クロス集計 (Tabulate Area) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

2 つのデータセット間のクロス集計をして、テーブルを出力します。

クロス集計 (Tabulate Area) の図
TabulateArea(ZoneRas, "VALUE", ClassRas, "VALUE", Tabarea1.dbf, 1)

使用法

  • ゾーンは、入力データ内において、同じ値を持つすべてのエリアとして定義されます。エリアは連続していなくてもかまいません。ラスターとフィーチャのいずれも入力ゾーンとして使用できます。

  • いずれかの入力がラスターの場合、整数データ型の必要があります。

  • 入力データセットのいずれかがフィーチャクラスの場合、他の入力ラスターの [セル サイズ] とセル配置を使用して、解析の実行前に内部でラスターに変換されます。

  • 両方の入力がラスターで、それらのセル同士が位置揃えされていない場合は、入力は解析中にリサンプリングされます。スナップ ラスター環境が明示的に指定されていない場合、[入力ラスター、またはフィーチャクラス データ] (Python では in_class_data) を使用してセル同士を内部的に位置揃えします。両方のラスターのセル サイズが同じで、セル同士が位置揃えされている場合、リサンプリングは行われません。

  • 入力データセットが両方ともフィーチャクラスの場合、[処理するセル サイズ] (Python では processing_cell_size) を使用して、またはラスター解析環境が指定されている場合はその環境から、解析の実行前に内部でラスターに変換されます。

  • [入力ラスター、またはフィーチャ ゾーン データ] (Python では in_zone_data) がフィーチャである場合、クラス ラスターのセルの中心に重なっていないゾーン フィーチャのゾーンは内部ゾーン ラスターに変換されません。その結果、これらのゾーンは出力に表示されません。これを管理するには、フィーチャ ゾーンの目的の詳細レベルを保持する [セル サイズ] 環境の適切な値を決定し、解析環境で指定します。

  • 入力に重なり合うフィーチャが含まれている場合、個別のフィーチャに対してゾーン解析は実行されません。

  • ポイントまたはラインのデータを入力フィーチャクラスとして使用する場合、それらのフィーチャと交差するエリアが報告されます。

  • 入力ゾーンまたはクラス データを指定する場合、デフォルト フィールドは 1 つ目の有効な整数またはテキスト フィールドになります。他に有効なフィールドが存在しないとき、ObjectID フィールド (たとえば、OID または FID) がデフォルトになります。

  • [処理するセル サイズ] は、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得することができます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、[セル サイズ] 環境が指定されていれば、そこから取得されます。パラメーターのセル サイズも環境のセル サイズも指定されていない場合、デフォルトの出力セル サイズは、次のように入力データセットのタイプに基づいて決定されます。

    • 入力データセットがラスターの場合は、そのデータセットのセル サイズが使用されます。
    • 入力データセットがフィーチャで、[スナップ対象ラスター] 環境が設定されている場合は、スナップ ラスターのセル サイズが使用されます。スナップ対象ラスターが設定されていない場合、セル サイズは範囲の幅および高さのうち小さい方を 250 で割った値で計算されます。このとき、環境で指定された [出力座標系] に範囲が存在します。
  • セル サイズが数値によって指定されている場合、このツールは出力ラスターに対してこの値を直接使用します。

    セル サイズがラスター データセットを使用して指定されている場合、パラメーターはセル サイズの値ではなくラスター データセットのパスを示します。データセットの空間参照が出力空間参照と同じである場合、解析ではラスター データセットのセル サイズが直接使用されます。データセットの空間参照が出力空間参照と異なる場合は、選択された [セル サイズ投影法] に基づいて投影されます。

  • [出力テーブルでクラスを行にする] パラメーター (Python では classes_as_rows) を使用すると、出力テーブルのスキーマの種類を選択できます。このパラメーターをオンにする (Python では CLASSES_AS_ROWS) とクラスの行が表現され、オフにする (Python では CLASSES_AS_FIELDS) とクラスがフィールドとして表現されます。

    クラスが行で表現されているときは、テーブル出力に関係付けと照会を行い、ゾーンまたはクラス ラスターによってエリアの情報を抽出できます。

  • このツールの出力はテーブルです。

    このテーブルで、[出力テーブルでクラスを行にする] パラメーターがオフ (Python では CLASSES_AS_FIELDS) のとき、次のようになります。

    • ゾーン データセットの各個別値のレコードがあります。
    • クラス データセットの各個別値のフィールドがあります。
    • 各レコードには、各ゾーン内の各クラスの面積が格納されます。

