加重オーバーレイ (Weighted Overlay) (Spatial Analyst)

Spatial Analyst のライセンスで利用可能。

サマリー

複数のラスターを共通の計測スケールでオーバーレイし、それぞれを重大度に応じて重み付けします。

[加重オーバーレイ (Weighted Overlay)] ツールの詳細

[加重オーバーレイ (Weighted Overlay)] の図
上の図で、2 つの入力ラスターは、1 から 3 の共通の評価尺度に再分類されています。各ラスターには影響度が割り当てられています。各セル値は影響度によって乗算され、その結果が合算されて出力ラスターを生成します。左上のセルを例に説明します。入力されている 2 つの値はそれぞれ、(2 x 0.75) = 1.5、および (3 x 0.25) = 0.75 となります。1.5 と 0.75 を合計すると、2.25 になります。加重オーバーレイで生成される出力ラスターは整数になるため、最終的な値は、四捨五入された 2 となります。

使用法

  • すべての入力ラスターは整数である必要があります。浮動小数点のラスターは、まず整数ラスターに変換してから、[加重オーバーレイ (Weighted Overlay)] を実行する必要があります。この変換には、[再分類] ツールを使用すると効果的です。

  • 入力ラスターの各値クラスには、評価尺度に基づき新しい値が割り当てられます。これらの新しい値は、元の入力ラスターの値の再分類値です。解析から除外するエリアには、制限値を使用します。

  • 各入力ラスターは、その重要度や影響の割合に応じて重み付けします。加重は相対的な割合で、影響の割合の重み付けを合計すると必ず 100 になる必要があります。影響は整数値のみで指定します。少数の値は最も近い整数に切り下げられます。

  • 評価尺度や影響の割合を変更すると、加重オーバーレイ解析の結果も変化する可能性があります。

  • デフォルトでは、このツールは複数コアのプロセッサを利用します。使用できるコアの最大数は 4 です。

    ツールが使用するコア数を減らすには、並列処理ファクター環境設定を使用します。

  • このツールに適用されるジオプロセシング環境の詳細については、「解析環境と Spatial Analyst」をご参照ください。

パラメーター

ラベル説明データ タイプ
加重オーバーレイ テーブル

加重オーバーレイ テーブルを使用すると、複数のラスター間で複数条件の解析計算ができます。

入力ラスター:

  • ラスター - 重み付けされる入力条件ラスターのリスト。ラスター データセットを参照する場合、またはマップ レイヤーを入力のリストに追加する場合、このオプションを使用します。
  • % - 他の条件ラスターと比較した入力ラスターの影響をパーセントで表したもの。影響は整数値のみで指定します。少数の値は最も近い整数に切り下げられます。影響の合計は 100 になる必要があります。

    すべてのラスターの影響のパーセント値が同じになり、それらの合計が 100 になるようにバランス調整するには、[すべて同じ影響度に設定] オプション (= 記号ボタン) を使用します。

再分類テーブル:

  • フィールド - 重み付けする入力条件のフィールド。
  • 評価値 - 入力フィールドの値。
  • 評価尺度 - 条件に対する出力尺度の値。[尺度] 設定で指定します。これらの値を変更すると、入力ラスターの値が変更されます。値は、直接入力するか、ドロップダウン リストから選択することができます。数値の他に、次のオプションが使用できます。
    • Restricted - 他の入力ラスターがセルに対して異なる尺度値のセットを持っているかどうかに関係なく、制限値 (評価尺度セットの最小値 - 1) を出力のそのセルに割り当てます。
    • NoData - 他の入力ラスターがセルに対して異なる尺度値のセットを持っているかどうかに関係なく、NoData を出力のそのセルに割り当てます。

評価尺度 - 再分類値を定義するための評価尺度。定義済みの評価尺度のリストから選択します。パラメーターにハイフン記号またはスペースを入力して値を区切り、独自の評価尺度コントロールを定義することもできます。負の値の前には、必ずスペースを挿入します。

WOTable

戻り値

ラベル説明データ タイプ
出力ラスター

出力加重ラスター。

Raster

WeightedOverlay(in_weighted_overlay_table)
名前説明データ タイプ
in_weighted_overlay_table

[加重オーバーレイ (Weighted Overlay)] ツールを使用すると、複数のラスター間で複数条件の解析計算ができます。

Overlay クラスは、テーブルの定義に使用します。WOTable オブジェクトは、条件ラスターとそれぞれのプロパティの指定に使用します。

オブジェクトの形式:

  • WOTable(weightedOverlayTable, evaluationScale)

WOTable

戻り値

名前説明データ タイプ
out_raster

出力加重ラスター。

Raster

コードのサンプル

WeightedOverlay (加重オーバーレイ) の例 1 (Python ウィンドウ)

次の例では、潜在的なスキー エリアの位置を特定する適合性 IMG ラスターを作成しています。

import arcpy
from arcpy import env  
from arcpy.sa import *
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

outsuit = WeightedOverlay(WOTable(
           [
            ["snow", 50, 'VALUE', RemapValue([[1,"Nodata"],[5,3],[9,10],["NODATA","NODATA"]])], 
            ["land", 20, '', RemapValue([["water","1"],["forest",5],["open field",9],["NODATA", "NODATA"]])],
            ["soil", 30, 'VALUE', RemapValue([[1,"Restricted"],[5,5],[7,7],[9,9],["NODATA", "Restricted"]])]
           ],[1,9,1]))
outsuit.save("C:/sapyexamples/output/outsuit.img")
WeightedOverlay (加重オーバーレイ) の例 2 (スタンドアロン スクリプト)

次の例では、潜在的なスキー エリアの位置を特定する適合性 IMG ラスターを作成しています。

# Name: WeightedOverlay_Ex_02.py
# Description: Overlays several rasters using a common scale and weighing 
#    each according to its importance.
# Requirements: Spatial Analyst Extension

# Import system modules
import arcpy
from arcpy import env
from arcpy.sa import *

# Set environment settings
env.workspace = "C:/sapyexamples/data"

# Set local variables
inRaster1 = "snow"
inRaster2 = "land"
inRaster3 = "soil"

remapsnow = RemapValue([[0,1],[1,1],[5,5],[9,9],["NODATA","NODATA"]])
remapland = RemapValue([[1,1],[5,5],[6,6],[7,7],[8,8],[9,9],["NODATA","Restricted"]])
remapsoil = RemapValue([[0,1],[1,1],[5,5],[6,6],[7,7],[8,8],[9,9],["NODATA", "NODATA"]])

myWOTable = WOTable([[inRaster1, 50, "VALUE", remapsnow],
                     [inRaster2, 20, "VALUE", remapland], 
                     [inRaster3, 30, "VALUE", remapsoil]
					          ], [1, 9, 1])    

# Execute WeightedOverlay
outWeightedOverlay = WeightedOverlay(myWOTable)

# Save the output
outWeightedOverlay.save("C:/sapyexamples/output/weightover2")

関連トピック