ルックアップ (Lookup) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

3D Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

入力ラスターのテーブル内で別のフィールドの値を参照して、ラスターを作成します。

[ルックアップ (Lookup)] の図
OutRas = Lookup(InRas1, "Category")

使用法

  • 数字 (整数または浮動小数点数) または文字列のフィールド タイプがサポートされています。フィールドが、整数または文字列の場合、出力は整数ラスターになります。それ以外の場合、出力ラスターは浮動小数点数ラスターになります。

  • ルックアップ フィールドが整数タイプである場合、そのフィールドの値が出力ラスターの属性テーブルに Value として書き出されます。入力ラスターの属性テーブル内のその他のアイテムは、出力ラスターの属性テーブルに転送されません。

    たとえば、数値フィールド Attr1 を使用した入力ラスターの属性テーブルは次のようになります。

        Value   Count   Attr1
        1       294     1
        2       345     8
        3       654     3

    Attr1 フィールドに対して [ルックアップ (Lookup)] を実行すると、出力属性テーブルは次のようになります。

        Value   Count
        1       294
        3       654
        8       345
  • ルックアップ フィールドが文字列型の場合、ルックアップ フィールドが出力ラスターの属性テーブルに表示され、値フィールドは入力ラスターと同じ数値タイプになります。入力ラスターの属性テーブル内のその他のアイテムは、出力ラスターの属性テーブルに転送されません。

    たとえば、文字列フィールド Text1 を使用した入力ラスターの属性テーブルは次のようになります。

        Value   Count   Attr1   Text1
        1        294    1       A
        2       6218    8       B
        3         28    3
        4       3603    9       3

    Text1 フィールドに対して [ルックアップ (Lookup)] を実行すると、出力ラスターの属性テーブルは次のようになります。

        Value   Count   Text1
        1        294    A
        2       6218    B
        3         28    
        4       3603    3
  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター

新しいラスターの作成元となるフィールドを含む入力ラスター。

Raster Layer
ルックアップ フィールド

新しいラスターの値を含むフィールド。

数値または文字列型を指定できます。

Field

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

値が入力ラスターの指定フィールドによって決定される出力ラスター。

Raster

Lookup(in_raster, lookup_field)
名前説明データ タイプ
in_raster

新しいラスターの作成元となるフィールドを含む入力ラスター。

Raster Layer
lookup_field

新しいラスターの値を含むフィールド。

数値または文字列型を指定できます。

Field

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

値が入力ラスターの指定フィールドによって決定される出力ラスター。

Raster

コードのサンプル

Lookup (ルックアップ) の例 1 (Python ウィンドウ)

この例では、入力ラスターの指定フィールドによって決定された新しいラスターを作成します。

import arcpy
from arcpy import env  
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
outRaster = Lookup("mycity","land_code")
outRaster.save("C:/sapyexamples/output/mylandcode.img")
Lookup (ルックアップ) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

この例では、入力ラスターの指定フィールドによって決定された新しいラスターを作成します。

# Name: lookup_example02.py
# Description: Creates a new raster by looking up values found in another 
#              field in the table of the input raster.
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inRaster = "mycity"
lookupField = "land_code"

# Execute Lookup
outRaster = Lookup(inRaster, lookupField)

# Save the output 
outRaster.save("C:/sapyexamples/output/mylandcode")

関連トピック