    [出力テーブルでクラスを行にする] パラメーターがオン (Python では CLASSES_AS_ROWS) のとき、次のようになります。

    • ゾーン データセットの個別値で、クラス データセットの個別値を持つものそれぞれについてレコードがあります。
    • ゾーン フィールド、クラス フィールド、カウント、および各ゾーン内の各クラスのエリアを識別する、個別のフィールドがあります。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
入力ラスター、またはフィーチャ ゾーン データ

ゾーンを定義するデータセット。

ゾーンは、整数ラスターまたはフィーチャ レイヤーによって定義できます。

Raster Layer; Feature Layer
ゾーン フィールド

各ゾーンを定義する値を格納するフィールド。

ゾーン データセットの整数フィールドまたは文字列フィールドを使用できます。

Field
入力ラスター、またはフィーチャクラス

各ゾーン内でまとめられるエリアを持つクラスを定義するデータセット。

クラス入力には、整数ラスター レイヤーまたはフィーチャ レイヤーが使用できます。

Raster Layer; Feature Layer
クラス フィールド

クラス値を保持するフィールド。

整数または入力クラス データの文字列フィールドを使用できます。

Field
出力テーブル
(オプション)

各ゾーン内にある各クラスのエリアのサマリーを含む出力テーブル。

テーブルの形式は、出力先とパスによって決定されます。デフォルトでは、出力は、ジオデータベース ワークスペースではジオデータベース テーブル、ファイル ワークスペースでは dBASE テーブルになります。

Table
処理するセル サイズ
(オプション)

作成される出力ラスターのセル サイズ。

このパラメーターは、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定されていれば、環境のセル サイズ値が使用されます。そうでない場合は、追加のルールを使用して別の入力から計算されます。詳細については、使用方法をご参照ください。

Analysis Cell Size
出力テーブルでクラスを行にする
(オプション)

入力クラス ラスターの値を、出力テーブルでどのように表現するかを指定します。

  • オフ - クラスはフィールドとして表現されます。これがデフォルトです。
  • オン - クラスは行として表現されます。
Boolean

TabulateArea(in_zone_data, zone_field, in_class_data, class_field, {out_table}, {processing_cell_size}, {classes_as_rows})
名前説明データ タイプ
in_zone_data

ゾーンを定義するデータセット。

ゾーンは、整数ラスターまたはフィーチャ レイヤーによって定義できます。

Raster Layer; Feature Layer
zone_field

各ゾーンを定義する値を格納するフィールド。

ゾーン データセットの整数フィールドまたは文字列フィールドを使用できます。

Field
in_class_data

各ゾーン内でまとめられるエリアを持つクラスを定義するデータセット。

クラス入力には、整数ラスター レイヤーまたはフィーチャ レイヤーが使用できます。

Raster Layer; Feature Layer
class_field

クラス値を保持するフィールド。

整数または入力クラス データの文字列フィールドを使用できます。

Field
out_table
(オプション)

各ゾーン内にある各クラスのエリアのサマリーを含む出力テーブル。

テーブルの形式は、出力先とパスによって決定されます。デフォルトでは、出力は、ジオデータベース ワークスペースではジオデータベース テーブル、ファイル ワークスペースでは dBASE テーブルになります。

Table
processing_cell_size
(オプション)

作成される出力ラスターのセル サイズ。

このパラメーターは、数値で定義するか、既存のラスター データセットから取得できます。セル サイズがパラメーター値として明示的に指定されていない場合、指定されていれば、環境のセル サイズ値が使用されます。そうでない場合は、追加のルールを使用して別の入力から計算されます。詳細については、使用方法をご参照ください。

Analysis Cell Size
classes_as_rows
(オプション)

入力クラス ラスターの値を、出力テーブルでどのように表現するかを指定します。

  • CLASSES_AS_FIELDSクラスはフィールドとして表現されます。これがデフォルトです。
  • CLASSES_AS_ROWSクラスは行として表現されます。
Boolean

コードのサンプル

TabulateArea (クロス集計) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、各ゾーンに含まれる各クラス値のエリアを持つテーブルを返しています。

import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
TabulateArea("zonedata.shp", "IDStr", "valueraster", "VALUE",
             "C:/sapyexamples/output/areatable.dbf", 2)
TabluateArea (クロス集計) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、各ゾーンに含まれる各クラス値のエリアを持つテーブルを返しています。

# Name: TabulateArea_Ex_02.py
# Description: Calculates cross tabulated areas between two datasets.
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"
env.extent = "classgrid"
env.snapRaster = "classgrid"

# Set local variables
inZoneData = "zonedata.shp"
zoneField = "IDStr"
inClassData = "valueraster"
classField = "VALUE"
outTable = "C:/sapyexamples/output/areatable02.dbf"
processingCellSize = 2

# Execute TabulateArea
TabulateArea(inZoneData, zoneField, inClassData, classField, outTable,
             processingCellSize)

関連トピック