数になります。このオプションを使用すると、出力ラスターの空間範囲が入力ラスターより小さくなる可能性があります。

入力ラスターの行と列の数が cell_factor の倍数である場合、これらのキーワードは使用されません。

Boolean
ignore_nodata
(オプション)

集約計算で NoData 値を無視するかどうかを示します。

  • DATA出力ラスターの大きなセルの空間範囲内にあるセルに NoData 値が存在する場合、出力のセル位置の値を決定する際に NoData 値は無視されます。出力セルの範囲内にある、データ値を持つ入力セルだけが、出力セルの値の決定に使用されます。これがデフォルトです。
  • NODATA出力ラスターの大きなセルの空間範囲内にあるセルに NoData 値が存在する場合、出力のセル位置の値は NoData 値になります。このオプションを使用する場合、集約内のセルに NoData 値が含まれるときは、出力値の決定に必要となる、指定された計算を実行するのに十分な情報がないことを示唆しています。
Boolean

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

集約された出力ラスター。

入力ラスターの低解像度バージョンです。

Raster

コードのサンプル

Aggregate (集約) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、セル ファクター 3 で値の平均値を計算することでラスターを集約し、TIFF ラスターを出力しています。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
outAggreg = Aggregate("highres", 3, "MAXIMUM", "TRUNCATE", "DATA")
outAggreg.save("C:/sapyexamples/output/aggregate.tif")
Aggregate (集約) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、セル ファクター 3 で値の平均値を計算することでラスターを集約し、Grid ラスターを出力しています。

# Name: Aggregate_Ex_02.py
# Description: Generates a reduced resolution version of a raster.
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inRaster = "highres"
cellFactor = 3

# Execute Aggregate
outAggreg = Aggregate(inRaster, cellFactor, "MEAN", "TRUNCATE", "NODATA")

# Save the output 
outAggreg.save("C:/sapyexamples/output/aggregate02")

関連トピック