樹状図 (Dendrogram) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

シグネチャ ファイル内で順番にマージされたクラス間の属性距離を表示するダイアグラム (樹状図) を構築します。

[樹状図 (Dendrogram)] ツールの詳細

使用法

  • 入力シグネチャ ファイルは、既定のシグネチャ ファイル形式である必要があります。シグネチャ ファイルは、[ISO クラスター (Iso Cluster)] または [シグネチャの作成 (Create Signatures)] ツールを使用して作成できます。ファイルには、最低 2 つのクラスが必要です。シグネチャ ファイルは、拡張子が「*.gsg」であることでわかります。

  • [樹状図 (Dendrogram)] の出力は、ASCII テキスト ファイルです。ファイルには、テーブルとグラフの 2 つのコンポーネントがあります。

    最初のコンポーネントは、クラスの組の距離テーブルで、マージの順番で存在します。2 番目のコンポーネントは、クラスの ASCII 文字を使用したグラフィックス表現で、マージの関係と階層を示します。グラフは、シグネチャ ファイル内でマージされたクラスの組の相対的な距離を示し、統計的に判断された類似性に基づいています。クラス自体は、解析地域から抽出したトレーニング サンプルからのセルのクラスターまたはセルを表します。

    グラフと関連テーブルを解析することで、クラスのマージの効果を判断できます。

  • 出力テキスト ファイルのデフォルトの拡張子は、「*.txt」です。また、「*.asc」も使用できます。

  • シグネチャ ファイル内にあるクラスの組の近接は、属性距離によって計測されます。

  • ライン幅に入力した値は、文字数に基づくグラフの幅を指定します。デフォルト値の 78 は、最小有効文字数でもあります。これより小さい数値が入力された場合は、デフォルト値の 78 が適用されます。デフォルト値より大きな値が指定された場合、グラフの解像度が上がり、距離の内挿の精度が高まります。

  • 樹状図の表示を意味あるものにするには、ASCII ファイルを Courier などの非プロポーショナル フォントで表示する必要があります。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力シグネチャ ファイル

樹状図の作成に使用するクラス シグネチャのある入力シグネチャ ファイル

拡張子「.gsg」が必要です。

File
出力樹状図ファイル

出力樹状図の ASCII ファイル。

使用できる拡張子は、「.txt」または「.asc」です。

File
距離を計算する際に分散を使用
(オプション)

多次元属性空間におけるクラス間の距離の定義方法を指定します。

  • オン - クラス間の距離は、分散とシグネチャの平均値間のユークリッド距離に基づいて計算されます。
  • オフ - クラス間の距離は、クラス シグネチャの平均値間のユークリッド距離だけで決定されます。
Boolean
樹状図のライン幅
(オプション)

樹状図の幅を、ライン上の文字数で設定します。

デフォルトは 78 です。

Long

Dendrogram(in_signature_file, out_dendrogram_file, {distance_calculation}, {line_width})
名前説明データ タイプ
in_signature_file

樹状図の作成に使用するクラス シグネチャのある入力シグネチャ ファイル

拡張子「.gsg」が必要です。

File
out_dendrogram_file

出力樹状図の ASCII ファイル。

使用できる拡張子は、「.txt」または「.asc」です。

File
distance_calculation
(オプション)

多次元属性空間におけるクラス間の距離の定義方法を指定します。

  • VARIANCE クラス間の距離は、分散とシグネチャの平均値間のユークリッド距離に基づいて計算されます。
  • MEAN_ONLY クラス間の距離は、クラス シグネチャの平均値間のユークリッド距離だけで決定されます。
Boolean
line_width
(オプション)

樹状図の幅を、ライン上の文字数で設定します。

デフォルトは 78 です。

Long

コードのサンプル

Dendrogram (樹状図) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、入力シグネチャ ファイルを使って Dendrogram (樹状図) のビューを作成しています。

import arcpy
from arcpy.sa import *
Dendrogram("c:/sapyexamples/data/zsamp12.gsg", 
           "c:/sapyexamples/output/z12dendro.txt", "VARIANCE", "")
Dendrogram (樹状図) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、入力シグネチャ ファイルを使って Dendrogram (樹状図) のビューを作成しています。

# Name: Dendrogram_Ex_02.py
# Description: Constructs a tree diagram showing attribute distances between
#     sequentially merged classes in a signature file.
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy.sa import *

# Set local variables
inSig = "c:/sapyexamples/data/zsamp12.gsg"
outDendro = "c:/sapyexamples/output/z12dend.txt"
lineLength = ""

# Execute Dendrogram
Dendrogram(inSig, outDendro, "VARIANCE", lineLength)

関連トピック