等しい値の頻度 (Equal To Frequency) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

一連のラスターの値が別のラスターと等しい回数をセルごとに評価します。

[等しい値の頻度 (Equal To Frequency)] ツールの入力値と出力値の例
OutRas = EqualToFrequency(ValRas, [InRas1, InRas2, InRas3])

使用法

  • 入力ラスター リストには任意の数のラスターを指定できます。

  • 入力ラスターに NoData を含むセル位置がある場合、その位置の出力は NoData になります。

  • 出力ラスターのタイプは、必ず整数になります。

  • ArcPy では、すべての入力が、同数の変数を含む多次元ラスターの場合、このツールは、ディメンション値が同じすべてのスライスについて演算を実行し、出力は多次元ラスターになります。 入力に含まれる変数には、同じディメンションまたは一般的なディメンションが指定される必要があります。

    すべての入力が、1 つの変数を含むが名前が異なっている多次元ラスターである場合は、演算を実行するために、matchMultidimensionalVariable ジオプロセシング環境を False に設定します。

    ArcPy では、1 つ以上の入力が多次元ラスターで、それ以外の入力が定数である場合、このツールは、すべての変数のすべてのスライスについて、その定数値を使用して演算を実行し、出力は多次元ラスターになります。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力値ラスター

入力値ラスターの各セル位置に対して、入力リストのラスターが同じ値を持つ回数 (頻度) を数えることができます。

Raster Layer
入力ラスター

値ラスターと比較されるラスターのリスト。

Raster Layer
マルチバンドとして処理
(オプション)

入力マルチバンド ラスター バンドを処理する方法を指定します。

  • オフ - マルチバンド ラスター入力の各バンドは、シングル バンド ラスターとして別々に処理されます。 これがデフォルトです。
  • オン - それぞれのマルチバンド ラスター入力はマルチバンド ラスターとして処理されます。 1 つの入力に含まれる各バンドについて、他の入力に含まれる対応バンド番号を使用して演算が行われます。
Boolean

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

出力ラスター。

出力ラスターの各セルにおいて、値はラスターのリスト内にある対応セルが、値ラスターと同じである回数を表します。

Raster

EqualToFrequency(in_value_raster, in_rasters, {process_as_multiband})
名前説明データ タイプ
in_value_raster

入力値ラスターの各セル位置に対して、入力リストのラスターが同じ値を持つ回数 (頻度) を数えることができます。

Raster Layer
in_rasters
[in_raster,...]

値ラスターと比較されるラスターのリスト。

Raster Layer
process_as_multiband
(オプション)

入力マルチバンド ラスター バンドを処理する方法を指定します。

  • SINGLE_BANDマルチバンド ラスター入力の各バンドは、シングル バンド ラスターとして別々に処理されます。 これがデフォルトです。
  • MULTI_BANDそれぞれのマルチバンド ラスター入力はマルチバンド ラスターとして処理されます。 1 つの入力に含まれる各バンドについて、他の入力に含まれる対応バンド番号を使用して演算が行われます。
Boolean

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

出力ラスター。

出力ラスターの各セルにおいて、値はラスターのリスト内にある対応セルが、値ラスターと同じである回数を表します。

Raster

コードのサンプル

EqualToFrequency (等しい値の頻度) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、一連の入力ラスターが別のラスターと等しい回数を評価し、結果を TIFF ラスターとして出力しています。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
outETF = EqualToFrequency("cost", ["degs", "negs", "fourgrd"])
outETF.save("C:/sapyexamples/output/outetf.tif")
EqualToFrequency (等しい値の頻度) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、一連の入力ラスターが別のラスターと等しい回数を評価し、結果を Grid ラスターとして出力しています。

# Name: EqualToFrequency_Ex_02.py
# Description: Evaluates the number of times a set of rasters is
#              equal to another raster on a cell-by-cell basis
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inValueRaster = "cost"
inRaster01 = "degs"
inRaster02 = "negs"
inRaster03 = "fourgrd"

# Execute EqualToFrequency
outETF = EqualToFrequency(inValueRaster, [inRaster01, inRaster02, inRaster03])

# Save the output 
outETF.save("C:/sapyexamples/output/outETF")

関連トピック